和良でのMINI

サビを取るための板金修理から戻ってきて以降、
我がMINIは、どういうわけか、オイル漏れが急にひどくなってしまい、
ここ最近は、日々、車庫の床に敷いたダンボールのうえに、
まとまった染みをつくる、という有様になっていました。

もっとも、以前からオイル漏れはありました。
ですがそのペースは、一ヶ月に2〜3滴といった程度だったので、
旧車としては許容の範囲内であろうと思っていました。
(以前乗っていたMINIも、このくらいのオイル漏れはありましたし…)

しかも、オイル漏れの度合いは、ちょっと距離を走ったあとは、
余計にひどくなり、このまま、とても放置できないものでした。
というわけで、先月、いつもお世話になっている、
外車を得意とする地元の自動車修理業者さんに、MINIを持ち込んでみたのですが、
どうやら、オイル漏れの箇所は、クランクあたりからということで、
想像以上にやっかいな状態とのことでした。

この状態を完治させるためには、エンジンを降ろして作業しなければならず、
そんなことをすれば、このさいだからということで、
交換するパーツもあちこち増えるだろうし、
総じて、作業の量はかなりのものになるというのです。

とはいえ、オイルこそ漏れるものの、走行にはまったく異常はなく、
まして、ミッションもクラッチも正常な状態です。
なのに、エンジンを降ろしてまでの大手術をするというのは、
かかる金額のことを思うと、正直言って、うろたえてしまいます。

というわけで、とりあえずエンジンはそのままで、ラジエーターを外し、
オイル漏れの顕著なクランク部分(タイミングチェーンのケース)に
手が入るようにして、内部のシールを交換する、ということで、
話が落ち着きました。

もっとも、この部分をしっかり修理すると、今度は、他の部分に圧が逃げ、
新たなオイル漏れを起こす可能性もあるといいます。

ですが、手を入れ出せばキリがなく、金額もたいへんなことになるので、
とりあえず、このラジエーターを外すという方法で、
修理することとなりました。

が、その後、修理完了の連絡はなかなかなく、
毎日、どうなったのかと、ちょっと気を揉んでいました。

で、結局、二週間を過ぎた頃に、しびれを切らしてこちらから連絡。
そうすると、部品の入手にかなり手間取り、修理が大幅に遅れていたが、
その日の夕方には、おそらく、すべての作業を完了するとのことでした。

夕方、MINIを引き取りにいったのですが、
聞くところによると、タイミングチェーンの張りを調整する
テンショナー部分を交換する必要があったとのことで、
この部品の入手に手間取っていたそうです。

レポート1

こちらが、修理の状況を示すレポートです。
いつもこうしたレポートを作ってくださるので、とてもありがたいです。
これで、修理作業の内容や、部品のコンディションがわかります。

擦り減ったテンショナー

テンショナー部分には、タイミングチェーンが当たって、
深い溝が掘られていました。

この部分は、オイル漏れとは関係のない箇所ですが、
こうした、大きな損耗パーツに出くわしてしまえば、放置できるはずもなく、
交換せざるを得ないことになります。

レポート2

とにかく、一連の修理でオイル漏れトラブルは解消。
件の箇所を修理しただけで、オイル漏れはほぼ完璧に止まりました。
(ただ、今後もこの状態が続くとは限らないでしょうが…)

修理されたMINI

それにしても、なぜ、サビ取り板金のあとに、
いきなりオイル漏れが始まったのか…。
こちらについてですが、
今年初めに行ったサビ取り板金のさい、
板金屋さんがMINIのヘッドライトを取り外したというのですが、
その後、再度ライトを取り付けても、どういうわけか点灯しなくなってしまった、
というのです。

その原因が板金屋さんではわからず、この問題ではかなり苦労したようです。
(やっかいなクルマですみません)
結局、板金屋さん側から、他の自動車修理業者に出されることになり、
そしてようやく、このヘッドライト問題が、
リレーの不良であるということがわかったというのです。

と、この件などもあって、板金修理の納期は大幅に遅れ、結局、
一ヶ月半という長い時間がかかってしまいました。

おそらくこの間、エンジンは頻繁にかけられなかったようで、
それが、オイル漏れの一因になった可能性があるかもしれない、と、
今回、伺いました。

ふだんはオイルが回ってシール材の柔軟性が保たれているのに、
長いあいだエンジンがかけられないと、シール材が固くなり、
そこに急にエンジンをかけることで、シール材の弱い部分に圧が集中して、
そこからオイルが漏れ始める、ということもあるとのことです。

まあ、古いクルマですし、いろいろとあるわけですね。
でも、今後は、一ヶ月以上もエンジンをかけない、ということはないので、
トラブルも少なくなってくれれば、と、願っています。

さて、MINIが戻ってきた翌日、ちょっとテストドライブをしてみました。
が、やはり、オイル漏れはなく、気持ちよく走ることができました。

セラミックパークMINO

こちらはそのさいに行ったセラミックパークMINOというところです。
たいへん立派な施設で、驚いてしまいました。
折しも、こちらではフリーマーケットのような催しが開かれていて、
大勢の見物客でとても賑わっていました。

いよいよ春ですので、
これから、どこか遠いところにドライブにいってみたいです
(忙しくて、それもなかなかままなりませんが)




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
MINICM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/428-aff3d7d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)