雪と桜

この冬、ここ飛騨地方 (岐阜県北部地方) は、
とりたてて大雪に見舞われることもなく、
比較的、いつもどおりの冬だったのではないかと思います。
(まあ、そうはいっても、日々の雪掻きはたいへんな作業でしたが…)

こうして、順調に冬を越し、わずかづつですが、桜も咲き始めたました。
が、先週の土曜 (20日)の夜は、かなり冷え込み、
寝ていても、寒さのあまり目を覚ますほどでした。
そして、翌日の朝になると、あたりは一面の銀世界となっていました。

ここ飛騨地方は、雪国といってもさしつかえないところですが、
それでも、4月半ば過ぎに雪が積もるのは、極めて珍しく、
窓の外を見てビックリしてしまいました。
今年は気候がおかしい、というか、ちょっと極端だと思います。

この日は、日曜といえども仕事をすることとなっており、
まあ、このような天候なら、出掛けるにも不向きですし、
天候の悪さも、さして気にはならなかったのですが…。

四月半ばに積雪

ただ、家の裏の堤防沿いの桜は、このとき、すでに咲きかけており、
ピンク色に花を咲かせた枝に雪が積もるという、
ちょっと風情のある光景を作り出していました。
天気が悪くても、ちょっと間近で見てみたい光景です。

また、私の家のそばには、樹齢千年の桜として知られる、
臥龍桜 - がりゅうざくら - という巨木があり、
こちらも、折しもちょうど咲きかけた頃です。
(この臥龍桜については、当ブログで、過去に何回か取り上げています)

このような状況であれば、もしかすると、
降り積もった雪の中に咲く臥龍桜が見れるかもしれない、と思い、
この日、お昼に、ほんのちょっとですが、カメラをぶら下げて、
臥龍桜を見に行ってみることにしました。

雪の中で咲く臥龍桜

臥龍桜は、JR高山線の「飛騨一之宮」という駅のすぐ裏手にあり、
見物に行くには、無人駅であるこの一之宮駅の歩道橋を越えて行きます。

そして、歩道橋のうえから、臥龍桜を見下ろすと、事前の予想は的中。
雪のなかで、臥龍桜はほぼ満開となっていました。

この日、さすがに気温は低く、
のんびり花見という雰囲気でもなかったのですが、
緑の草、ピンクの桜、白い雪、それぞれが映えて、
それはもう、絶景でした。

寒々としたなかで花見

写真に撮ってみたのですが、なんだか、
合成写真みたいな印象になってしまいました。
それだけ、珍しい光景ということでしょうか…。

ただ、天候は悪く、しかも、場所によっては、
路上にも雪があったため、
クルマの運転がためらわれたのか、日曜にもかかわらず、
見物客は少なめに感じました。

いずれにしろ、わずかな時間とはいえ、
こうした、珍しくも美しい光景を見ることができ、感激でした。
青空の下で見る桜も風流ですが、雪景色の中で見る桜も、また風情があり、
しかも、魅惑的です。

次回、このような機会が巡ってくるのは、いつのことなのだろう、
などと思いつつ、ほんの十分ほどの滞在で、家路につきました。

宮川

こちらは、その帰り道で撮った写真です。
春とは思えない寒々とした光景で、雪桜が見られるとはいえ、
やはり春は、暖かいほうがいいな、と、しみじみ思ってしまいました。

もっと暖かくなったら、MINIでどこか遠くに出掛けたいものです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/430-bb922303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)