福井プラホビーコンテスト会場

先日、タミヤ模型のサイトを久しぶりに覗いてみたのですが、
そのさい、6月22日と23日の両日、福井市内のショッピングセンターにおいて、
模型コンテストが行われる、という告知を見つけました。
福井といえば、お隣の県。
これは行ってみなくては、と思い、
23日の日曜、福井まで出掛けてみることにしました。

私の住む飛騨高山から福井市までは、一般道を使って三時間強の距離です。
ですので、ちょっとオデカケ、というよりも、
けっこうなロングドライブとなってしまうわけですが、
休日ですし、せっかくの機会ですので、福井まで遠征することにしました。

とはいうものの、我が家では恒例といってもいい、
いつもの「日曜お寝坊」により、
出発は大幅に遅れ、結局、家を出たのは午前11時頃…。
これから長い道程を行くというのに、行動はあまりにもスローペースです。

今回の出動車はヨメのプジョーで、運転もヨメです。
MINIで行きたかったのですが、あいにく、MINIはオイル交換を控えており、
ロングドライブが少しためらわれたため、ヨメのクルマで行くことにしました。

この日は、雨の気配こそないものの、雲が低く垂れ込めるあいにくの空模様で、
ドライブ日和というわけにはいきませんでしたが、難無く福井市に到着。
会場となっている「福井ショッピングシティ・ベル」も、
すぐに見つけることができました。

もっとも、この時すでに時刻は午後2時半を回っており、
やはりというべきか、出発の遅さが悔やまれました。
しかも、目的地に到着したにもかかわらず、
件の会場が、ショッピングセンター内のどこなのかまるでわからず、
あちこちの売り場を放浪することになってしまいました。

というわけで、いささか迷ったものの、ようやく会場を発見!。
広い室内に入ると、予想を上回る賑わいで、
模型というオタク的なコンテストにもかかわらず、
一般市民の関心が高いことに気づかされました。

私はまったく知らなかったのですが、このコンテストは、
すでに18回も開かれているとのことで、かなり歴史を持つ催しのようです。

ジャンルはなんでもアリという状態で、
カーモデルや、ガンダムや宇宙戦艦ヤマトなどのキャラクターモデル、
そして、AFV(装甲戦闘車輛)や、飛行機、艦船、などなど、
はてはラジコンまでも展示されていました。

AFV作品-3

私の目的はAFV。
というわけで、AFV系のテーブルに吸い寄せられていきました。
ただ、AFVだけがひとつのテーブルに集められている、というわけではなく、
適度に散らばっていたのですが…。

AFV作品-1

AFVは単品作品が多く、本格的な情景作品はわずかしかありませんでした。
ジオラマ好きとしては少し残念に思いました。

AFV作品-2

こちらは、とてもキレイに仕上げられたタミヤ1/35エレファントです。
ツィンメリットコーティングも繊細に仕上げられています。
私は、このキットをまだ買ってないのですがすが、
こうして完成品を見ると、思わずほしくなってしまいます。

葉巻型F1

カーモデルの力作もありました。
タミヤの葉巻型F1、ホンダRA273ですが、キットはかなり古いものなのに、
しっかりとディティールアップしてありました。
密度が増したためでしょうか、重量感もひしひしと感じます。

飛行機作品

飛行機モデルも健闘していました。
それにしても、1/32の飛行機モデルはやっぱり大きいですね。
たくさん作ると、保管場所に困りそうです。

ちなみに、この会場で、
ファインモールドの鈴木さんに久しぶりにお会いすることができました。
しかも、なんと4号戦車D型と1号戦車A型を出品しておられました。
どちらも、すごみのあるウェザリングがバッチリ決まった、
AFVコーナーでは最も目を引く作品でしたが、聞くところによると、
4号も1号も、今回初めて作ったとのことでした。
(なのに、写真を撮るのを忘れてしまいました。すみません)

また、このときはすでに撤去されていましたが、会場内には、
各メーカーの新製品(テストショットなどかも)も展示されていたとのことで、
やはりもっと早く出発すべきだったと悔やまれました。
(10式戦車のサンプルもあったのかも…。見たかったです)

というわけで、もっと会場にいたかったのですが、
ヨメが退屈してきたこともあって、表彰式をまたずに会場をあとにし、
ショッピングシティ・ベルをブラブラと見て回りました。

六呂師スキー場

帰り道、六呂師スキー場というところに立ち寄ってみたのですが、
こちらは、とても眺めのいいところで、ビックリしました。

ただ、この日は、終日、あいにくの天気で、
景観を堪能するにはいささか不向きでしたが、
また、晴れた日に、もう一度こちらにきてみたいと思いました。

すばらしい眺め

スキー場のうえには、牧場があり、牛が放牧されていました。
道路脇の看板には見学自由と書いてあり、おおいに興味をそそられたのですが、
このとき、すでに時間も遅かったので、
見学はまた次の機会にしようということになりました。

それにしても、次回のおでかけのさいは、もっと早めに出発しなくては、と、
思うばかりです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/436-0e53c4d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)