血圧計

じつは私は、ここ一年半ほど、血圧が高いことに悩んでおり、
起床後と就寝前、毎日かかさず、数値を測定しています。

いままで他人事だと思っていた、この「高血圧」という事実が判明したのは、
一昨年の11月のことです。
このとき、私は、地元の日赤病院で眼の検査を受けたのですが、
そこでたまたま血圧を測ってもらったところ、上が180で下が140という、
驚くほど高い値が出てしまったのです。
それからというものは、ずっと血圧を気にかける日々を過ごしています。
(ただ、おかげさまで、眼については、異常はありませんでした)

というわけで、早々に血圧計を購入し、日々の記録を取ることにしたのですが、
安易に降圧剤に頼りたくないということで、医師の指導や、血圧を抑制する本などを読み、
減塩を心掛けるなどしたところ、こうした、極端に高い値が出ることはなくなり、
上が130の後半から140の前半で推移する、という、状態を維持してきました。
(どうやら私は、病院などの医療機関で血圧を測ると、いつもより、
 はるかに高い数値が出るようです)

ところが先日、血圧計をテーブルから落としてしまい、それからは、
160を越えるような高い値が出るようになってしまいました。
さては落下の衝撃で血圧計がおかしくなったか、と思い、
メーカーに修理を依頼したのですが、調べてもらったところ、
血圧計に故障はなかったとのことで、結局、実際に血圧が上がっていた、
ということがわかりました。

ここ最近は、国立循環器研究所の「かるしおレシビ」という本に載っている、
減塩されたメニューを、ヨメさんに作ってもらったりして、
より減塩を心掛けていたのですが、それでも、どういうわけか、
血圧の上昇を招いてしまったようです。

たしかに、日によって、血圧は変動するもので、
何かの拍子に、150前後までいってしまうこともありました。
いそがしいときのストレスが原因なのかもしれません。
ただ、こうした高い数値は一時的なもので、また、130後半から140前半、
という状態に戻ったのですが、ここからさらに下がることはなく、
減塩にも限界が見えてきました。
これ以上、減塩するのなら、いっそのこと、食事を一食抜いて、
一日2食とかにしたほうが、いいんじゃないかと思うほどでした。

そんな折に知ったのが「プチ断食」です。
このプチ断食というのは、もともとは、
ダイエットやメタボ解消のための健康法ということで、
痩せ形の私には、まったく縁のなさそうなものに思えていました。
しかし、いろいろ調べてみると、断食には血圧を下げる効果もあるということで、
今週月曜から、意を決して挑戦してみることにしました。

プチ断食、というだけあって、その行程は三日間です。
一日目の夕食から食事を減らし、二日目は水以外何も口にせず、
三日目は、消化のよいものを少しずつ取っていく、という方法です。
具体的なやりかたについては、こちらのサイトを、主に参考にしました。

● プチ断食のすすめ! / All about

以下は私が実践してみた「プチ断食」のレポートです。
血圧が高い方は、ぜひ、参考にしてみてください。

まず、第一日目 (24日/月曜)
朝食をヨーグルトと紅茶のみにし、昼食(パスタでした)の量を少なめに、
夕食は納豆1カップと牛乳のみにしました。
この日の朝の血圧は、141/89 脈拍66です。
食事を減らしていった夜の血圧は、140/87 脈拍65です。
(血圧の数値は、それぞれ二分おきに三回計測して、真ん中の値を取っています)
まだ、ほとんど変化はないといっていいくらいです。
夕食の食事量を減らしても、さほどつらいという意識はなかったのですが、
やはり、寝る頃になると空腹感に苛まれました。
ですが、夜はよく眠れたと思います。

そして、第二日目 (25日/火曜)
この日は、水以外はなにも口にしない日で、プチ断食の、
いわばメインとなる山場です。
さすがにこの二日目はかなりキツかったです。
空腹感もさることながら、とにかく、身体を動かすのがおっくうになり、
トイレに行くのも面倒になりました。
とはいえ、断食中は、頻繁に水分をとらなければならないため、
トイレの回数はふだんよりずっと多くなり、
それがよけいに気分を滅入らせました。
胃酸が込み上げてくる感覚もあり、気持ち悪くなることもありました。

また、記憶力、判断力、思考力、ともに著しく低下します。
仕事が忙しい時には、絶対にできないと思いました。
それでもこの日は、遠方の銀行まで徒歩で行ったりと、
適度な運動もしてみました。
(もし、この状態でクルマを運転したりしたら、危険だったかと思います)

しかし、この日から、血圧には変化が表れ始めました。
この日の朝の血圧は、131/85 脈拍68でした。
午後二時の計測では、132/89 脈拍77でした。
これらの数値は、前日とさして変化はないのですが、
夜になると、125/74 脈拍83となりました。
一時的なものかもしれませんが、プチ断食には、たしかに、
血圧を下げる効果があるように思えてきました。

ただ、この夜は眠れず、トイレにも何度も起き、たいへんつらいものでした。

おかゆ

そして最終日の三日目 (26日/水曜)
この日は、回復食として、おかゆとヨーグルトの朝食をとることにしました。
量は控えめにして、とにかく、よく咬んでゆっくり食べるようにしました。
食事をとることで、前日はあれほどぐったりしていたのに、
だんだん元気が戻ってくるような気持ちになりました。

この日の朝の血圧は、126/72 脈拍85となりました。
ふだんは120台にはなかなかならないので、プチ断食は、間違いなく
血圧抑制に効果があるといえると思います。

グラノーラ

昼食も控えめな量のおかゆにし、
それに加え、納豆とグラノーラもいただきました。
この日の午後二時の血圧は118/72 脈拍80となりました。
こんな数字は、血圧をはかりはじめて、初のことだと思います。
ただ、脈拍が速くなっているのが、気になるところですが…。

夕食も、ひきつづき、量を控えめにしたものの、いたって普通に取りました。
この日の夜の血圧は、122/81 脈拍68です。
下の値がまだ少し高いかもしれませんが、
ふだんより下がもともと高めの私にとっては、
これなら充分な適正値だと思います。

翌日 (27日/木曜)は、もうプチ断食の日程を終えたのですが、
一応この日も、食事には気をつけました。
朝はあいかわらずのおかゆとヨーグルトし、量も控えめに。
朝の血圧は119/83 脈拍74でした。
昼食もおかゆにして、今度は納豆なども食べました。
午後二時計測の血圧は122/80 脈拍77でした。
夜の血圧は、129/76 脈拍62でした。
血圧は低い数値を維持したまま、脈拍は通常の状態に戻ってきました。

その翌日である今日(28日/金曜)の、
朝の血圧は、125/80 脈拍67
午後二時の血圧は、121/78 脈拍72でした。
プチ断食が終わっても、血圧は安定して適正値にあります。

さらに断食の期間を長くすれば、さらなる効果が期待できるのかもしれませんが、
素人判断でできるのは、このあたりだと思います。
(これ以上の断食は専門家の管理下に入る必要があるかと思います)

とにかく、血圧を下げる、という目的は達することができました。
あとは、この状態を維持したいわけですが、そのためには、
減塩とは別に、ある程度、食事に制限を設けることが、必要なのかもしれません。

今後も、クスリに頼らない血圧の適正維持を、心掛けたいと思っています。





●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/453-2f184154
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)