WONDA/肺

さて、またしても、ここのところ、ブログの更新が滞ってしまいました。
というのも、3月終わりから4月の中旬過ぎまで、ほんとうに忙しく、
そんな時に限って、いろいろとブログに書きたいネタはあったのですが、
今日まで、投稿ができませんでした。

…と、そんなわけで、今回は、
お仕事 (イラストネタ) のご紹介をしたいと思います。
2014年3月、ポプラ社さまから、
ポプラディア大図鑑 WONDAの新刊「人体」が発売されました。
その誌面に掲載の、メディカルイラストレーション31点の制作を、
担当させていただきました。
(3月発売ということで、もっと早く、当ブログで取り上げたかったのですが、
 結局、いまになってご紹介することになってしまいました)

● ポプラ社 ポプラディア大図鑑 WONDA 人体

WONDAシリーズは、年少者を対象にした図鑑で、
いままでに10冊が刊行されていますが、今回、そこに、
人体と、両生類・爬虫類、の2冊が、新たに加わることとなりました。
このシリーズは、街の小さな本屋さんの店頭でも、たいていは見受けられる、
とても人気の高い、かつ販路も大きい書籍です。

WONDA 人体

今回、このWONDAの新刊のお仕事をさせていただくことができ、
たいへん光栄に思うとともに、いままで以上に、私のメディカルイラストが、
数多くの人の目に触れることになると思うと、身の引き締まる思いです。
しかも、今回は、本のサイズも29cm × 22cmと、
私がいままで手掛けてきた書籍に比べて大きく、
従って掲載イラストも大きく扱われています

イラストの制作作業は、いつもと同じなのですが、
今回は、年少者向けの書籍、ということもあり、いつもより、
色鮮やかに、すっきりと見やすいものに仕上げる必要がありました。
もっとも、もともと私のメディカルイラストは、
このような色調 / 傾向で描いているため、
今回の案件には、よりうってつけだったのかもしれません。

WONDA/全身

また、今回は、
中とじ状態の見開き (折り畳まれたページを広げて見る) のイラストも
担当させていただき、私がいままで描いてきたなかで、
最もサイズの大きいものとなりました。
しかも、こちらは、女性となっており、
乳房や生殖器以外のイラストで、女性を描くということは、極めて希で、
とても新鮮な気分で作業させていただくことができました。

WONDA/表紙

さらに、表紙のイラストについても担当させていただきました。
こちらは、PoserのデータをShadeにインポートして
ガラス的なテクスチャ付けしたものですが、
男性でも女性でもない中性的な人体にしてほしいとの意向があり、
その要求にお応えするのにちょっと苦労しました。

というわけで、基本的には、女性の人体をベースに、腕や肩幅を調整し、
Shadeにてガラス質感をつけてレンダリング。
ですが、バストの膨らみをきれいにフラットにするのが、けっこう難しく、
そのため、個別に子供のフィギュアをShadeにもってきて、
そちらも、同じ質感付けでレンダリングし、
両者をPhotoshopで合成する、ということにしました。

● WONDA12 人体 / 図鑑の使い方

販促用の動画も、Youtubeに公開されているので、
こちらも、もしよろしければ、ご覧ください。
誌面の内容が、よく理解できると思います。

WONDA/顔面筋

ちなみに、今回の私の担当は、
表紙、口絵、肺、顔面、耳内構造、眼球、筋&骨格、生殖器、皮膚構造、細胞…、
などが主なものです。

WONDA中面1

誌面は、こんな感じで構成されています。
こちらは、筋骨格の章です。

WONDA中面2

今後も、この「人体」を含む、ポプラディア大図鑑WONDAシリーズが、
末永く、そして広く愛されるよう、切に願っています。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/457-cc85617f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)