妙高山

さて、前回の続きです。
翌朝も、事前の予報通り、絶好の晴天となりました。
ホテルの部屋の大窓からは、朝日に照らされた、
雄大で美しい景観を見渡すことができました。
(上の写真は、ホテルの部屋からの眺めです)

私の住むここ飛騨高山でも、山の景観はいたるところでみることができますが、
このように、彼方の山を障害物なく見渡せる風景というのはあまりなく、
同じ山国とはいえ、うらやましさを覚えてしまいました。
と同時に、いろいろと苦労はあったものの、
やっぱり、このホテルに、連泊の予約を入れてよかったと、つくづく思いました。

● アパリゾート上越妙高のサイトはコチラです。

というわけで、早々に身支度を整えて、ホテルを出ることにしました。
この日の予定は、南の長野県にふたたび入り、戸隠神社へと行ってみることです。
過去に何度も訪れている戸隠ですが、ここ妙高から近いということもあり、
また、私たち夫婦にとって、お気に入りの場所ということで、
今回も、ふたたび旅のコースに入れることにしました。

とはいえ、下山のその前に、あまりの天気のよさに誘われて、
前日にも登った『恋人の聖地』のある丘へと、
この朝にも、もう一度、行ってみることにしました。

恋人の聖地ふたたび

前日の夕方に、この場所にきたときは、
強い西日のために目を細めつつ景色を眺めましたが、
この朝は、なにもかもがクリアに見えました。
ここの眺めはほんとうにすばらしいですね。

そしてMINIに乗りいざ戸隠へ…、といいたいところですが、
その前に、このパインバレー周辺を探検してみることにしました。

チャペル

こちらは、結婚式があげられるチャペルです。
このように、あちこちでMINIを止めて写真を撮りながら、国道18号線へと戻り、
そこから一路南を目指して走りました。
ただ、そのままずっと国道を走ってしまうと、
結果的に戸隠を迂回するかたちになってしまいますので、
道の駅『しなの』の、すぐ南にある交差点から、戸隠へと通じる道へと入りました。
おそらくこれが、新潟県側から戸隠に入る、もっとも最短のルートだと思います。
というわけで、思いのほか早く、戸隠神社奥社に到着しました。

戸隠神社は、以前にも書きましたが、
宝光社、火之御子社、中社、九頭龍社、奥社、の五社から成り立っています。
参拝に順路があるのかどうかわかりませんが、いつも、
いちばん南の宝光社から北上しつつお参りするので、今回も、
その順路に従うことにしました。

● 戸隠神社のサイトはコチラです。

もっとも、妙高方面から戸隠に入ると、
いちばん北の奥社に最初に着いてしまうので、
そのまま奥社、そして中社を通り過ぎ、宝光社へと向かいました。

宝光社

この日は平日、しかも朝ということで、近所の人なのでしょうか、
お掃除をしている人がたくさんいました。
こうしたみなさんのおかげで、参拝ができるわけで、
ほんとうに、感謝するばかりです。

宝光社/石段

というわけで、宝光社の石段へ。
この石段では、いつものことですが、息切れします。

それでも、参拝する人の姿を、ちらほらと見かけました。
なかには、カメラ片手にひとりで参拝している若い女性もいて、
パワースポット戸隠の知名度の高さを、思い知る気がしました。

そのあとは、火之御子社へと進みます。
この火之御子社は、駐車場が小さく、しかもけっこう傾斜しているため、
MINIの駐車が、ちょっとこわいです。
車体が小さいだけに、駐車自体はラクなのですが、
MINIのサイドブレーキだけでは、しっかり停止してくれません。
ですので、輪留めをして、そのうえギアを入れて、止めておかなければなりません。

火之御子社

いずれにしても、火之御子社も無事参拝でき、その後は中社へと進みます。

中社

こちらが中社です。
宝光社で見かけた一人旅の女性を、ここでも見かけることとなりました。
彼女はクルマできたのか、はたまた、歩いてここまできたのか、
などとと、ヨメと密かに議論しましたが、参拝後に、駐車場には向かわず、
ひとり山の中の遊歩道に入っていくところを見かけたので、ほぼ間違いなく、
徒歩で五社巡りをしているようです。
とはいえ、道程は短くはありませんし、また、勾配のきつい道も多いので、
かなりたいへんだと思います。

もっとも、クルマを使って五社を回ってしまうより、歩いていったほうが、
より、戸隠の自然や景観を満喫できるでしょうし、ありがたみも増すかもしれません。
すでに私たちは何度もこの場所にきているわけですから、趣向を変える意味でも、
いつかは、徒歩巡りをしてみたいものです。

お蕎麦屋さん

中社でお参りをすませたあとは、すぐ近くのお蕎麦屋さんに。
戸隠といったら、やっぱりお蕎麦です。
ここは、前回も入ったお蕎麦屋さんなのですが、おいしかったので、
ふたたび、入ってみることにしました。

とろろそば

私はとろろそばをお願いしました。
かなりの大盛りです。
ヨメはてんぷらそばだったかな…。
(写真はとろろそばです)
というわけで、今年もおいしくいただくことができました。

そのあとは、奥社へ。
この奥社は、戸隠神社の本丸といったイメージがあり、
そのためか、ここがいちばんクルマの数が多かったです。

ちなみに、毎回いつもクルマを止めている広い駐車場は、きれいに舗装がされていて、
しかも、有料化されているようでした。
GW直前ということなのでしょうか、その駐車場の入口には鎖が渡してあって、
なかには入れませんでしたが、道の反対側にある駐車場には入ることができました。
もちろん、料金はかかりません。
ですが、GWに入ってしまうと、こちらも、料金がかかるようになるのかもしれません。
戸隠にきたのは、これで6回目ですが、しだいに整備されて変わっていくものだなと、
感じずにはいられませんでした。

奥社参道

そして、いよいよ奥社へと向かいます。
ふたたびここにくることができた、と思うと、なんとも感慨深い気持ちになります。

参道を進む

以前、4月半ばにここ戸隠に来た時には、積雪量が1メートル近くあったかと思います。
今回は、4月下旬ということもあってか、
以前ほど多くの雪を見ることはありませんでしたが、それでも、
参道を進むうち、少なからぬ雪を見ることとなりました。

隧神門

こちらは参道途中の隧神門です。このあたりまでやってくると、
道は完全に雪に覆われています。
そして、この門をくぐって、杉並木へと入ります。

杉並木

お天気がいいので、木漏れ日が美しく道を照らします。

奥社到着

そして、奥社到着。かなりの雪です。
紫外線対策をしておいたほうがよかったのかも、と、このときになって、
いまさらながら、思ってしまいました。

下山の様子

奥社、九頭龍社への参拝をすませると、ふたたび下山します。
この下山がちょっとやっかいです。
なにしろ、道は勾配がついており、しかも、足元は滑る滑る…。
(ヨメも気合いを入れています)
というわけで、慎重に歩を進めていきます。

そんな困難はありつつも、戸隠は、やっぱり何度来てもイイですネ。
この場所に来ると、心が洗われるというか、
いつも、静かで落ち着いた気持ちになります。
(ちなみにここでもまた、宝光社、中社で会った一人旅の女性を、
 見かけることとなりました)

その後、来た道を戻り、ちょっと休憩。
ここで、木いちごソフトクリームを食べたのですが、これが甘酸っぱくて、
おいしかったです。

奥社駐車場

駐車場に戻ると、MINIの小ささをあらためて実感しました。
隣に止まっているフィットが大型車のように見えます。
それにしても、このクルマでよくここまで上がってきたなあ、と、
思ってしまいます。

そのあとは、長野市方面へと向かったのですが、その時の模様は、
また、次回、ご紹介したいと思います。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/459-d6506b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)