How to Draw

この8月は、それまでの忙しさがウソのように、
よくも悪くも、時間に余裕のある状態になってしまいました。
というわけで、この機に乗じて、先日、当ブログでも紹介した、
透視図スケッチの指南本である『スコット・ロバートソンのHow to Draw』を、
読み進めてみました。
もちろん、ただ読むだけではなく、実際に手を動かしてレッスンもしてみました。

すばらしい内容を持つこの本も、ただ積んでおくだけでは、何の意味もありません。
このような、時間があるときに、少しでも練習を積み、
新たなスキルを身につけなければなりません。

仕事に追われていると、単に目の前の事象を片付けることだけに、
時間とエネルギーを使うばかりで、
いわば『放電』状態が繰り返されるだけになってしまいます。
ですので、いうまでもないことですが、ときには、なにかを学び取る、
充電の時間も必要ではないかと思っています。

● 本書の最初の紹介記事はコチラです

さて、では本題に入りたいと思います。
スコット・ロバートソンのHow to Drawの冒頭には、
まず、必要な画材を揃えるよう書いてあります。
ですが、なかには、楕円定規セットや等間隔デバイダーなどの、
非常に特殊で高価なものもあり、なかなか、おいそれと手が出せません。
もっとも、上記の道具が、本書を使ってのレッスンにおいて、
どうしても必要かというと、一概にそうともいえません。

ですので、記載された道具をすべて揃えなくとも、
本書のレッスンを始めることはできます。
私の場合、とりあえず、学生時代に買った楕円定規などで、
事を進めていくことにしました。

道具たち

こちらが、私が当面の作業のために用意した道具です。
コピックは今回新たに買い求めましたが、ほかにものは、すべて、
以前から我が家にあったものです。
最初のうちは、これだけあれば充分かと思います。

ちなみに、写真に映っている楕円定規が汚いのは、
その昔、エアブラシイラストを描いていたとき、
この楕円定規を、リキテックスを吹き付けるさいのマスキングに使っていたためです。
私にとって、楕円定規は、かつては、楕円をかくものではなく、
マスキング用素材として多用していました。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、
道具の紹介のあとは、フリーハンドで直線や楕円を描くレッスンの章になります。
このレッスンは創造的なものではないため、ちょっと退屈なのですが、
一応、ひととおり、練習してみました。

その次の第2章は、透視図の基本となる、遠近法の詳細を記す章になります。
ここでは、一点透視、二点透視、三点透視、五点透視のメカニズムを、
さまざまな図を交えて、くわしく、わかりやすく解説してあります。

もっとも、この章を読むと、
スケッチのさいには、いつもキッチリと、はるか彼方にある消失点を割り出し、
そこから、長い長い補助線を引っ張らなくてはならないのか…、
とも思ってしまいます。

ですが、そのような方法が推奨されているわけではありません。
この章における、透視図のメカニズムの紹介記事は、
あくまで、基本となる『概念』を知るということで、
後の章に登場する実際のスケッチでは、
あらかじめ作成した正確な透視図グリッドを用意し、
それを下敷きにすることで、正しいパースによるスケッチを起こす、
という方法が紹介されています。

ただ、透視図による『モノが見えるメカニズム』が、
頭に入っているのと、頭に入っていないのでは、大きな違いがあり、
決して、おそろかにできない部分でもあります。

また、実際には三点透視になりそうな場合でも、
二点透視にて描かれている事例も多いです。

スケッチ3

たとえばこちらは、さらに後の8章に登場する、紙飛行機のスケッチです。
このアングルは、紙飛行機を見下ろしており、
ともすれば、三点透視になるのではないかと、
そんな状況にも見えます。
ですが、垂直線グリッドは、収束しない平行線として(二点透視として)、描かれています。

二点透視になるのであれば、対象物とカメラ(視点)とは、水平にならなければならず、
対象物を少し見下ろしているこの図では、実際には、
垂直線にもわずかながらパースがつく状態になるのが、本来の姿のように思います。

ただ、現状の二点透視であっても、
紙飛行機は、じゅうぶん自然に、そして正確に見えます。

つまり、こうしたスケッチの場合、
わざわざ複雑な三点透視にしなくても、
二点透視で、じゅうぶんパースの整ったものにみえるわけです。
飛行機のデザインプランを示すスケッチであれば、これで充分ですし、
それでいて、立体としての正確性はしっかり備わっています。

第2章で解説されている透視図のメカニズムは、
とても重要な知識ですが、それにガチガチにとらわれることもないように思います。
要は、見る側に、何の違和感もなく、すっきりと、
立体物のデザインを提示できればいいのですから…。

遠近法の解説の次の第3章では、
透視のついた状態での、正方形の分割、鏡面反転、などが解説されています。
これも、とても重要な描画法でありながらも、難しいところはなく、
私にとっては、目からウロコでした。
なるほど、この方法を使えば、架空の飛行機やクルマ、宇宙船などのメカニックを、
パースがついた状態で、正確なシンメトリー状態に描くことができます。

スケッチ2

こうして、レッスンを進めていくと、しかし次第に難易度は上がってきます。
私がとくに苦労したのは、補助線の数が多くなると、
正しい補助線がどれなのかわからなくなり、
別の補助線と勘違いしてしまうところです。

スケッチ1

また、スコット・ロバートソンは、ボールペンでのスケッチを推奨していますが、
私には、これがうまくいきません。
インク溜まりのおきやすいボールペンは、私の苦手な筆記具であり、
かといって、描きやすい水性ボールペンを使えば、線の濃淡がつけづらいです。
よって、私は、すべてシャープペンシルを使ってレッスンしています。
このあたりは、好きな筆記具や画材を使えばいいのではないかと思います。
ただ、スコット・ロバートソンのいうように、
一度描いた線は消さない、という掟は、守っています。

こうして、いま、8章まで終えたところですが、
まだ先は長く、今の段階では、新たなスキルが身についたとは、
とてもいえない状態です。
しかし学んだことは多く、こうした知識は、今後も、役に立つと考えています。

ここのところ、デジタル技法ばかりにとらわれている私ですが、
こうした、手描きのレッスンは新鮮でもあり、また、
機器やソフトにたよらない技術は、大げさな言い方をすれば、
一生の宝になるものかもしれません。

今後もまた、この本について、また、同様の書籍などの詳しい紹介を、
当ブログで行っていきたいと思います。

洋書の翻訳本は、安価なものではないため、
購入をためらう方もいらっしゃるかと思いますが、
そうした方のために、できるだけ詳細なレポートをお届けできればと思っています。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/467-416575c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)