MINIと桜

路面に雪や融雪剤が残っている冬のあいだは、まるで出番がなかった我がMINIですが、
ようやく、雪国であるここ飛騨高山でも、本格的な春の到来となり、
いよいよ、MINIでの運転が楽しめる季節となりました。

というわけで、先々週の末のことになりますが、
ほんとうに久しぶりに、MINIを車庫の外へと出し、
テストドライブも兼ね、お花見に行ってみることにしました。
このような、短〜中距離程度のドライブは、去年の秋以来のことであり、
私も、あまりにも久しぶりの運転となるため、
とにもかくにも、安全に配慮しつつの、慎重な運転を心掛けました。

冬のあいだは乗ることもなかったMINIですが、定期的にエンジンをかけたり、また、
スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換のさいには、グリスアップを行うなど、
なにかにつけ気をつけていたせいか、エンジンそのものは、
何の問題もなくかかり、もちろん、調子もいいままです。

ちなみに、タイヤ交換のさい、
長年使っていたラチェットハンドルが、ついに壊れてしまいました。
このラチェットは、20年ほどまでに、
MINI専門ショップで買った工具セットのなかに入っていたもので、
ALL TRADEというメーカーの製品です。
(インチのボックスソケットなどが入っているため、MINI専用工具と銘打たれて、
 販売されていたのだと思います)
まあ、ここまでよくもったものだと思いますが、いずれにしろ、
ラチェットがないと、いろいろと不便なこともあり、結局、この機会に、
買いなおすことにしました。

今回ゲットしたのは、sk11という日本のブランドのラチェットです。
アマゾンなどで見ると評判もよく、また、価格もとてもリーズナブルです。
実際に使ってみても、使用感にまったく問題はなく、メッキなどの質感も悪くありません。
ですが、全体に小振りで柄も短かったため、
その後、同じブランドのスピンナーハンドルも、手に入れてみました。
こちらはラチェットよりも少し大きく、力が入りやすくなっています。

○ sk11 工具の情報はコチラへ

その後、タイヤの空気圧をスタンドでチェックし、いよいよ、お花見に出発です。
今回は、とりあえず、南に進路を取ってみました。
というのも、私の住む飛騨高山では、この時、まだ桜は咲いておらず、
南下すれば、満開の桜と遭遇できるだろうという思惑があったからです。

予報によれば、この日は晴れ、とのことでしたが、
実際には、空には薄く雲が張り、日光が差すことは希でした。
ですが、雨の気配はなく、気温も、暑くもなく寒くもないという、
過ごしやすい空模様でした。

国道41号線を南へとひた走り、飛騨金山というところで、進路を西に取り、
郡上八幡方面へと向かってみました。

ここでお弁当

この飛騨金山のあたりが、ちょうど桜が満開だったようで、
道の脇には、ところどころに、あでやかな花の色を垣間見ることができました。
ということで、クルマが止められて、なおかつ、桜が見られる場所を捜してみました。

金山の桜

こちらがその場所です。
ここで、ヨメが作ってきたお弁当を広げてみることにしました。
あたりは静かで、すぐそばには道路があるものの、クルマ通りはさほどなく、
まさに、花を見つつお弁当をいただくには最適の場所でした。

日本昭和村

その後、郡上八幡を経由して、さらに南へと下り、
日本昭和村というところまで行ってみましたが、さすがにここまでくると、
やはり、桜はすでに散っているばかりで、見頃はとうに過ぎていました。

ここでひとしきり、あたりを散策したり、ソフトクリームを食べてみたりしました。
その後、帰路につきがてら、ふたたび、飛騨金山へと立ち寄ってみました。

八坂湖畔桜

こちらは、飛騨金山の桜の名所で『八坂湖畔桜』というそうです。
時刻がすでに夕方に近かったためか、用意された駐車場にクルマの姿はほとんどなく、
あたりにも人影も見られなかったのですが、桜はまさに見頃で、ほんとうにキレイでした。

川から見上げる湖畔桜

路上を歩いていると、川へと降りられる小径をみつけたので、
さっそく、川原へと行ってみました。
そこから、居並ぶ桜を見上げるかたちで、写真を撮ってみました。
聞くところによると、この八坂湖畔桜は、夜にはライトアップされるとのことなので、
日没後は、ふたたび賑わうのかもしれません。

桜

その後は、のんびりと我が家まで帰ってきましたが、
今後も、こうして、野山を見つつのドライブができればと、思っています。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/486-9af66e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)