チラシ

ここのところ、ブログの更新がなかなかできず、
気がつけば、すでに10月も後半となってしまいました。
といっても、お仕事が忙しかったわけではなく、
ここ岐阜市に引っ越してきて以降は、いままでになく、
ヒマな日々を過ごしています。
(以前はあんなに忙しかったのに、なんだか拍子抜けという感じです)
もっとも、10月になって、ようやくボツボツと仕事の予定も入りつつありますが、
それもまだまだ本調子ではないという状態で、新しい土地に来て、
さまざまな面で、再構築が必要なようです。

さて、まだときに、日中は汗ばむ日もありますが、
朝晩はぐっと涼しくなり、肌寒く感じることも珍しくなくなってきました。
早いもので今年もあと二ヶ月強となり、TVでは、
年賀状のCMも流れるようになってきました。
何度もいうようですが、月日の流れは早いものです。

…と、前置きが長くなってしまいましたが、
先日、岐阜県図書館に資料の借り出しに行ったさい、
池田町という街の図書館で、ジャズコンサートが開かれる、
という案内チラシを見つけました。
私は岐阜市の周辺地域にまだまだ不案内で、
池田町がどこにあるのかさっぱりわからなかったのですが、
西濃地方出身であるヨメに聞くと、ここ岐阜市から、
クルマで30分ほどで行ける距離にあるとのことです。
というわけで、先週の土曜日の夕方、池田町へと出掛けてみることにしました。

出演するバンドは、ピースボックスというそうで、
岐阜県や愛知県を中心に、さまざまなイベントやライブハウスなどで、
演奏活動をしているといいます。
今回は、このピースボックスに加え、
同じく岐阜県や愛知県を中心に活動をしているという、
中根かおりさんというボーカルの方を加えてのコンサートということでした。
このコンサートは、池田町創立60周年の記念行事の一環でもあるようです。

ところが、出発前、いろいろと所用があって思いのほか出発が遅れ、
しかも、池田町には難無くついたものの、
開場となる図書館の場所がいまひとつわからず、
結局、目的地に着いたのは開演時間ギリギリになってしまいました。
すでに場内は、ほぼ満杯状態になっていました。

会場風景

どうにか席に座ることができましたが、いちばん後ろ…。
前が全然見えません。
もともとここは図書館の中央ホールのため、演奏者も観客も、
高低差のないフラットな床面に位置します。
そのため、後ろの席になってしまうと、
ほぼ演奏者を見ることができず、キーボードの方に至っては、
影もかたちも見えまえんでした。

演奏の様子

というわけで、ほどなくして演奏が始まりました。
最初の曲は「酒とバラの日々」で、
まずはボーカルを入れない状態でのスタートとなりました。
そして、三曲目の「ユード ビー ソー ナイス カム ホーム トゥ」になってから、
ボーカルの中根かおりさんが加わりました。
曲目は、誰もが知っているジャズの定番が選ばれており、
また、BIGIN作曲の「涙そうそう」といった、
歌謡曲もチョイスしてあるため、どんな方でも、
聞きやすい内容となっていたと思います。

二階席に移動

ただ、最後尾の席では演奏者の方々がなかなか見えず、
途中の休憩の時に、あとになって用意された二階席へと、
移動してみることにしました。
二階席を用意することは、当初は考えられていなかったようですから、
今回のコンサートは、予想以上に盛況だったということのようです。

バッチリ見えました

この二階席からは、一階ではまったく見えなかった、
キーボード奏者の方も、ドラム奏者の方も、ばっちり見ることができました。

その後も「枯葉」といった、誰もが知る名曲を演奏しつつも、
八神純子の「思い出は美しすぎて」といった日本の曲も交え、
最後は「A列車で行こう」で盛り上げました。
アンコールでは二曲を披露し、そのトリはテネシーワルツでした。

会場

というわけで、秋の夜のひとときを、思いっきり楽しんできました。
次回もまた、機会があれば、ピースボックスさんの演奏や、
中根かおりさんの歌を、ぜひ、聞いてみたいと思います。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
JAZZCM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/499-225a41b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)