夕日とMINI

ここ岐阜市にきてからは、飛騨高山に住んでいた頃は比較的頻繁に行っていた、
長野県や富山県、石川県方面に、週末のお出かけをすることが、
少々難しくなってしまいました。
そのぶん今度は、いままでほとんど行くことができなかった、
三重県、滋賀県方面に、手軽に出掛けることができるようになってきました。
また、福井県は、いままでとは違ったアプローチで、
出掛けられるようになりました。
そんなわけで、ここ最近、MINIでお出かけをするさいには、
この滋賀県、福井県、三重県方面に出掛けたりしています。
今月のはじめには、滋賀県を経由して、福井県へと行ってみました。

福井県に行くさい、いままでは、岐阜県白鳥町から九頭竜湖を経て、
大野市に入る、というコースを通っていましたが、
岐阜市を起点にすると、まず、西隣の滋賀県に向かい、そこから北上して、
福井に入るというかたちが、最短となります。

遠かったはずのしおかぜラインも、ここ岐阜からは、比較的近く、
(といっても、決して近いわけではないですが)
思いのほか短時間で行くことができました。

しおかぜライン

この日、空は晴れ渡っていましたが、海からの風がことのほか強く、
文字通りのしおかぜの渡る道となっており、
古いMINIにはちょっとキツい環境だったかもしれません。
そのため、この日の夜は、速攻で洗車し、
潮風に含まれていたかもしれない塩分を洗い落としました。
(そこまで神経質にならなくていいのかもしれませんが…)

福井にて

しおかぜラインを走り終えたあとは、国道305号線に入り、ひたすらに北上。
この道はいままでにも何度も通っている道ですが、
岐阜起点という今の状況では、辿るルートは逆になってしまうわけで、
そのため、同じ道を通っていても、なんだか新鮮味を感じました。

とはいえ、このまま北上を続けてもキリがないので、
適当なところで、引き返すことにしました。
その折り返し地点に選んだ場所で小休止。
ここには、鉾島という、海から突き出た島状の岩の塊があり、
そのうえに、神社があるとのことです。

島に行ってみる

そんなわけで、その神社まで参拝に行ってみることにしました。
なにしろ名前こそ島となっていますが、岩の塊という感じで、
頂上に至る道は、けっこう険しいです。

断崖の道

…と、このように、断崖絶壁に歩道が作られています。
手すりもなくちょっと怖いのですが、
ただ、こういう道って、見ていると登りたくなりますし、
ワクワクします。

頂上付近からの眺め

しかも、ここからの眺めは絶景。
青い空と相まって、美しい日本海を一望することができました。
こうして、山頂の神社で無事参拝をすませ、ふたたびMINIに乗り込むと、
今度は、来た道を引き返していきます。

水仙ランド

途中、越前岬水仙ランドというところに寄ってみましたが、
こちらの眺めも絶景。
ただ、こちらは、かなり急な坂道を登らねばならず、
大人ふたりが乗った1000ccのMINIでは、キツかったです。
というわけで、途中の駐車場にMINIを止めて、
あとは徒歩で道を上がってみました。

越前の灯台

こちらには灯台もありました。
青い空に白い灯台はよく映えます。
ただ、時間が少し遅いためか、人影はほとんどありませんでした。
喫茶スペースや売店を併設した立派な施設もあったのですが、
ちょうど閉店したようでした。

帰りのしおかぜライン

しおかぜラインまで戻ってくることにはすでに夕方。
美しい夕日を横目でみながらのドライブとなりました。

その二週間後は、シルバーウイークにも行ってみた三重県方面に行ってみました。
とはいっても、当然のことながら、三重県の地理にはいまだ疎く、
松阪から熊野方面に行ってみたのですが…。

日が暮れて…

道に迷ったり、しかも、思いのほか長距離のドライブとなってしまったりと、
さまざまな面で、見積もりを誤ってしまい、
途中、MINIをとめてどこかでくつろいだりすることもなく、
ほぼ終日走りっぱなしだったうえに、それでいてさ、伊勢に着くころには、
すでに真っ暗となってしまいました。

そんなわけで、伊勢はそのまま素通り。
写真もまったく撮らずじまいです。

コンビナートの夜景

ただ、帰り道の途中立ち寄った四日市では、
夜のコンビナート群を眺めることができました。
コンビナート群は昼間見てもカッコいいのですが、夜になると、
またさらにカッコいいです。

撮影スポットもいろいろあるようなので、今度、もう少し下調べをしてから、
また、夜のコンビナートに出掛けたいです。

飛騨高山に住んでいた頃は、冬になるとMINIは休眠状態になってしまいましたが、
ここ岐阜では、凍結防止の融雪剤を道にまくこともないため、
冬場でも、少しはMINIに乗れるのかなと思っています。

遠方のガレージに置いてあるため、お休みの日以外は、
ほとんど乗ることができないMINIですが、これからも、
機会を捉えて、遠出したいと思っています。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/500-c0c3309b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)