大坂通天閣

先週の金曜から土曜にかけて、当ブログでも告知させていただいた、
ギャラリースプーンさんでの企画展『the LEPTILS展』を見学するために、
加えて、打ち合わせを含めた所用のため、大阪へと行ってきました。

私にとって、大阪という地は、いままでほんとうに縁がなく、
前回彼の地に行ったのは、おそらく、修学旅行のときだったかと思います。
(その前は、あの大阪万博の時だと思います)
そんなわけで、今回、なんと35年ぶりの大阪訪問となり、
いうまでもなく、土地勘などあろうはずはなく、
通天閣やあべのハルカス、そして大坂城など、
大阪の名所などは一応は知っていつつも、どこになにがあるのかなど、
まったくわからないままの、大坂行きとなりました。

もっとも、飛騨高山から岐阜に引っ越してきたいまとなっては、
大阪は遥か彼方の街というわけでもなく、新幹線を使えば、
びっくりするほど短時間で行くことができます。

新幹線でいざ大坂

そんなわけで、先月の京都出張にひきつづき、
今回もまた、新幹線を使って、西へ (正確には南西ですが) と、
向かうこととなりました。

出発の日はあいにくの雨でしたが、
岐阜羽島駅に着く頃には雨も上がり、陽が差してきました。

虹が出ています

そのおかげで、こうして、窓から虹を眺めることもできました。
青空も見えましたが、それはほんの一瞬のことでした。

そしておよそ一時間弱、もう新大阪に着いてしまいました。
岐阜と比べて、新大阪は賑やかで熱気に満ちていました。
昼食をとると、天満橋に移動し、チェックイン予定のホテルに手荷物を預け、
その後、スプーンさんにお邪魔をさせていただきました。

スプーンさんは、大阪でイラストレーションの制作と、
マネージメントを行っている会社で、その名は業界では広く知れ渡っています。
私も、この仕事を始めた当時から、スプーンさんの名はもちろん知っていましたし、
一種の憧れのような思いも抱いていました。
そのスプーンさんとお付き合いをさせていただくようになり、
今回、こうして、企画展にも参加をさせていただくこととなって、
たいへん光栄に思うとともに、自分でも納得できるような作品を作らねばと、
身の引き締まる思いでした。

が、今回はそんな思いがいささか空回りした感もあり、
制作にさいして、多くの時間を割いた割には、
いろいろと迷いがあり、しかも、いろいろと遠回りをしてしまったと思います。

また、この日は、ギャラリーを会場としてパーティーがあり、
参加されている作家さんや関係者のみなさんと、
さまざまなお話や意見交換をさせていただきました。
いままで私は、同業者の方々と交流する機会がほとんどなく、
今回、こうしてみなさんとお話をさせていただく機会が得られたことを、
たいへんうれしく思うとともに、また、とても勉強にもなりました。

本来であれば、参加されていた作家さんには、残らずお声をかけたかったのですが、
なにぶんにも人数が多く、お話をすることがかなわなかった方もいます。
次回、同様の機会があれば、その時には、
ぜひ、お声がけをさせていただきたいと思っておりますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

しかも今回、
大阪在住の知り合いの方 (作家さんではないのですが) が、
わざわざ会場まで見にきてくださり、9年ぶりの再会が叶いました。
もう、感激でした。

本来であれば、このパーティーの模様など、写真に納めたかったのですが、
そんな余裕もなく、また、スマホは鞄に入れたままで、
結局、撮影はできませんでした。

作品画像

ですので、私の作品を、こちらで、公開させていただきます。
空冷V8エンジン搭載の、カメレオンです。

会場でのパーティーのあとは、二次会にも参加をさせていただき、
みなさんと、楽しいひとときを過ごすことができました。
参加されていたみなさまには、この場を借りて、厚く御礼申し上げます。
また、スプーンさんには、今回もたいへんお世話になりました。
ありがとうございました。

その翌日は、朝9時より、打ち合わせがあったのですが、
あとはフリー、ということで、大阪探検に行ってきました。

その模様は、次回また、詳しく書きたいと思っています。
今回は写真がほとんどないブログとなってしまいましたが、
次回は、写真も盛りだくさんでお送りしたいと思います。
(掲載のイラスト画像は著作権があります。無断使用はご遠慮ください)



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/505-43723955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)