正面からの眺め

岐阜市に事務所を移して以後、近いうちに行ってみよう、と思いつつも、
なかなかその機会がなかった『岐阜市立図書館』に、
先日、ようやく行ってきました。

この図書館は、最近リニューアルオープンされたのか、
とても新しい建物で、また、モダンな建築がなされています。
たしか昨年、この図書館では、本にもっと親しんでもらうためのイベントとして、
本のドミノ倒しが行なわれ、話題や賛否を巻き起こした、
ということもあったかと思います。

いままで、県図書館には、資料探しなどで、足しげく通っていましたが、
この市立図書館には、なぜか縁がなく、岐阜市に来て半年がすぎたいま、
いまさらという感じですが、ヨメといっしょに訪ねてみました。

○ みんなの森 / 岐阜市立中央図書館のサイトはコチラ

岐阜市立図書館は、みんなの森、という別名が付けられているようで、
他のいくつかの施設と合わせて、ぎふメディアコスモスというそうです。
場所は、我が家からは真東。岐阜市の駅の真北といったところで、
周囲には市の賑わいもありつつ、駐車場も含めた広大な敷地を誇っています。

広い駐車場

こちらがその駐車場です。
平日ということで難無く駐車できましたが、土日や祝日となると、
クルマを止めるのに、少し時間がかかるのかな、とも思いました。
(土日に行ったことがないので、わからないのですが)

駐車場を抜けたところに、市立図書館がありますが、
一階にはスターバックスやローソンが入っており、図書館というよりも、
ちょっとオシャレなショッピングモールのような雰囲気があります。

この時は気づかなかったのですが、一階のスターバックスは、
ちょうどオープンの日に当たっており、そのため、行列ができていました。

図書館の蔵書スペースは、二階になっており、
エントランスからエスカレーターに乗って入るかたちになっています。
このあたりは、ふだん行っている県図書館とは、かなり趣が違います。

図書館内部

こちらが、図書館の内部です。
図書館というと、整然と本棚が並んでいる、というイメージがありますが、
こちらは、ブロックごとに、円を描くように放射状に本棚があり、
また、かなりゆとりを持った配置となっています。
しかも、天井からは、巨大なアンプレラ型のオブジェクトが吊るしてあり、
とてもモダンな雰囲気です。

というわけで、さっそく受付に行き、
図書借り出し用のカードを作ってもらいました。
市立図書館ですが、岐阜市民でなくとも、県内に住んでいれば登録ができます。
(そのさいには、運転免許証などの身分証明書が必要です)

借り出し用カード

カードも、デザインとカラーが違う二種があり、このあたりも、
なかなか手が込んでいると思わせます。
(私は、グリーンのカードを選びました)

図書の貸し出し期限は二週間。延長は一回のみしか利かず、
このあたりは、県図書館などよりは制約が厳しいという感じです。

また、蔵書スペースは、このフロアだけでなく、
一階に「本の蔵」というスペースもあります。
こちらは、閲覧可能な閉架書庫といった雰囲気で、立ち入りは自由です。
(ただ、こちらに所蔵の本はちょっと古いものが多いようです)

今回、私が借りたかった本は、すべて貸し出し中で、
目的を達することはできませんでしたが、
ボーンデジタル社のデジタルペインティングテクニック3を、
ヨメが偶然見つけたので、とりあえず、この本も含め、
何冊か借りてみました。
蔵書の総数は、さすがに県図書館に及ばないとは思いますが、
県図書館にはない書籍もあり、今後は、この市立図書館も、
大いに利用することになりそうです。

なにより、モダンなスペースで、とりたてて図書館に用事がない時でも、
くつろぎや気分転換のために、寄ってみようと思うかもしれません。

このときは気がつかなったのですが、二階にはテラスがふたつもあるようで、
今度は、そちらにも足を踏み入れてみたいと思います。

ジャズがかかる部屋

その後は一階へ。
こちらには、ジャズが流れるスペースがあり、
壁に貼られた曲目を指定用紙に書けば、リクエストもできるようです。
また、コンサートも行われているようです。

広い館内

一階にもさまざまな施設があるようです。
この日は、時間がなかったのであまり詳しく見回っていませんが、
今度、詳しく探検してみます。

窓も広く大きくとってあり、館内はどこもとても明るい印象があります。

いままでは、図書館というと、
ひたすらに本を揃える無味乾燥な施設、というイメージが、
ともすればあったかと思いますが、
最近は、DVDレンタルのツタヤと組んだ図書館が現れるなど、
その様相は様変わりしつつあるかと思います。

また来たいです。

この市立図書館も、
そうした新しいコンセプトのもとに作られた図書館という感じで、
アミューズメント性に溢れていると思います。
ただ、図書館とは、あくまでも豊富な資料の宝庫であるべきで、
多くの人を集めたいがために、蔵書スペースが犠牲になる、
といったことがあってはならないと思います。

図書館の使命が失われることがないよう、
切に願うばかりです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/512-1891011f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)