日本のマチュピチュ

東海地方もいよいよ梅雨明したということで、
先週の日曜、MINIで少しばかり出掛けてみることにしました。

といっても、森林公園に行ったときのような、長距離のドライブではなく、
今回は、比較的短い距離のものとなりました。
本来であれば、暑さが厳しいいまの時期に、
エアコンのないMINIで、わざわざ出掛けることもなかったのですが、
ここ一ヶ月、なにかとバタバタしていて、MINIをまったく動かしておらず、
このままでは、エンジンにもバッテリーにもよくないと思い、
とりあえず、近場を走ってみようと思ったのです。

この日は、梅雨が開けたとはいうものの、すっきりとした青空が見られるわけでもなく、
どちらかといえば雲がちな空模様でしたが、雨の心配はなさそうで、
しかもなおかつ、カンカン照りでもないため、
MINIでのお出かけには、とりたててさしつかえはなさそうな感じでした。

というわけで、とりあえず、国道21号線を東に走り、
岐阜の隣にある各務原市へ。
その後は美濃加茂市へと向かい、そこで昼食をとって、そのまま、
引き返してきました。
あいかわらず、MINIはとても快調で、すこぶる楽しくドライブできましたが、
途中、渋滞にハマるなど、ラジエーターに電動ファンがない我がMINIには、
厳しいドライブだったかもしれません。
(なので、ヒーターをつけて、熱からエンジンを守ることもしました)

その後、今度は、ヨメのプジョーに乗り換えて、
ヨメの運転で、少し出掛けてみることにしました。
行き先は、さきほどとは逆に西へ……。
揖斐川町というところに向かってみました。

この揖斐川町のさらに北西には、春日村という村があり、
ここには、昨今テレビなどで紹介される「日本のマチュピチュ」と称される、
名所があるそうです。
そんなわけで、その日本のマチュピチュに、
見物に行ってみようということになりました。

かなりの山道

岐阜市から揖斐川町、春日村までは、それほど長距離ではないのですが、
春日村へ行く道は、けっこうな山道で、まるで飛騨の山奥のようだと、
ちょっと驚きました。

日本のマチュピチュに行く道は、本道から逸れた横道へと入ることになるのですが、
この道はさらに険しく、そして細く、秘境に入っていく感じです。

狭く急な坂道

案内看板に従って、駐車場に向かおうとしましたが、道はさらに細く、
急勾配の坂道になってしまい、これでだいじょうぶか!?…と、
とても不安になりました。
(写真では、それほど勾配がきついようには見えないかもしれませんが、
 実際には、かなりのものです)

折しも時刻は夕方。
観光のピークの時間は過ぎており、そのせいか、
上から降りてくるクルマは、さいわいにもなかったのですが、
もし、対向車がきたら、かなり厄介なことになりそうです。

そして、坂道を上り詰めると、地元の村の方々が、駐車スペースへと案内してくれました。
どうやら、テレビなどで取り上げられてから、観光客、見物客が多数訪れるようで、
案内や注意喚起のため、村の人が常時現場に詰めているようです。

なんとか駐車

駐車スペースは路肩といっていい場所ですが、奥にある神社にも、
駐車場があるとのことで、混雑時は奥の駐車場を案内するそうです。

村の人の説明に寄ると、
ここから「日本のマチュピチュ」を堪能できる絶景ポイントまで林道が伸びていて、
およそ20分くらい歩けば行けるとのことです。

あたりは茶畑

そんなわけでいざ出発。
目の前にあるなだらかな斜面は、
一面のお茶畑となっており、とても眺めがいいです。

絶景ポイントへの道

お茶畑をすぎると、道は深い森のなかへと入っていきます。
熊が出やしないかと心配になり、ヨメと大声で話しながら、先へと進みます。

暗い杉林

森のなかは日の高い時間帯であっても、真っ暗です。
写真だと明るく見えるかもしれませんが、実際にはかなり暗くなっています。
なんだか魔物が棲む森といった雰囲気で、
名前をいってはいけないあのお方、が潜んでいそうな気がします。

道は急に険しく…

そうこうするうちに、道はいきなり険しくなります。
しかも、あたりには、真っ黒なクマバチのような虫が羽音を響かせて飛んでおり、
ちょっとビビってしまいます。

が、道を進むと、やがて、開けた場所に出ます。
ここからは、眼下にお茶畑が見渡せます。

広がる絶景

これが、日本のマチュピチュと呼ばれる光景です。
マチュピチュと呼ぶにふさわしいかどうか…、は別にして、
とても美しい光景です。
険しい山道を汗だくで登ってきた甲斐もあるというものです。

ただ、周辺には何もなく、はたして、ここがゴールなのか、
ちょっと戸惑ってしまいました。
案内の方から、絶景ポイントからうえには行かないよう、
事前に注意を受けていたのですが、さらにうえに絶景ポイントがあるのかとも、
思ってしまいました。

ちなみにこの日は、ちょっとMINIに乗ってみるだけ、の予定でしたので、
いつも持ち歩くカメラ (OLYMPUS XZ-1) を持ってきておらず、
今回ご紹介する写真は、すべて、スマホで撮影したものです。
こんなことなら、カメラを持ってくるべきだったと、とても後悔しました。

この山といっしょに

ちなみに、こちらは、すぐそばにある山です。
この山と、眼下の茶畑とを、同じフレーム内に収めることができれば、
マチュピチュ感がより増すのではないかと思われますが、
絶景ポイントからは、このふたつの要素を、同一のフレームに納めるのは無理でした。
ちょっと残念です。

下山します

というわけで、思いっきり眺めを楽しんだあとは、下山です。
急な坂道を、腰が引けつつ下っていきます。

こうして、駐車した場所まで戻ってきました。
その後、案内の方がお茶をサービスしてくれました。
聞くところによると、やはり、テレビの効果で、
ここ最近は、たくさんの人がやってくるそうです。

別の絶景ポイント

こちらは、帰り道の途中見つけた、絶景ポイントです。
駐車スペースがない場所でしたので、
クルマのなかからスマホを向けただけでしたが、
できれば、じっくり見物したい思いでした。

そんなわけで、今回は、思いがけず、近場の名所を訪れることとなりました。
この場所のほかにも、県内には『モネの池』なる新名所があり、
テレビなどで頻繁に取り上げています。
こちらもまた、岐阜市からは近場になりますので、
機会を設けて、いってみたいと思っています。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/525-0fea4983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)