ジオラマ全景

ここのところブログの更新がなかなかできず、気がつけば、
一ヶ月も滞ってしまいました。
FC2ブログは、この一ヶ月という期間のあいだ、更新がまったくなされなかった場合は、
冒頭に「スポンサーサイト」と題された広告が、表示されてしまう仕組みになっています。

このスポンサーサイトが出てしまうと、
いかにも、放置されたブログといったありさまになってしまい、
ちょっとみっともないことになってしまいます。

本ブログ『k’s BAR』は、ズボラな私にしては珍しく、10年近くも続いていて、
しかもその間、月に最低でも2回は新規記事を投稿しています。
先月は3回記事をアップしましたが、今月はといえば、いまだ何もないままでした。
ですので、今回は、ブログに書くネタがあまりないにもかかわらず、
広告を消す意味もあって、ちょっと強引に記事アップすることにします。

さて、私は、趣味の模型系に特化した『K’s STUDIO』というブログを、
当ブログとは別にやっていますが、このK’s STUDIOこそは、
正真正銘、完全に放置状態となっています。
ですので、今回は、模型ネタを、ここK’s BARにて、ご紹介したいと思います。

全体のレイアウト

こちらがその模型。
タミヤの1/24のクルマのキットをメインにした、ジオラマになります。
もちろん、見ての通り、まだ製作の道半ばという状態にあります。
ベースの塗装、地面の製作はまだ手つかずで、背景の家は塗装がされておらず、
クルマもまだ、窓ガラスやミラー、ヘッドライトのガラスが入っていません。
開けたボンネットを支えるステーもまだ作っていないため、とりあえず、適当なプラの棒で、
ボンネットを持ち上げています。

じつは、この状態のまま、すでに数年がすぎており、
その間、ときおり、押し入れから出してきて、
ちょっといじっては、また押し入れに戻して…、という、なんてことを繰り返しています。
(しかもその途中、かれこれ二回の引っ越しもしています)
なので、このジオラマも、いつ完成するのか、まったくわかりません。

AFVジオラマ

もともと私は、かねてから、ミリタリー系のジオラマを作ったりしており、
二十代、三十代の頃は、かなり熱を上げていました。
(上の画像は、30台の後半に作った、戦車ジオラマです)
が、ここのところは、模型店巡りなどはよくするものの、
製作からはほとんど遠のいています。
でも、好きなことは変えられず、いまでもこうして、チマチマと作業を続けています。

ボンネットを被せた2CV

このような、使い古されたクルマを扱ったジオラマは、
数年前から、模型誌などで取り上げられるようになり、
いまでは、ミリタリージオラマ同様、ひとつのジャンルとして、
定着した感があります。

かくいう私も、そうした作品に刺激され、また、
クルマも好きということで、手を出してみた次第です。

当初、登場させるクルマは何にしようかと迷いましたが、シトロエン2CVにしてみました。
ピカピカの新車という状態より、使い古されたイメージが、
とても似合うクルマのようにも思います。

ただ、クルマ好きとしては、あまりにヤラれた塗装にするのは、
なんともクルマがかわいそうですし、また、
廃車のような状態を作りたいわけでもないですので、
ウェザリング (汚し塗装) やダメージ表現は、控えめにしています。

ウェザリングについては、まず、エアブラシで、色あせの表現を行ったあと、
AFV模型では定番の方法である、ペトロールで溶いたエナメル塗料を薄く塗っては拭き取る、
という、ウォシングという技法を使っています。
そのあと、パステルエンピツで、車体表面の錆や傷を適度に描き入れています。

エンジンアップ

この2CV、エンジンが再現させているので、せっかくだから見せたいところです。
といっても、私は、2CVのことはよく知りませんし、また、このエンジンだけ、
過剰にディティールアップするのもジオラマのバランスとしておかしいので、
ほどほどに、手を入れてあります。

このあたりは、ディティールにこだわるよりも、
色味や雰囲気にこだわったほうが、いいのかもしれません。

というわけで、我が愛車であるMINIのエンジンルームなどを参考に、
ウェザリングしてみました。

エンジンのウェザリング

エンジンルームって、黒っぽく、粉っぽく、油っぽい、という感じでしょうか。
この部分のウェザリングにあたっては、
最近発売されたクレオスの『ウェザリングカラー』を使ってみました。

使用したのは主にステインブラウンで、よく振ってから、面相筆で、
パーツの奥まったところに流し込んでやります。
そのあと、専用薄め液を含ませた筆で拭き取るのですが、
このウェザリングカラーの特性でしょうか、
色味もよく、また、マットな雰囲気になり、思いのほか、うまくいきます。

この2CVを作り始めた頃は、こんないい専用塗料はまだなかったのですが、
ダラダラと時間をかけて作っているせいで、こうして、
最新の塗料を使えたりもするわけです。

車内には雑誌

車内にはキヤノンのプリンターで作った雑誌などを置いてみました。
ですが、屋根は、キャンバスを閉じた状態にしたいと思います。

ストラクチャー

こちらは、建物です。
スチレンボードによって作られており、壁面の石積みのパターンは、
鉄筆とシャープペンシルによって、筆圧を強くして、描きあげつつ彫り込んでいます。
スチレンボードは、発泡スチロールほどではないにせよ、表面が柔らかく、
こうした加工が比較的容易にできます。

このあと、石のテクスチャーをより際立たせるために、リキテックスのモデリングペーストを塗り、
塗装もリキッテクスを使って行う予定です。
かつては、ほぼ毎日、リキテックスを使っていたので、その扱いには、
なれているつもりです。

スクラッチした小物

また、傍らのテーブルは、タミヤ(イタレリ)の野戦整備セットから流用してきました。
テーブルのうえに載っている、ジョーロ、鳥の巣箱、
そして、家の窓の左右に取り付ける予定の鎧戸などは、それぞれスクラッチしていますが、
こうした小物は、これからも、場合によっては、いくつか自作することになるかと思います。

ベースとなる板は、木曽福島で道の駅あたりで買い求めたものです。
小口の処理もきれいにされていて、とても美しい仕上がりです。
この板は、オイルステインとニスを塗って仕上げる予定なのですが、
とてもいい檜の香りがするために、なにかを塗るのがためらわれてしまいます。

小物をレイアウト

いまはまだ、このような状態ですが、テーブルや小物を、古びた感じになるよう塗装し、
家の壁も、石の質感を感じさせるように塗り、また、地面や草をつけたりすれば、
印象はガラリと変わるものと思います。

ただ、その作業に進む前に、レイアウトなど、さまざまに検討を重ねなければなりません。

このジオラマが、いつ完成するのか、もうまったく検討もつきませんが、
また、進展があったら…。そして完成の暁には、当ブログで詳しくご紹介したいと思います。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/529-dbc61451
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)