掲載ページ1

先月、朝日新聞出版さまより発売された、
『さする&伸ばすで痛みを解消! 筋膜ストレッチ』という書籍の、
イラスト (全12点) を担当させていただきました。
この書籍は、いわゆる筋トレを指南するといったものではなく、
肩こり、腰痛、また、ひざや腕の痛みなどを、
それぞれに対応した簡単な体操 (筋膜リリースメソッド) を行うことにより、
解消させることを目的としたものとなっています。

本書は、それら体操の方法などを、モデルさんを使った写真によって、
詳しく、しかも、やさしく解説しており、老若男女を問わず、
どなたでもご利用いただけるものとなっています。

今回、私が担当させていただいたのは、
写真では解説ができない、全身の筋の詳細図です。
このような筋肉の解説図については、各種の医学書、
筋肉トレーニング解説書において、すでに何度も描いているので、
とりたてて悩むこともなく、スムーズに作業できました。
また、手元には資料もほぼそろっており、
こうした点に置いても、迅速に対応ができました。

正面人体

ただ、同様のイラストを、各所で多数描いており、
それらはどれも似たり寄ったりになってしまい、
できれば、少しタッチを変えて描きたいところなのですが、
そのあたりは、なかなか難しいところです。
(同じ人間が、同じアングルの同一画を描くわけですから、
 似るのはあたりまえといえば、当たり前なのですが…)

背面人体

かといって、自分らしい色の使い方や、グロテスクにならない表現方法などは、
積極的に出したい部分でもありますし、なにかと悩ましい部分です。

また今回は、あらかじめ輪郭線をひいておく、
という描き方で、作画しました。
本来であれば、輪郭線は引かず、
筋そのものの陰影を描くことによって、立体感を表現したいところなのですが、
その方法は、リアル感は出せるものの、作画には時間がかかってしまい、
今回は納期や予算の都合で、輪郭線方式をとることになりました。

頭部の筋肉

筋表面に走る微妙なライン状の凹凸は、いつも表現に苦労する部分でもあります。
今回は、ここ最近多用している、いったん引いたラインを指先ツールでぼかす、
という方法で、描画しています。
このあたりの作画方法は、まだまだ試行錯誤が続いており、
今後も変わっていくかと思います。

本書はすでに本屋さんの店頭に並んでいますので、
ぜひ、お手に取っていただいて、中身を確かめていただければ、と思っています。

筋膜ストレッチ

詳しい情報は、コチラでもご覧いただけます。
肩こりや腰痛に悩む方にとっては、お役たてていただけると思います。

筋膜ストレッチ中面

○ 朝日新聞出版 / さする&伸ばすで痛みを解消 筋膜ストレッチ

もちろん、amazonなどのネット書店でも発売されていますので、
そちらもご覧いただければ、うれしいです。
また、本ブログに掲載の各イラストには著作権があります。
無断使用はご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。

最後になりましたが、今回、出版社、編集制作会社のみなさまには、
たいへんお世話になりました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/532-0039729b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)