高原の風景

昨日(20日)は、長野県の霧ヶ峰に行ってみました。
もっとも、霧ヶ峰に行くことを最初から計画していたわけではなく、
ただ、東にいってみよう、という、あてもないドライブだったのですが…。

今回の出動は私のミニ。

まず、長野県の開田高原を通って、国道19号へ。
そのあと、権兵衛トンネルを通って長野県伊那市に出ます。
伊那から北上し、岡谷市へ。そして、まず諏訪湖の湖畔にいってみました。
この日、天候には恵まれたのですが、諏訪湖の水はなぜか茶色。
ぜんぜん美しくないです。
また、諏訪湖畔の足湯は満杯で、入るのはたいへんそう。
というわけで、諏訪湖を早々に引き上げて、霧ヶ峰方面に向かってみます。

国道20号線に乗って茅野方面に向かい、上諏訪駅を過ぎたあたりで、
進路を北にとります。
かなり急な上り坂を登って行くと、
(これが、ホントにキツい登り勾配です)
しだいに、景色が変わっていきます。

そして、ビーナスラインとの合流点に。
ここが、霧ヶ峰です。
ほんとうに、すばらしい景色です。

さすが、エアコンの名称にもなるだけあって、
空気はさわやかでひんやり。
というか、この時期、まだかなり寒く、しかも、緑も芽吹いていません。

霧ヶ峰の大地

草原は、焼き畑みたいなことをしているのでしょうか、
一面、焦げ茶色となっていました。
それでもなお、晴天の下に広がる広大な高原は、眺めていて、
胸のすく思いです。

天に続く道

そして、今度は、車山方面にミニを走らせてみます。
雲があたりを流れて行くさまが見えます。
もちろん、この雲が、道路にかかることもあります。
そうなると、いきなり、濃霧の中を進むこととなります。

ビーナスラインの鹿

途中には、野生とおぼしき鹿がいました。
カメラを向けても、逃げることもなく、こちらを眺めていました。

ちなみに、私の住む岐阜県にも、乗鞍スカイラインという高原道路があります。
こちらは、日本でいちばん高いところを通る道路だそうで、
かつて、陸軍が航空エンジンのテストを行うために建設した道路が、
その前身になっているといいます。

多くの観光客で賑わったこの乗鞍スカイラインは、
2003年より、環境保護のため、マイカーの乗り入れを禁止しました。

ビーナスラインは、
乗鞍スカイラインとは逆に、いま、全線、無料でクルマの乗り入れができます。
環境の面から考えたら、好ましい事態ではないのかもしれませんが、
素晴らしい景観が見渡せる場所に、自ら運転して行けるというのは、
非常に大きな魅力です。

この先もずっと、手軽に自然を楽しむことがもできるようにするためには、
私たち利用者が、せめて、しっかりとマナーを守らなければならないと、
あらためて思った次第です。

新緑が大地を覆う季節になったら、
また、霧ヶ峰に、行きたいです。

霧ヶ峰のミニ




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/54-c01665f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)