びわこジャズ東近江

先週の土曜日に、滋賀県の東近江市で開かれていた、
『びわこジャズ東近江』という、ジャズイベントに行ってきました。
このイベントは、今回ですでに9回を迎えるとのことですが、
私は、そんな催しがあることを、いままで、まったく知りませんでした。
ですが、今年の3月に、MINIで三重県から滋賀県へとドライブをしたさい、
途中立ち寄った道の駅で告知チラシをもらい、はじめてその存在を知りました。

というわけで、そのときから、
「そんなイベントがあるのなら、ぜひ行ってみたい」と思っていたのです。
開催期日は、今月(4月)の22日(土)、23日(日)となっており、
日曜のほうが出演バンドも多いように思われましたが、
折しも23日には、岐阜県の垂井町 (たるいちょう) というところで、
関ヶ原の戦いをテーマにした講演会があり、
そちらも聞きにいってみたかったので、
22日の土曜に、東近江に行ってみることにしました。

この日の天候は青空が広がるすっきりとした晴天。
風こそすこし強いものの、絶好のドライブ日和、イベント日和でした。
このときの出動車は、ヨメのプジョー208。
運転もヨメでした。

プジョ−で行きました

なにしろ、はじめてきた町ですので、右も左もわからず、
ましてや、うまくクルマを止められるのか、
そのあたりもちょっと心配だったのですが、
ことのほかたやすく、駐車することができ、ホッとしました。

このイベントはまさに町ぐるみで行われるもののようで、
市内の各所に、複数の演奏会場が点在するかたちとなっています。
東近江市の、町並みはとても美しく整備されていて、
また、目抜き通りの歩道などは、とても広くて歩きやすく、
市内各所に一定の数の会場を立ち上げるには、
まさに最適の町といえるかもしれません。

メイン会場のフードコート

というわけで、まずは駐車場近くのメイン会場へ。
この会場は、東近江市市役所に隣接する広場が充てられているとのことで、
会場も広く、ステージもことのほか立派なものでした。
周囲には、さまざまな露店が並び、その中央にはテーブルが置かれるなどして、
いわゆるフードコート状態になっていました。
ちょうどこのとき、すでに時刻はお昼近くとなっていたため、
ここでお昼ご飯をいただくことにしました。
私はチーズたっぷりの焼きカレー、ヨメはやきそばをそれぞれ買い求め、
春の日差しが降り注ぐなか、すぐ近くの生け垣をベンチにしていただきました。
(なにしろ、フードコートはお客さんで満杯でしたので…)

このお昼時にも、メイン会場のステージでは絶え間なく演奏がなされており、
とても熟れた上手なバンドが出番を迎えていたのですが、
ジャンルとしては、ジャズとはいえないものだったので、
食事を終えたあとは、とりあえず、別の会場へと行ってみることにしました。
(ちなみに、どの会場でも、無料で演奏を聴けるようになっていました)
通りを駅に向かって歩いていくと、一定の距離を置いて、
にぎやかな演奏の音が聞こえてきます。

吹奏楽系のバンド

吹奏楽系のバンドもきていました。
私も、かつては吹奏楽部に所属していましたので、
こうした編成のバンドを見かけると、
つい懐かしくなって、自然に足が向いてしまいます。
でも、演奏されている曲目は、私の求めているものとは、
ちょっと違っていたかもしれません。

駅前のビッグバンド

こちらは、大編成のバンドです。
ホーンセクションが重厚で、迫力がありました。
ヨメからの情報によると、村田製作所の社員のみなさんで結成されたバンドだそうです。
ルパン三世、マイフェイバレットシングスなどを演奏していました。

駅の中でも演奏

そしてこちらは、駅のなかで演奏されていた、
アップタウンジャズユニットというバンドだそうです。
こちらはしっかりジャズしてました。

というわけで、さまざまな会場を渡り歩きながら、
行き着いたのが太子ホールという会場。
こちらは屋外ではなく、完全な室内演奏となっていました。
そんなわけで、部屋の照明もアンダーにされるなど、
ビジュアル的な面でも、いい雰囲気作りがなされていました。

クモジジャズ

出演バンドは、クモジジャズというそうです。
ハーモニカ、キーボード、ベースの三人による演奏ですが、
とにかく、ハーモニカがすばらしい。
哀愁のある、切ない響きが会場に流れます。
ジャズのハーモニカというのは、私はいままでにあまり聞いたことがなかったので、
それだけでとても新鮮な印象を受けました。
このイベントに足を運んで、よかったと思わせてくれました。
曲は、マスカレード、酒とバラの日々などでした。

その後は、トライアングルという会場へ。
こちらも完全な室内演奏。ここはふだん、喫茶店になっているようでした。
この時間は、くまおくというバンドが演奏をしているとのことです。
ただ、太子ホールでの演奏が終わってから、この会場にやってきたので、
すでに演奏は始まっていました。

ですので、途中からの入場になってしまい、バンドの方々には、
たいへん失礼をしてしまいましたが、快く会場に入れていただきました。
会場は先の太子ホールよりもずっと小さく、そのため、
バンドの方々の息づかいや表情が、間近で感じられました。

ジャズの演奏

こちらのバンドは、
サックス、コントラバス、ギターの三人という編成です。
コントラバスの、低く、それでいて軽快な響きが、暗く狭い室内にこだまし、
そこに、追走するようにギターが加わり、サックスの艶やかな音色が華を添える…。
会場の狭小さがさいわいして、室内には、
同じ演奏を共有するという一種の連帯感のような感覚が生まれているように、
私には感じられました。

いずれにしても、太子ホールの演奏に引き続き、
これぞ、私の求めていたものといえる、すばらしい演奏でした。
クモジジャズさんとの演奏時間が一部重なっていたため、
途中から聴くことになってしまいましたが、できれば、
このくまおくさんの演奏も、最初から聴きたかったです。

本イベントの参加バンドのなかには、
ジャズではない曲を演奏するグループもあり、
少しばかり違和感を覚えることもありましたが、
好天に恵まれた土曜のひとときを、臨場感あふれる演奏に間近に接し、
たいへん楽しく過ごすことができました。
ヨメも大満足とのことでした。

このイベントは、冒頭でも申した上げたように、
今年で9回を迎えるとのことですが、できれば次の10回目も、
ぜひ、きてみたいものだと思いました。
また、どこかの町で、同様のイベントがあれば、
そちらにも、行ってみたいと思っています。
岐阜、愛知、三重などで、ジャズイベントがないか、
いまから、捜してみなくては、などと、



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
JAZZCM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/553-89a5aa47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)