馬籠のMINI

GW最終日に、MINIで琵琶湖一周を行いましたが、その後は、
週末となると毎回、MINIで出掛けることとなりました。
お天気に恵まれたことと、きちんと日曜を休みにできたことが、その理由ですが、
夏を前にしたさわやかな陽気のなか、MINIでドライブするのは、ほんとうに、
楽しいものです。
とはいえ、今月6月は、いよいよ梅雨に入ることになるでしょうし、
これからの季節は、MINIでのお出かけも、少し頻度が下がるかもしれません。

じつは、今日6月4日も、MINIでのおでかけに最適な、
さわやかな天候なのですが、私もヨメも、それぞれ所用や仕事があって、
今日のお出かけはありませんでした。
ちょっと…、いや、かなり残念です。

いずれにしろ、ここ岐阜市に拠点を移してからは、
MINIでのお出かけがいささか減ってしまい、
(オドメーターの距離数がその事実を如実に物語っています)
そんなこともあって、先月は寸暇を惜しんで、
ひたすらにドライブに勤しんだという感じでした。

琵琶湖一周の翌週に出掛けたのは、長野県の馬籠宿です。
いまでは、長野県ではなく岐阜県に編入されてしまいましたが、
やっぱり、いまでもこの場所は木曽路だという思いがします。
本来は、馬籠の北にある、妻籠宿へと行ってみる予定だったのですが、
到着の時間が思いのほか遅くなってしまい、そのため、
有料駐車場にMINIを入れるのはちょっともったいないかなと思い、
無料の駐車場がある馬籠に、急遽目標を変更することにしました。

馬籠の様子

こちらがその馬籠の風景です。
石畳の坂道の両側に古い家々が並び、風情あるたたずまいとなっています。
もっとも、以前にも何度かこの地にはきているので、
あまり新鮮味は感じませんでした。
次回は、ぜひ、当初の目標であった妻籠に行ってみたいものです。

豊川稲荷

その翌週は、MINIで愛知県豊川市にある、豊川稲荷に行ってみました。
こちらも、以前に何度か訪れているので、
馬籠同様、新鮮な感じはなかったのですが、久しぶりに来てみると、
前回と印象が違っているところが多々あり、戸惑うこともありました。

天文時代の山門

豊川稲荷自体の建立年数はいまひとつよくわからなかったのですが、
この山門は、天文の初期に建てられたものだそうで、
おそらく、敷地内の建造物のなかでは、最も古いのではないかと思います。
なんでも今川義元が寄進したとのとこで、
そうなると、今川義元が玄広恵深との権力闘争に勝った、
いわゆる「花倉の乱」の、すぐあとくらいに、
寄進されたのかもしれませんね。

国道1号沿い道の駅

このときは国道1号線を通りましたが、そのさいには、
道の駅にも寄ったりしました。
国道1号というと、あまり道の駅がないような印象があるのですが、
こんな立派なところがあるんですね。

その翌週の土曜は、所用で実家のある飛騨高山に帰ったのですが、
このさいも、MINIで行ってみました。
そしてそのままさらに北へ足を伸ばして、富山市内まで行き、
お世話になっているMINI専門店にも、顔を出したりしてきました。

富山駅

こちらは富山市の駅です。
新幹線が開通したということで、とても立派できれいな駅舎になっていました。
以前、高山に住んでいた頃は、買い物などで比較的よくきていた富山ですが、
いまはそうそうくることもできず、今回、富山市を走りながら、まわりの風景を見ていると
とても懐かしい思いがしました。

こうしてその日は、高山の実家に一泊し、翌日は岐阜市に戻ることとなるわけですが、
帰路はちょっと大回りなコースをとってみることにしました。

そのコースというのは、
前日同様ふたたび北の富山市へと行き、そこから、
南西に向かって石川県の金沢市に入り、そこで国道8号線に乗り換えて南下。
福井市、鯖江市を経由して、滋賀県へと入って、
長浜市、米原市をかすめて国道21号線に乗り換え、
岐阜県へと戻るというものです。
使う道は、すべて下道です。

意味のない大回りですが、MINIで一日がかりの長距離ドライブをしてみたかったので、
一日で4つの県をまたぐこのコースに挑戦してみました。

MINIのオドメーター

出発して間もなく、MINIのオドメーターが、77,777キロになりました。
この写真を撮りたいがために、
交通量のほとんどない横道にそれたりして、うまく距離を調整しました。
このオドメーター、じつは一周してゼロに戻っていますので、
実際には、177,777なのですが、ミニには10万単位のオドメーターがありませんので、
ちょうどキリ番に見えるわけです。
(前回の77,777は気づかないまま過ぎてしまいました)
考えてみれば、あと少しで、二回目のオドメーター一周となるわけで、
ここのところ、MINIでのドライブの頻度が少なくなったとはいえ、
我ながら、ずいぶん長い距離をMINIに走ってきたものだと思ったりします。

プジョーのオドメーター

オドメーターの話題がでたところで、もうひとつ。
ヨメのプジョー208も、先日、走行100,000キロを達成しました。

山之村で撮影

このプジョーが我が家にやってきたのは、2013年の春のことでしたので、
かなり短い期間で、大台に乗ったという感じです。
夫婦ともども、よく走っています。

ちなみにこちらの写真は、GW中に撮影したものなのですが、
まるでカタログの写真みたいです。
毎年、ボディコーティングに出したりしてますので、
いまでも、新車の輝き(というとちょっと大げさですが)が、保たれています。

さて、話を4県巡りドライブに戻します。
道のりのことを思うと、途中でどこかに立ち寄って遊んでいる時間はありません。
ほぼ、ただひたすら走るのみです。
それでも、行った先の雰囲気は味わいたいということで、
渋滞覚悟で、わざわざ金沢の香林坊界隈を通ったりしてみました。
新幹線開通後の金沢には、はじめてきましたが、
やはり、交通の便がよくなったせいなのでしょうか、
以前よりもずっと人の数が多かったです。
とくに、ひがし茶屋街のあたりはたいへんなにぎわいで、
交通整理の方が何人にいらっしゃるほどでした。

金沢エムザ

というわけで、走り抜けただけなのですが、金沢の街を満喫。
が、その後、道に迷ってしまい、細い住宅街の道を迷走することに。
スマホのマップなどに頼ると、道や方角のカンが鈍るので、
そのまま適当に走って、道を探りました。

そんなこともあって、目当ての国道8号線に出たのは、
当初の予定より、ずっと南に下がってからでした。

道の駅こまつ木場潟

こちらは、途中立ち寄った道の駅です。
道の駅こまつ木場潟とかいう名前だったかと思います。
天気もよく、とても賑わっていました。

国道8号

その後もただひたすらに走りますが、このあたりの国道8号線は、信号も少なく、
斜線も多く、ほんとうに快適な道でした。

独身だった頃の十数年前、
ひとりで同じコースをMINIでドライブしたことがありましたが、
その頃は、これほどまでに道は整備されていなかったように思います。

道の途中には、那谷寺や永平寺など、
立ち寄りたいところがいろいろありましたが、
今回は涙を飲んで、通過してしました。

そして敦賀を抜け、滋賀県に入り、琵琶湖を眺めつつ、
木之本、長浜へと入ります。
このあたりで、日の長い一日の日没となりました。

年のせいか、私は、夜道の運転が苦手になりつつあるため、
最短で岐阜県に入れる国道365には入らず、
比較的明るいと思われる国道21号へと入り、そのまま東に進み、
岐阜県へと入りました。
ほんとうに長い長いドライブでした。
でも、MINIは、今回も快調に走り抜けてくれました。
いつもがんばって走ってくれて、ありがとう〜!。

洗車を終えて

国道8号線を走っているさい、敦賀のあたりで、
道は海沿いになってしまったため、少しばかり潮風を受けてしまいました。
その程度ですので、それほど神経質にならなくてもいいのかもしれませんが、
数日後、洗車場に行って、MINIを洗ってきました。
(なにしろ、きれいに見えても、あちこちさびていますので)

というわけで、先月はまさにMINIでのお出かけに明け暮れた、という感じでした。
ただ、いよいよ梅雨に入りますので、これから先は、
MINIでのおでかけも少し減るかもしれません。

梅雨明けにはパッとMINIで出掛けたい思いですが、
エアコンがないどころか、
オーバーヒート回避のためヒーターをつけざるを得ないので、
おでかけはきびしいものとなりそうです。

それでも、やっぱり走りにいきたいですネ。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
MINICM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/558-af1653b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)