ユーモラスなビースト

三重県津市にある三重県立美術館で、7月15日から9月18日まで開かれていた、
企画展『テオ・ヤンセン展』に行ってきました。
このエキシビションは、
オランダのアーティストであるテオ・ヤンセン氏が、創造、製作した、
チューブの集合体による歩行体『ビースト』を、多数展示する企画展で、
期間中は、展示物のいくつかを実際に歩行させる、
実動デモンストレーションも行うといいます。

かねてから、ネットの動画などで、海辺をゆっくりと歩行する、
奇妙で魅惑的なビーストの動画に魅せられていた私は、
今回の企画展に「これは絶対に見に行かねば」と、期待に胸を膨らませていました。
ただ、情報によると、夏休みの期間中は、たいへんな人出となっており、
駐車場も満杯で別の場所に臨時駐車場を用意するなど、
かなり混雑しているとのことです。
というわけで、夏休みの期間が終わるまでじっと待ち、
先々週の平日に、満を持して、ヨメとともに津へといってきました。

とはいえ、決行日は平日ということで、
いっしょに行く予定のヨメも、片付けなければらない仕事があるなど、
出発は思いのほか遅れてしまいました。
津に向かったのは、結局、お昼近くになってからでした。

というわけで、ヨメのプジョーに乗って、国道23号線を伊勢方面へとひた走り、
途中昼食をとって、午後2時半頃に津に到着しました。

駐車場は満杯か…

混雑を避けるために、あえて平日を選んで、ここまできたわけですが、
やっぱりというべきか、意外というべきか、三重県立美術館に着くと、
駐車場に入ろうとするクルマがすでに並んでいました。
平日なのにこんなに混んでいるのか、と思ったのですが、
思いのほか早く、駐車場に乗り入れることができました。
土日だったら、きっと、これほどスムーズには行かなかったと思います。

念願のテオ・ヤンセン展見学へ

津には、プラモサミット見学のため、つい数ヶ月前にきましたが、
三重県美術館を訪れるのは、今回がはじめてです。
さすがに、立派な美術館です。

入口には巨大ビースト

というわけで、早々にチケットを買って、館内へ。
広いエントランスには、見物客を出迎えるように、
巨大なビーストがドンと鎮座していて、もう興奮度はマックスです。
こうした複雑な構造物が足を使って歩行するなんて、信じられない思いです。

テオ・ヤンセン展

こちらが会場風景です。
見学客の数は、決して少なくはないのですが、混雑しているというわけでもなく、
やはり、平日を選んできてよかったと思いました。
しかも、美術展には珍しく、撮影はどこもOK。
というわけで、もう、写真を撮りまくりです。

テオ・ヤンセン氏は、当初、コンピュータを使って、
線虫のような架空の生物を創造し、それが組み合わされることで、
どのような進化を遂げていくのか、見極めようと考えたようです。

この架空の生物は、やがてコンピュータという枠を飛び出し、
プラスチックのチューブに置き換わって、現実世界に現れます。
そしてチューブは、複雑に組み合わされて、
やがては『ビースト』と呼ばれる、無生命生物へと進化していきました。
それは生物の進化の追体験であり、神である創造主の試行錯誤を、
自ら体験する試みでもありました。

プラスチックチューブは、進化をたどるビーストの最小単位であり、
いわば細胞といってもいいものです。
ヤンセンは、このチューブをいくつか組み合わせることで、
もっともシンプルで効率の良い、歩行システムを見つけます。
このシステムは、ビーストの基本的な移動方法として取り入れられ、
以後、さまざまなかたちに進化していくのです。

プロペラを持つビースト

ビーストは、風を帆で受け止めて動力とし、
移動、歩行のシステムを獲得し、やがては、プロペラによって風を得たり、
また、帆で受けた風をペットボトルに蓄えて、それを動力とするなど、
さまざまなバリエーションを展開していきます。

ビーストの進化は枝分かれし、それぞれの進化の時期を、
ヤンセンは、グルトン、ホルダ、セレブラム、などと命名し、
さながら、古代生物の進化の体系のようにまとめました。

歩行システム

こちらは、歩行システムを説明する模型です。
実際にハンドルを回して、足を動かすことができます。
たしかに、単純な構造ですが、足を前に出して、踏み出すという、
一連の動作をしてみせます。
これがもっとも完成された、黄金比率的な構造といえるのかもしれません。

装甲型ビースト

ビーストの形態はさまざまですが、
どれもチューブを組み合わせていることに変わりありません。
ですが、例外的に、装甲のような外皮をもつものもあるようです。
それがこのビーストです。
模型の展示しかありませんでしたが、館内では、
このビーストが歩行する映像が流れており、それがとても強烈な印象でした。

と、そうこうするうちに、館内アナウンスが流れ、ただいまから、
ビーストの可動実演が行われるとのこと。
さっそく見学させていただくことにしました。

可動実践1

こちらは、強風に耐えられる方法を獲得したビーストです。
地面 (砂浜) に杭を打って、身体を固定するといいます。
ビーストを動かすのは、このために日本までやってきた、専門の技師の方です。

ビーストの求愛

またこちらは、求愛するビーストです。
いうまでもなくビーストには生殖機構はなく、かたちだけの求愛ですが、
この求愛の動作は、私たち人間を魅惑しているものだ、と、
アナウンスの方がおっしゃっていました。
鼻の動きが、なんとも生物的で、ユーモラスでした。

また、歩行システムを捨て去り、体を波状に動かすことで移動する、
キャタピラー型ビーストも、進化の過程で現れました。
そのキャタピラー型ビーストの可動実演も行われました。

これら専門の技師が可動させる実演と平行して、
ビーストを見学客が動かすこともできました。

ビーストを動かしてみた

というわけで、さっそく私も動かしてみました。
動かし方は、ビーストを押して進む、という感じで、
一定程度進んだら、今度は引いて戻します。

無数の足が整然と動く姿を、間近で見ることができました。
私が実演したあとは、ヨメも動かしてみました。

可動実践2

最後は、巨大なビーストの歩行デモンストレーションです。
このビーストは、帆で風を受け、それを無数のペットボトルに圧縮空気として溜め、
それを動力として、歩行します。
いわば、ペットボトルは筋肉であり、新しい動力源を得たビーストといっても、
いいのかもしれません。

見てるこちらに、ググッと歩いてきます。
会場からは、おおっ〜という歓声があがりました。
いままで、ネットの動画でビーストの歩行は何度か見てきましたが、
やっぱり、実物が歩くのを目にするのは、圧巻で、とても迫力がありました。

というわけで、テオヤンセン展をおもいっきり満喫してきました。

会場に入るさいに買ったチケットは、他の展示室への閲覧も許されており、
この機会に、三重県立美術館が所蔵している他の美術品や、
もうひとつの企画展を見学していくことにしました。
が、閉館は五時となっており、このときすでに四時過ぎ…。
ゆっくり見て回ることもできず、駆け足での見学となってしまいました。

三重県立美術館は、ルノアール、ダリ、ルドン、シャガールなど、
名のある画家の作品を多数所蔵しているようで、とても驚きました。
ですが、今回はそれらをゆっくり見て回ることができず、ちょっと残念でした。
次回、ここにくることがもしあったら、そのときは、
時間をかけて見て回りたいものです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/570-b3e582fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)