冬の大坂城

前回、当ブログで、大阪のギャラリースプーンさんで、
この年末に開催された企画展『絶滅動物展』のご紹介をさせていただきましたが、
今月の18日に、私も、遅まきながら、
参加されたみなさまの展示作品を見学するため、大阪まで行ってきました。

大阪へ行くのはちょうど二年ぶり…。
この二年前の大阪行きのときも、今回と同様、スプーンさんで行われた企画展の見学と、
(このときの企画展は、爬虫類をテーマにしたものでした)
会期のはじめに開かれたオープニングパーティー出席のためでした。

もっとも、今回の大阪への旅は、
泊まりではなく、日帰りということになってしまいました。
せっかく大阪まで出向くのであれば、観光も兼ねて、
ぜひとも泊まりがけで行きたかったのですが、年末のこの時期、
お仕事のうえで、成り行きを見守らなければならないものがいくつかあり、
泊まりがけというのは、ちょっとできない状況でした。
そんなわけで、不本意ながら、一日だけの大阪行きとなりました。

また、今回は、大阪へ行くルートも、前回とは変えてみました。
前回は、ここ岐阜市から、クルマで岐阜羽島というところまで行き、
そこから、新幹線に乗って大阪まで向かいましたが、
(岐阜羽島は新幹線の駅がある街なのです)
ですが今回は、在来線を使って大阪まで行ってみることにしました。

なにしろ、ヤフー路線検索で見てみると、在来線を使ったとしても、
それほど多大な時間がかかるわけではないようですし、
こうした新しい路線を使ってみることにも、少し興味があり、
今回は、この方法での大阪行きを決意しました。

もっとも、時間のない日帰りだからこそ、道中の時間を惜しんで、
新幹線で行くべきでは、とも考えましたが、そうしたところで、
やはり日帰りでは、どうせたいした観光はできないだろうと思い、
お楽しみはまた次回にとっておいて、とりあえず今回は、
在来線で行くのが、妥当かとも考えました。

というわけで、まず、岐阜市の隣の大垣市まで、ヨメの車で送ってもらい、
そこから、米原行きの電車に乗り、米原からは、姫路行きの快速に乗り換えます。
乗り換えの必要があるということから、待ち時間をとられそうな気がしますが、
乗る便をうまく選べば、双方の列車の連絡は、とてもスムーズです。
というわけで、難なく大阪まで行くことができました。

大阪駅到着

大阪はやっぱり大都会ですね。
もともと田舎者ですので、大きな街にくると、気持ちも高まります。
というわけで、大阪の御堂筋周辺で昼食をとり、
その後は、天満橋にあるギャラリースプーンさんへ向かおうとしました。
が、天満橋に着いたところで、ちょっとだけ大阪城に立ち寄ってみることにしました。

なにしろこの日は絶好の好天。
抜けるような青空がとても気持ちよく、
散歩がてら、街を歩きたくなってしまいました。

大坂城へ

そんな日和のせいか、平日といえども、たくさんの観光客があたりを散策していました。
とはいえ、聞こえてくるのは外国の言葉ばかりで、
日本人の観光客は、ほんのわずかといった感じでした。

私の出身地である飛騨高山もそうですが、
ここのところ、外国人の観光客が、とても多くなりました。
それは、どこの地域でも変わりはないようです。

天守

そしてこちらが、大阪城の姿です。
もっとも、時間がなかったので、城の中には入らずそのまま素通り。
城の近くには、無料ボランティアガイドさんの詰所があり、
初老と思われるガイドさんがふたりほどいましたので、
できれば、ガイドをお願いしたいところでしたが、これも今回は断念しました。
う~ん、残念です。

そうはいっても、このまま帰るのはさすがに名残惜しいので、
城の裏手にある、豊臣秀頼、淀殿、自刃の地へといってきました。

秀頼自刃の地

あたりには多数の観光客がいるにもかかわらず、
この場所に近づく人たちはおらず、ひっそりとしていました。
ですがそれがかえって、この場所にはふさわしい気がします。

この裏手の場所から城を見上げると、ふと、
大坂夏の陣で焼け落ちる大坂城を想像してしまいます。
炎に包まれる大坂城を草葉の陰から見た秀吉は、どんな思いだったでしょうか…。

そんなわけで、ひととき、豊臣政権の末路に想いを馳せつつも、
すぐにこの場をあとにして、今回の目的地である、ギャラリースプーンさんに向かいました。
ギャラリースプーンさんは、イラストレーションのマネジメント業などをされている、
株式会社スプーンさんが運営しており、私も、常日頃からお世話になっています。
というわけで、まずはスプーンさんにご挨拶をさせていただき、
それから、隣接するギャラリーを見学させていただきました。

今回は、在廊していた作家さんの方と、いろいろとお話をさせていただいたり、
また、おりしも、会場を訪れた立体作品の作家さんの方とも、
お話をさせていただきました。
私は、同業者の方のお知り合いがあまりおらず、こうして、
さまざまな作家さんとお話をさせていただけることは、
とても貴重で、有意義な時間を過ごすことができました。
(企画展 絶滅動物展は、12月21日に、好評のうちに幕を閉じました)

ちなみにこのとき、会場にカメラをもっていっておらず、
写真を撮影することはできませんでした。
ですが、今回、この場で、私の作品をご紹介したいと思います。

今回の作品

今回は新作が製作できず、過去作の出品となってしまい、
ちょっと不本意なこととなってしまいましたが、時間が許す限り、
わずかですが、手を加えています。

まず、レンダリング方法をパスとレーシングにし、
ライティングをイメージベースドライティング(IBL)方式に切り替えています。
この方法を使うと、よりリアルで、やわらかな陰影がつけられます。
ですが、このモデルに関しては、それほど大きな効果は出ませんでした。

その後は、マルチパスレンダリングにより得られた、
形状ID画像から選択範囲をつくり、ボディの錆などを、Photoshopで、
描き入れています。

とはいっても、マンモス自体は古いモデリングデータで、
現時点からみれば、とても稚拙なモデリングがされています。
すべての形状は自由曲面で作られていて、開口部は擬似ブーリアンを使っています。
いまだったら、オールポリゴンでモデリングし、擬似ブーリアンなど、
使わないのですが…。

次回、同様の機会があれば、今度こそ新作を作りたい、と、
強く思っています。

その後は、大阪の街を少しブラブラと歩いてみました。

中央公民館

こちらは、大阪の中央公民館で、たまたま行われていた、
プロジェクションマッピングのようすです。
テレビなどでは、プロジェクションマッピングを見る機会は多数あるものの、
実際に見物するのは今回がはじめてで、とても興味深かったです。

しかも、そこかしこにお店がでていたり、また、観客席が設けられていたりと、
クリスマスも近いことも手伝って、とても多くの人で賑わっていました。

イルミネーションロード

こちらはイルミネーションの通りです。
夜の闇が深まるとともに、イルミネーションの輝きは増していき、
見物客の数も多くなっていきました。

光のトンネル

こちらは、中華風の提灯がぶらさがった光のトンネルです。
幻想的な雰囲気で、気分も盛り上がります。

というわけで、短い時間でしたが、大阪の街を楽しんできました。
次回はぜひ泊まりがけで出かけたいものです。
また、スプーンさんには、今年も、たいへんお世話になりました。
ありがとうございました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/576-afbe472e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)