司馬遼太郎『城塞』

ここのところ、外に出かけても近場ばかりで、
ドライブなどの遠出ネタのない当ブログですが、
今回もご多分に洩れず、またしても、インドアネタとなってしまいます。
いずれにしても、早いもので二月も終わりに近づき、もうすぐ三月になりますが、
春になって、路面に融雪剤を撒くことがなくなったら、また、
MINIでのお出かけネタなども、こちらに書いていきたいなと思っています。

というわけで、今回は本の話題について、少し触れたいと思います。
お題は、つい最近読み終えた、司馬遼太郎の『城塞』です。
この小説は、大坂冬の陣、夏の陣を扱ったもので、
戦いの詳細や、そこに至る経緯やいきさつ、人間関係の機微についても、
詳しく書かれています。
そのため、一昨年に放送された大河ドラマ『真田丸』の後半とも、
かなり重なるところがでてきます。
ですので、読みながら、大河ドラマのシーンなどを、
あらためて、思い起こしたりしていました。

じつはこの本、昨年の終わりぐらいから読み始めていたのですが、
同時に、図書館から借りた複数の本と並行して読んだり、
また、途中、時間が取れずやむなく中断したりと、
思いのほか、読了までに時間がかかってしまいました。
私にとって、読書というのは、けっこう『ノリでする』という感じなので、
このような読み方をすると、継続するのが難しくなってしまいます。
そのせいもあって、全3巻の長い小説とはいえ、すべてを読み終えるまでに、
思いのほか時間がかかってしまいました。

城塞 全3巻

さて、物語は、関ヶ原合戦後で勝利を収めた徳川家康が、
征夷大将軍になったあたり (慶長八年) から、はじまります。
ですので、同じ司馬作品である『関ヶ原』の、ちょうど続編的な意味合いも、
あるかと思います。

司馬遼太郎という作家は、自らが抱いている、登場人物に対する愛情や好感を、
素直に書き表してしまうように思います。
書き手側の愛情が読み手側にも伝わり、ゆえに、それらの人物への感情移入も、
またひとしおになる…。と、そんな感じがします。
坂の上の雲の秋山兄弟や正岡子規、関ヶ原の石田三成や島左近、もそうでした。
この『城塞』でも、小幡勘兵衛という人物が、
物語前半において、生き生きと活写されています。

その一方で、本作の主人公のひとりである徳川家康には、
全3巻すべてにわたって、まったく愛情が感じられません。
読者は、家康に対して、畏怖と嫌悪感を持つことはあっても、
好感や憧憬の念を抱くことは、ほぼないかと思います。
これもまた、司馬遼太郎本人の心象が、そのまま反映されているのかもしれません。
とはいえ、描写は極めて丹念で、家康の『政治的妖怪ぶり』が、
いやというほど味わえるようになっています。
まあ、ヒールが際立つほうが、物語は面白くなるのかもしれませんが…。

また、司馬氏は、大坂方を実質的に仕切っている、
もう一方の主人公『淀殿』にも、とりたてて思い入れはないようです。
ただ、家康については、徹底したディティールの書き込みがされているのに、
淀殿には、それさえもありません。
家康に追い詰められる淀の心理描写をもっと行えば、
物語に厚みが出るのでは、などと思うのですが、
それがなされていないのは、おそらく、司馬氏自身が、
淀殿にさほどの興味を感じていないかもしれない、と、私の勝手な判断ですが、
思ったりもしてしまいました。

…などと、いろいろ書きましたが、本作も、やっぱり『おもしろい』です。

文面

天下人であった豊臣秀吉が死ぬと、ほぼ時を同じくして、
豊臣政権のなかで、武断派と文治派の内部分裂が生じます。
秀吉に臣従して豊臣政権の大老職についていた徳川家康は、
この分裂に巧みにつけ込み、豊臣家から政権を奪う画策をしていきます。

やがて家康は、関ヶ原で、自らに敵対した勢力を一掃してしまうと、
その後、朝廷から征夷大将軍の座を拝領して、天下を手中に収めることに成功します。
ですが、豊臣家も、そのまま大坂城に存続し、幼かった秀吉の遺児「豊臣秀頼」が、
日々、たくましく成長していきます。
徳川家康は、立場的には、豊臣家の家臣であり、
順当に行けば、成人した秀頼こそが、次の天下人になるはずです。

ゆえに、徳川家康にとって、大坂に残る秀頼と、その母親である淀殿は、
徳川幕府の将来を脅かす危険因子であり、自らの存命中に、なんとしてでも、
滅亡に追い込みたい存在でした。
そのため、家康は、あらゆる策謀をめぐらし、大坂方を追い詰めていきます。

この家康の策謀が、じつに狡猾で、強引で、いやらしい…。
こうした家康の挑発を受けながら、大阪の淀殿は、感情的な対応に終始していきます。
感情の振幅が大きければ大きいほど、その対応は一時しのぎの場当たり的なものになり、
しかも、そもそもにおいて、その感情こそが、
家康に操られたものだということにも気づきません。

問題や課題の解決は、論理的な判断によってのみ可能で、
そこに感情を挟ませることは、事態をより危険な方向に向かわせてしまう…。
これが、本作における、最大の教訓ではないかと思います。

物語のなかで、徳川方の間者として大阪城内に送られた小幡勘兵衛が、
こともあろうに、敵であるはずの豊臣方にシンパシーを覚え、
そこに自分の野望を乗せていくあたりは、読み手も大いに共感できるところです。
しかし、淀殿を頂きとする豊臣政権に、やがて勘兵衛は失望していきますが、
それは読者にとっても、失望感をもって受け止められるでしょう。

城塞 裏表紙

また、徳川方の『虎の威を借る狐』のような謀臣、
本多正純、金地院崇伝、の傲慢な態度や、それらの輩に、
いたしかたなく組み伏せられていく豊臣方の家臣『片桐且元』の様子は、
さまざまな意味で、胸を痛くさせます。
ですが、この且元という人物の『弱さ』や『保身上の計算』は、
身にしみてよく理解できるものでもあったりもします。

こうして、すべては、徳川方の思い描いた通りに進み、
大阪の淀殿は、戦 (いくさ) へと引きずり込まれていきます。
関ヶ原の時と違い、豊臣方に味方する大名は、ただの一人もおらず、
集まったのは、関ヶ原で西軍に与した者や、仕官先を失った牢人ばかりでした。

が、しがらみの薄い存在である彼らは、断末魔の豊臣の最後の輝きであるかのように、
強烈な存在感を発し、数のうえでは圧倒的な攻城軍を苦しめていきます。
ところが、またしても、淀殿は家康の謀略にはまり、結果として、
東洋随一の防御力を誇る大坂城の堀は埋められ、裸同然にされてしまいます。

真田信繁(真田幸村)像

もはや、城に籠る豊臣方に、万に一つの勝ち目もなくなるのですが、
それでもなお、真田幸村、後藤又兵衛、毛利勝永、木村重成らの士気は、
まったく衰えず、迫る攻城軍をわずかな手勢で迎え撃ち、深傷を追わせます。
さらに、真田幸村は、家康の本陣にまで迫り、徳川方を潰走させてしまいます。
このあたりは痛快で、妖怪『家康』が慌てふためいて逃げ、
一時は自刃を決意するなど、これこそまさに、溜飲が下がる展開です。

しかし、どうあがいても、大軍には勝てるはずはなく、
『日ノ本一の兵』という美名と引き換えに、幸村も果て、
ついには、大坂城も炎に包まれることとなります。

秀頼自刃の地

息子である秀頼を守ることをなによりも優先したはずの淀殿は、
結局、その秀頼とともに、自ら命を絶つこととなってしまいます。
秀頼を守りたかったはずの淀の思いは、その感情が激しすぎるがために、
とどのつまり、最悪の結末となってしまいました。
こうして、徳川の権力基盤はここに固まり、戦国の世は終焉するのです。

それにしても、権力とは恐ろしいものです。
誰もが、権力者を恐れ、その意思や考えを忖度し、過度におもねっていきます。
それは美しい姿とはいえませんが、理解できるところでもあります。
その一方で、筋を通して豊臣に与し、
数百年の風雪に耐えるだけの武勇を残して死んでいった兵たちには、
潔さ、すがすがしさを感じるとともに、畏敬の念も持ってしまいます。

ただ、こうした感情が、ずっと後の昭和の時代に、
玉砕といった、討ち死に的な戦死を美徳する風潮や、
生きて虜囚の辱めを受けず、といった、
生に執着することを恥とする不条理な教育に繋がっていく、
その遠因になったのかもしれない、などとも、思ってしまいました。
もしそうであったのなら、極めて残念な限りです。
武勇を誇って散るのはたしかに格好がいいのですが、
恥を忍んででも『したたかに生きる者』にも、温かな眼差しを向けたい、と、
本作『城塞』を読んで、最後に、そのようなことを思ってしまいました。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/581-66c73ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)