四季の森

暑かった八月もいよいよあとわずかになってきましたが、それでもまだ、
酷暑の日々は続いており、しかもまた、台風がくるとのことで、
今年の夏は、さまざまな面で、過ごしやすくはなかったかなと思っています。
酷暑のニュースは、夏になれば、毎年のように聞くように思いますので、
これから先、さらに暑くなっていくのかな、などと、
なんだか不安になってしまいます。
数年後には、夏の40度越えは、さして驚くようなことでは、
なくなっているかもしれません。

さて、そんな夏の終わりに、岐阜県の美濃地方にある、
四季の森というところで、バーベキューをしてみました。
場所は関市板取というところで、美濃といってもかなり北にあたり、
周囲は山に囲まれた静かなところです。
ここに、バーベキューが可能な数棟の個別ブースと、
棟続きになったグループ用ブースが建っています。
今回の参加者は、私たち夫婦と、ヨメの妹さん夫婦と子供たち、
計六人となりました。

○ 岐阜県関市板取 日帰りバーベキューハウス『四季の森』の情報はコチラ ~

この日は土曜日、ということで、当日は早朝から動く予定でしたが、
なかなか出発できず、しかも途中で買い物に寄ったりするなどしたため、
すっかり遅くなってしまい、結局、現地に着いたのは、お昼でした。
そんなわけで、駐車場はすでに満杯状態。
周囲には、家族づれやカップル、仲間同士でバーベキューしている人がたくさんいて、
四季の森は、なかなかの人気のようです。
近くにはドッグランもあるということで、愛犬家の方にとっても、
楽しめる施設となっています。

ただ、この日は、台風の影響もあり、空模様はいまひとつ。
現地に向かう途中には雨がぱらつくこともあり、ちょっと先が思いやられる感じでしたが、
カンカン照りもまた、暑くてつらいですから、考えようによっては、
これくらいの天候が、ちょうどいいのかもしれません。

炭をおこして

すでに妹さん家族は現地に着いており、手早く炭を起こしたりしてくれていました。
(遅れてしまって、すみません)
そんなわけで、遅掛けですが、さっそく、バーベキューをスタート。
タンを手始めに、しいたけや野菜、あつあげなどを焼いていきます。

BBQ開始

じつは私、バーベキューが苦手というか、こまめに肉や野菜の焼け具合を見たり、
網のうえに新たな食材を追加していったり、ということが、なかなかできません。
(単にズボラで、気が利かないだけなんですが…)
なので今回も、なにもせずに食べるだけです。
すみません。

ステーキだ

そんなズボラ者、怠け者の私ですが、
しっかり、ステーキとか、頂いてしまいました。
霜降りで、もう、とろけるように柔らかいお肉でした。
ああ、しあわせ。

川に降りられる

バーベキュー棟のしたには、川が流れており、
しっかりした階段が取り付けられていて、川面に降りられるようになっています。
川面にはうっすらともやが立ち込めて、なんだか幻想的な風景です。

川遊び

この日は、台風の余波が残っていたため、川の水は濁り、流れも急で、
水遊びはできませんでしたが、それでも、川面は涼しく、
多くの人で賑わっていました。

その後も、ねぎま、焼きおにぎり、手羽先、などなど、
さんざん食べました。
気がつけば午後3時、お腹もいっぱいになったところで、
おひらきにしました。

帰り道、ちょうど帰路の途中に位置しているということで、
以前にもいったことがある、モネの池へ行ってみました。
このモネの池、テレビなどで取り上げられたこともあって、かなりの賑わい。
近場の駐車場はすでに満杯で止めらそうにありません。
そんなわけで、400メートルほど離れた駐車場にクルマを止めて、
現地まで歩いて行ってみることにしました。

久しぶりのモネの池

こちらがそのモネの池です。
この日は、先にもいいましたが、台風の余波が残るあいにくの天気だったのですが、
夕方頃からは青空も覗くようになり、まずまずの行楽日和になりました。
ただ、夕暮れの斜めからの光は、写真撮影にはあまりプラスとならなかったようで、
前回のように、いい画像は撮れませんでした。残念です。

モネの池

ただ、この池、実際いみるとかなりきれいです。
私たちは、2度目の来訪ということで、やはり最初の時のような感動はもうないですが、
それでも、なかなかの満足度です。

というわけで、八月下旬の土曜日、夏の一日を満喫してきました。
また、機会があれば、風光明媚な場所で、バーベキューをしたいものです。
(でもまた、食べるだけで、食材を焼いたりとか、しないと思いますが)



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/593-0203faf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)