島左近陣跡

一昨年、去年と、岐阜県関ヶ原町で行われる、関ヶ原合戦祭に行ってきましたが、
今年も、いつものように、出陣してみることにしました。
もっとも、過去に二回も行き、各武将の陣も回っていますので、
(といっても、まだ南宮山の、毛利秀元、長宗我部盛親、安国寺恵瓊、吉川元春、
の各陣には、いまに至るも、まだ行ってないままなのですが……)
さすがの古戦場好きの私でも、もう、今年は遠慮しておこうかな、と、
当初は思っていました。

ところが今年は、この関ヶ原合戦祭が、10月21日(日曜)に行われるとのことで、
それならばぜひ、行ってみなくては、考えを改めました。
というのも、関ヶ原の合戦が行われたのは、慶長五年の九月十五日で、
これを今の暦に直すと、西暦1600年10月21日になるはずです。
ということは、今年の関ヶ原合戦祭の日は、まさに、関ヶ原の戦いがあったその日であり、
この戦場でただひとり腹を召した大谷吉継公にとっては、418年目の命日ということに、
あたるわけです。

となれば、気分も盛り上がるかも、ということで、
10月21日、私も、いざ、出陣することにしました。
といっても、午前中は野暮用などをしていて、関ヶ原に着いたのはお昼近く。
ちょっと遅がけの出陣となりましたが、それでも、
意を決して、各陣を回ってみることにします。

そのまえに、まずは陣場野そばに出ているお店で、例年のように、勝鬨カレーを食べます。
ちなみにこのとき、ひとりで屋外に座ってカレーを食べていると、
若い女の子が「いっしょに座ってもいいですか」といってきたので、
「ええっ、どうぞどうぞ」といったのですが、単に、食事する席が無いだけでした。
オジサン、ひとりで舞い上がってしましました。

そのあとは、さっそく各地を回ってみます。

井伊直政陣跡

というわけで、まず最初に行ったのが、井伊直政と松平忠吉の陣です。

関ヶ原合戦のさいの東軍の先鋒は、福島正則と決まっていたようですが、
徳川方としては、福島のような豊臣恩顧の武将に、先鋒で手柄を立てられることを、
できれば避けたいと考えていました。
というのも、福島正則は、石田三成憎しの感情で東軍に与していましたが、
亡き太閤の息子、豊臣秀頼への忠誠心は、旺盛なものがありましたし、
同時に、このとき、徳川方の主力である徳川秀忠率いる軍が、
関ヶ原の予定戦場に到着できず、
徳川家康は、豊臣恩顧の武将ばかりを率いて戦うという、番狂わせも生じていました。
このまま福島正則が手柄を立ててしまうと、戦後世界における自らの権力掌握について、
徳川方は、思惑と違う展開を強いられるかもしれなかったのです。

そのあたりの事情をわかりつつ、うまく対応したのが井伊直政です。
井伊直政は、後見という立場で預かっていた徳川家康の四男、松平忠吉を伴って、
戦場の見物と称して、朝霧のなか、
福島正則の陣に迷い込んで入り込むかたちにとりながら、
成り行きのような展開を装って、先陣を切ることに成功しました。

抜け駆けによる先鋒破りは唾棄すべき行為とであったといいますが、
直政は、この成り行きの展開を装うことで、福島正則の逆鱗にも触れず、同時に、
先鋒の武勲を立てるという、きわどい政治的行動を成功させたといいます。

ちなみに、この陣跡のすぐそばには、討ち取られた将兵の首塚があります。
物見遊山で戦場を回るわけですから、礼儀として、亡き将兵の獅子奮迅の働きに敬意を表し、
お参りをさせていただきました。

というわけで、その後は、陣馬野を経由し
途中、田中吉政の陣跡などにも寄りつつ、
石田三成陣跡である笹尾山へと向かいました。

笹尾山ではイベントの真っ最中。
コスプレした各武将隊が、旗指物のまえで、槍や太刀をかまえ、ポーズを決めていました。

石田三成隊

こちらは、石田三成隊です。
石田三成を演じている人は、おそらく、去年と同じ人かと思います。

大谷吉継隊

大谷吉継隊は、いちばん人気があるようでした。
大谷吉継は、関ヶ原合戦のさい、重い病のため、たちあがることもままならず、
輿のうえで采配を振るったといいますが、こうして、堂々と立ち上がる吉継公は、
いかにもかっこいいです。白い頭巾がかっこいいです。

小早川秀秋隊

この鎌の旗指物は、小早川秀秋隊ですね。
関ヶ原では、大いなる裏切り者として、名を馳せていますが、
そこがダークヒーロー的な感じなのか、意外と人気があるようでした。
まあ、良くも悪くも、関ヶ原合戦のキーマンですから……。

笹尾山台上

こちらは笹尾山台上です。
418年前の同じ日、この大地のうえには、鬨の声が、響き渡っていたのでしょうね。
そう考えると、なんだか不思議な気がします。

笹尾山では、その後も武将隊によるパフォーマンスが行われていましたが、
私はひとり、各陣を回るため、この場をあとにしました。

島津義弘陣跡

次に行ったのは、薩摩の島津義弘の陣跡です。
一時は徳川方に与しようと思っていたのに、伏見城の鳥居元忠から拒絶されたりして、
成り行き的に西軍に加わることになった薩摩勢ですが、
石田三成からの冷たい処遇などもあり、合戦当日には、
陣を構えながらも積極的に戦うことなく、いよいよ西軍が総崩れになると、
薩摩勢は撤退を決意します。

が、撤退するといっても、周囲は敵だらけ。
とはいえ、伊勢街道に出て薩摩まで逃げ帰りたい島津義弘は、
なんと、徳川方に向かって、前進して戦って撤退する、という、
奇策に打って出ます。
薩摩勢、すごい。

宇喜多秀家陣跡

そのあと行ってみたのは、宇喜多秀家の陣跡です。
福島正則隊を大いに叩いた宇喜多勢ですが、小早川の裏切りで潮目が変わってしまった戦を、
ふたたび反転させることはできませんでした。

大谷吉継墓

そして、次に行ったのは、自分としては、今回の目玉といっていい、大谷吉継の墓参りです。
これまで、各陣を巡ってきましたが、小西行長の陣跡に人がいたのみで、
ほかの場所では、誰ひとりいませんでした。

ですが、大谷吉継のお墓のある場所には、次から次へと人が現れ、手を合わせていました。
吉継公の人気の高さを、ふと思い知る気がしました。
というわけで、私も、しっかりとお参りをさせていただきました。

ちなみに、お墓に不用意にカメラを向けるのは、不謹慎というか、
なんとなくためらわましたので、墓の写真はありません。すみません。

藤堂高虎陣跡

こちらは、藤堂高虎と京極高知の陣跡です。
前回はこなかったので、ひさしぶりの訪問です。
ちなみにこちらは、学校の敷地内にあります。

福島正則陣跡

福島正則の陣跡にも寄ってみました。
なにしろ、藤堂勢の陣跡から近いですし。

松尾山へ

そして、今回もいきます、松尾山の小早川秀秋の陣跡へ。
ここからはきつ〜〜い道のりになりますが、やっぱり、
関ヶ原にきたからには、いっておかないと。

坂道を登る

ひたすら山道を登ります。
このあたりはまだ傾斜もなだらかですが、終盤になると、
階段状になった道もあって、きついです。

松尾山小早川秀秋陣跡

でも、ヘロヘロになりながら、たどり着きました。
もちろん、誰もいません。
小早川秀秋の陣跡、独り占めです。

そのあとも、延々と、延々と歩いて、
薩摩勢が最後の決戦をしたという、鳥頭坂に向かいます。
これが長かった。

島津豊久墓

こちらも、なんとかたどり着きました。

徳川勢に向かって前進して撤退する道を選んだ島津義弘ですが、
当然のことながら、かなりの苦戦をしいられました。
薩摩勢は、要所要所に兵がとどまり、その兵が命を捨てる覚悟で、
追っ手と戦っているあいだに、本隊が逃げる、という戦法を、何度もとったといいます。
この戦法はステガマリと呼ばたといいますが、
実際に島津義弘は薩摩まで逃げ帰っていますので、
十分な効果を上げた戦法といえるかもしれません。
ただ、その犠牲は甚だしく、ともに戦っていた島津豊久は、
この地で討ち死にしたともいわれています。

ちなみに、このすぐそばに、立派な豊久公の墓碑があります。

その後は、関ヶ原の駅に向かいつつ、途中、本多忠勝の陣跡に寄ったりしてきました。

結局、今年も、ものすごく歩きました。
その結果、またしても、足の爪をひとつ剥がしてしまいました。
でも、こういうことでもない限り、長距離を歩く機会がありません。

健康のためにも、関ヶ原ハードウォーキングは、続けたほうがいいのかもしれません。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/597-18aeef3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)