三式戦 飛燕

さて、ちょっと前の話になってしまいますが、今月の4日に、
岐阜県各務原市にある、航空宇宙博物館に見学に行ってきました。
今回は、その時の模様などを、いくつか写真を交えて、紹介したいと思います。
4日の日曜は、あいにくの雨になってしまい、お出かけをするには不向きな日でした。
ですが、こんな日こそ、屋内施設に出かけてみよう、ということで、
急遽、航空宇宙博物館への見学を思い立ちました。
なにしろ、この博物館では、旧陸軍の戦闘機、三式戦『飛燕』の実機展示が行われており、
私も、この機体を見学に行きたいと思いつつも、なかなかその機会がなかったのですが、
この雨の日曜日に、満を持して出かけてみることにしました。

とはいっても、ここ岐阜市から、各務原市まではとても近く、
クルマであれば、およそ三十分くらいで着いてしまいます。
もっとも、この近さゆえに『いつでも行けるから』という思いがあって、
いままで、見学をする機会がなかったといえるかもしれません。

ただ、この日も、午前中はほかのことをしていたりと、ちょっとバタバタしていて、
結局、お昼ご飯を食べてから、各務原に出かけることになりました。
ところが、途中、渋滞に引っかかるなどして、思いのほか、
現地到着までに、時間がかかってしまいました。
(国道21号線は、いつも混み合ってしまうものなのですが……)

目的地の各務原航空宇宙博物館に着いたのは、すでに午後二時過ぎ。
予定よりもちょっと遅くなりましたが、さっそくチケットを買って入場してみました。
館内は、とても多くの人で賑わっていました。
この施設の人気はとても高いようです。

じつは私は、十年以上前、この各務原航空宇宙博物館には、一度、来たことがあります。
ですが、その当時といまとでは、展示の仕方などが大きく変わっているようでした。

サルムソン2A2

こちらは、サルムソン2A2という偵察機だとのことです。
実機ではなく、復元された模型とのことですが、この機体は、かつて、
この博物館を訪れたさいにも、見学した覚えがあります。
クラシックな複葉機は、味わいがありますね。

ライトフライヤー

そのうえには、ライト兄弟が飛行に成功させたという、
ライトフライヤーが展示されていました。
ただ、天井から吊るすかたちでの展示ですので、細部を間近で見ることはできません。
展示スペースが限られているので、こうした吊るし型展示も、
やむを得ないところではありますが、できれば間近でディティールを見たいものです。

飛燕展示室

そして、次の展示室に進むと、そこにはすでに飛燕の勇姿が……。
その姿が目に飛び込んでくると、なんともいえないオーラのようなものを感じました。

胴体

機体は無塗装状態です。なので、撮影すると、モノクロ写真のような、
色彩を欠いた不思議な印象になりました。

私は、飛行機のことは詳しくないのですが、
この機体のフォルムは、やはり、ドイツ空軍のメッサーシュミットMe109に、
とてもよく似ていると思います。
とくに、エンジンの排気管の位置や、キャノピーのあたりは、
非常に類似しているのではないかと思います。
もっとも、この機体のエンジンは、メッサーシュミットと同様、
液冷V型エンジンを逆さにして搭載していますので、
どうしても、形状において、メッサーとの類似が出てしまうのかもしれません。
(イタリアのマッキも、似ていますよね)
ただ、メッサーの脚の折りたたみ方式と、飛燕の折りたたみ方式は逆になっており、
また、機体下端のラジエーターの空気取り入れ口も、メッサーと違って、
大きく張り出しており、このあたりは、この機の独自性のようなものを、
感じさせるかと思います。

機首部分

こちらは機首部アップ。鋲の位置などがよくわかります。
また、主脚格納庫はライトアップされていました。

キャノピー部分

キャノピー部は、一部、最近になって改修されたところなどもあるようです。
しかし、機体の多くの部分は、当時作られたオリジナルのようです。

上方から

施設には階段であがる中二階部分もあって、
優美な機体を上部からも見学できるようになっています。

倒立V型エンジン

こちらが、飛燕に搭載されていた、液冷のV型エンジンです。
逆さに搭載(倒立)されるので、カムカバーがしたにきています。

それにしても、なぜ、このように、逆さ状態でエンジンを搭載したのか。
そのあたりを、館内にいた職員の方に聞いたのですが、
このように、逆さ状態にすることによって、エンジン上部に、
機銃の銃座を取り付けることができるという利点があり、
また、機体の下方からエンジンの整備ができる利点もあったといいます。
しかも、被弾にさいしても、メリットがあったといいます。

さらに、張り出してしまうカムカバー部分がしたにくることで、
コクピットからの視界を確保するという利点、
加えて、排気管がしたにくるため、仮にオイルなどが漏れても、
キャノピーを汚す可能性が低くなるという利点までもあったといいます。

そうした点を考えると、倒立によるエンジン搭載は、いいことづくめのように、
思われていまします。

ただ、液冷エンジンは、当時の日本の技術力では、生産も整備も、
難しかったようで、機体の稼働率という面において、思惑通りにはいかなかったところも、
あったようです。

また、エンジンの生産は思うようにはかどらず、一方で機体だけは、
計画通り生産が進んでしまい、一部の飛燕の機体は、
空冷エンジンを積んだ『五式戦』として、生産されることになりました。

ちなみに、この飛燕を含む戦闘機には、
木製の増槽(予備燃料タンク)が搭載されていたといいますが、
その生産の多くは、私の出身地である、飛騨高山で多くが生産されたといいます。
実際、私も、高山で木製の増槽を作っていたという話は、子供の頃に聞いたことがあり、
木工製品の製造を得意とした高山らしいエピソードといれるかもしれません。

その増槽の実物の展示もされていたのですが、
職員の方とのお話に夢中になってしまって、撮影するのを忘れてしまいました。
残念です。

計器板

また、こうした計器類の展示や、飛燕に付随する展示も多くなされていました。

水上機

次の展示ブースは、大型の格納庫となっており、たくさんの機体が集められていました。
こちらは、大型の水上機のようですが、名称はわかりません。
こんな機体があったんですね。

F-104

こちらは、最後の有人戦闘機と呼ばれた、ロッキードF-104です。
すでに退役して久しい戦闘機ですが、いま見ても、直線的なフォルムはかっこいいですね。
また、機体のあちこちに書かれた注意書きも、メカ感をより高めているような、
そんな気がします。

T-2

こちらは、自衛隊の練習機T-2だったかな。
以前、浜松の航空自衛隊の基地で、コクピットに乗せてもらった機体かと思います。

飛鳥

STOL実験機の飛鳥の実機も展示してありました。
多大な研究費を投じて開発されたにもかかわらず、STOL機の需要がなくなり、
実験機の一機のみの生産で終わったという機体です。

P-51用エンジン

こちらは、アメリカ軍のP-51ムスタングなどに搭載されたという、
液冷エンジンです。こちらは、飛燕と違って、倒立にはされず、
カムカバーが上部にきています。
なんとなく、このほうが、見ていて安心しますね。

宇宙服

この時期は、宇宙関係の展示も広くされていました。
小惑星探査機のはやぶさや、宇宙実験室の展示などもありました。

というわけで、館内の見学を一通り終えて、そのあとは、屋外の展示物を、
見てみることにしました。

YS-11

こちらは、YS-11です。
ただ、屋外展示ですので、機体のコンディションは、
あまりよいものとは言えないようでした。

こうして、雨の日曜は、飛燕をはじめとする航空機見学で終わりました。
なかなかに有意義な一日でした。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/598-9bca38a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)