ぎふ清流里山公園

さて、2019年もはじまって、すでに半月以上がたってしまいました。
すでに松の内もとっくにすぎているので、いまさら、新年の挨拶もどうかと思いますが、
この新しい年も、当ブログ『k's bar』を、どうぞよろしくお願いいたします。

というわけで、今年最初の話題ですが、ここ岐阜市から比較的近いところにある、
ぎふ清流里山公園に行ってきたことなどを、ちょっとご紹介したいと思います。
このぎふ清流里山公園というのは、以前は、日本昭和村と呼ばれており、
中村玉緒を名誉村長 / イメージキャラクターとして、いまから15年ほど前に、
オーブンしました。
私もその当時、たしか二度ほど、行ったことがあるかと思うのですが、
当時、この施設は、入場料が必要でした。
ですが、昨年、名称をぎふ清流里山公園に変更してからは、
無料で解放されることとなり、大いに賑わっているとのことで、
先日の成人の日に、行ってみることにしました。

というのもこの日、当初は、このぎふ清流里山公園にいく予定はなく、
絶好の好天にもかかわらず、行き先をどうしようか、ヨメと思案していました。
遠出するには、ちょっと出発が遅かったのです。
このようなとき、近場の施設は、お出かけには、まさにうってつけという感じでした。

ちなみに、この日の前日の日曜も、たいへんな好天でした。
そんな青空に誘われて、こちらもまた近場ですが、
墨俣一夜城などにも、ちょっと寄ってみたりしました。

墨俣一夜城

こちらがその墨俣一夜城です。秀吉が信長に仕えていた当時、
(当時の秀吉は、まだ、木下藤吉郎と名乗っていたかと思います)
美濃攻めの拠点として気づいた城のはずですが……。

ご覧のように白亜の立派なお城です。
墨俣一夜城が築かれたのは、永禄といいますから、
間違っても、このようなお城だったはずがありません。
私は、この時期の城の様式や、信長の美濃攻めについて、知識が豊富ではないのですが、
(このあたりについては、司馬遼太郎の国盗り物語を読んだ程度の知識しかないです)
おそらくは、簡素な砦のようなものだったのではないでしょうか。

なんかこれはちょっとひどくないか、と、思ってしまいます。
なにしろ、大垣城よりも立派ではないですか……。

木下藤吉郎秀吉像

城のたもとには、木下藤吉郎秀吉の立派な像がありますが。
この城を草葉の陰から見た亡き太閤殿下は、首を傾げておられるのではないでしょうか。

資料案内板

当時の墨俣一夜城を忍ばせる資料が、看板として展示してありました。
歴史的に意味のない城を建設するよりも、こちらをぜひとも復元してほしいですよね。

城の入場料はたいした金額ではないのですが、
なにしろこのときはヨメもいましから、入場はあきらめ、
とりあえず、この日は、帰宅することにしました。
お天気がいいのに、ちょっともったいなかったですね。

というわけで、話が少し前後してしまいましたが、
話題を、ぎふ清流公園に戻します。
この日は祭日ということで、やはり、ぎふ清流公園の駐車場は、とても賑わっていました。
あたりには、家族連れの楽しそうな声があふれています。

さっそくゲートへ。
以前はこのゲートで、入場料を支払って、なかにはいっていたわけですが、
いまは無料開放となったため、そのままフリーで入れます。
ちょうどこのとき、ゲートに、施設内の昭和座というところで、
ジャズコンサートをやっている告知看板がでていました。
コンサートの開演は、午後二時だということですが……。
すでに午後二時を五分ほど回っています。

冒頭はちょっと欠けてしまったけど、いまからいっても、
間に合うかも、と思い、ヨメともども、昭和座に向かって駆け出しました。

昭和座

こちらがその昭和座です。
すぐになかに入ってみました。

yumeさんとトムさん

出演されていたのは、おふたり。
ボーカルは、美濃加茂出身のシンガーyumeさんだそうです。
ギターはトムさんとおっしゃるそうです。
yumeさんは全国デビューもされているそうです。
日曜のひととき、おふたりの演奏で、楽しませていただきました。
また、機会があれば、ぜひ、お聞きしたいです。

里山公園内

そのあとは、園内をいろいろと散策してみました。
私はここにやってくるのは、十五年ぶりくらいかと思いますが、
当時とは、いろいろと様変わりしているのかなって思いました。

パビリオン

こちらはやまびこ学校という古い校舎。
このなかでは、昭和パビリオンという展示がされていました。

マツダの車両

こちらはダイハツミゼットではなく、マツダの作った車両です。
ダイハツのミゼットは、比較的、旧車イベントなどで、
見かけることがあるのですが、このマツダの車両はめずらしいですね。

昭和の生活

昭和の家庭のようすが再現されていました。
1/1ジオラマという感じですね。
テレビなどがなつかしいです。
(と思う、ワタクシ昭和三十七年生まれ)

昭和の商店街

こちらは、昭和の小さな商店街を再現したものです。
レコード店の店頭には、なぜか、郷ひろみのレコードがひときわたくさんありました。
こういう展示、楽しいですね。

というわけで、やまびこ学校を見学したあとは、
園内のさらに奥にある場所へと行ってみます。
以前こちらにきたときには、こういう施設はなかったはず……。
きっと、増築されてできたんでしょうね。

迷路

なんと、藁製の迷路もありました。
といっても、大人が入ると、迷路を俯瞰できて、すぐに出口がわかっちゃうんですが。

脚こぎボート

園内には堀もあり、そこには脚こぎ用のボートがありました。
天気がいいですから、ボードを漕ぐのも楽しそうですね。

開戦後の新聞

こちらは、朝日村役場のなかにあった、昭和十六年十二月の新聞記事です。
なんだか勇ましいタイトルと記事ばかりが踊っていますが、
このおよそ三年と半年強で、敗戦となります。

というわけで、好天のなか、ぎふ清流里山公園を思いっきり堪能してきました。
近場過ぎてなかなかいままで訪れる機会がなかったのですが、
いざ、園内各所を巡ってみると、とっても楽しかったです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/602-aba2941f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)