長命寺石段

早いもので、2019年の一月も終わろうとしています。
そんな一月最後の日曜日、ヨメのプジョーで、
近江の古刹である『長命寺』に、行ってみました。
このお寺、以前、MINIで琵琶湖畔をドライブしたとき、看板を見つけたのですが、
そのときはスルーしてしまい、その後も、何度も滋賀県にくることはあったものの、
行く機会がなく、今回、はじめて、参拝させていただくことになりました。

ここ岐阜市から長命寺に行くには、まず、西の関ヶ原方面へと向かって、
滋賀県へと入り、米原市から湖岸道路に入って、
そのまま、琵琶湖沿いに南進するかたちになります。
前日に冷え込みがありましたので、関ヶ原のあたりはやはり雪がありました。
新幹線も、関ヶ原に降る雪で悩まされたりすることもありますよね。

この日、天気予報では晴れだったのですが、実際には、
ときおり鈍色の雲が垂れ込む、あいにくの空模様。
しかも、わずかな時間でしたが、小雨もパラついたりして、ちょっと、
残念な感じでもありました。

じつはこのとき、目的地としていたのは、石山寺に行ってみようとしていたのですが、
距離的にちょっと遠いかな、という話になり、もっと近場の、
長命寺に目標を変更しました。
石山寺に行きたいのはやまやまでしたが、もともと長命寺にも行ってみたかったので、
まあ、これはこれでよかったかなと思っています。

というわけで、長命寺に到着したのですが、登り道には、
大型車の通行をさえぎるようなポールがたっていました。
おそらく、山道はとても細く、そのために、こうした措置がしてあるのだと思います。
さすがのヨメも、この先にプジョーを乗り入れる勇気がなかったようなので、
私がひとり、斥候として、坂道を徒歩で昇ってみることにしました。

さすがに細い道ですが、もともと飛騨高山に住んでいた私たちにとっては、
それほどの難所ではなかったかもしれません。
なにしろ、飛騨には、安房峠などといって、さらなる交通の難所がありますからね。
ちなみに、この間、写真を撮っていませんでした。
すみません。
でも、帰り道に写真を撮っておいたので、また、後ほど、ご紹介したいと思います。

というわけで、斥候として坂道を登り続ける私でしたが、
そんな私の帰りを待ちきれず、ヨメがプジョーで道を登ってきました。
途中で拾ってもらって、さらに坂を登って行ったのですが……。

長命寺駐車場

どうにか駐車場に到着。けっこう広かったです。
しかも、ほかにクルマの姿はまったくありません。

長い石段を登って

駐車場を奥に進むと、石段が。
じつはこの石段、ずっと下から続いていたようです。
登り口がしたにあったことを、このとき、初めて知りました。
こんなことなら、真剣に登り口を探したんですが。

もはやすでにクルマでここまであがってきてしまったので、
とりあえず、石段の途中からになりますが、登って行くことにしました。
ちなみにこの石段、したからだと800段を超えるそうで、
登るのは、なかなかにたいへんそうです。
でも、次回、こちらにくることがあったなら、ぜひ、この石段の全踏破をしたいところです。

さらに石段を登る

ようやくにして、長命寺到着。
急峻な山の斜面に立つお寺、ということで、うえに行けば、眺めも良さそうです。
それにしても、とてもいい雰囲気です。きてよかった!。

琵琶湖一望

さらに石段を登って、本堂へと行ってみます。
ここからは、琵琶湖が一望できました。
やっぱり、すばらしい眺めですね。

長命寺本堂

さっそく、本堂で参拝をさせていただきました。
また、本堂には、びんずるさまの像もあり、お身体を触らせていただきました。
(びんずるさまを見ると、長野の善光寺を思い出します)
渡り廊下を通って、三仏堂というお堂も参拝。
そのつぎに、護法権現社という社殿を参拝させていただきました。
(こちらは、神社になるのでしょうか)

建立はたしか永正だったでしょうか。
その後、永禄の時代に再建されたとのことでした。
信長の時代ですよね。
(ただ、寺の建立自体は、もっとずっと古いようです)

三重塔

こちらは三重塔です。
建立は慶長二年か、三年ごろだったかと思います。
秀吉が亡くなった頃ですよね。
そう思うと、極めて貴重な文化遺産、建築遺産かと思います。

というわけで、各所をしっかり参拝してきました。
(もっとも、奥のほうにあった神社は、足元が悪く、断念しました)

駐車場まで帰ってくると、どっとクルマが増えていました。

帰り道

ちなみにこちらは帰り道。
つづら折れの坂道を下っていきます。

こうして無事下山完了。
すぐそばには琵琶湖が広がり、曇っていた空も晴れ、
とても気持ちよかったです。

ほんとうの石段のはじまり

ちなみに、最初は気がつかなかったのですが、
八百八段の石段の入り口は、山のふもとの神社の横にありました。
最初に気がついていれば、この石段を登って、長命寺まで行ったのですが、
途中までクルマで行ってしまったことは、ちょっと残念でもありました。
次回は、この石段を最初から登ってみたいと思います。

琵琶湖

この日、お天気はいまひとつで、ときおり小雨もぱらつくことがあったのですが、
しだいに青空も垣間見えるようになり、下山してきた頃は、
なかなかの好天になっていました。
青空と湖、眺めていて気持ちいいです。

琵琶湖沿いを行く

帰りは琵琶湖畔をドライブ。
このあとは、ずっと好天が続くこととなりました。
琵琶湖は当然のことながら、淡水なので、車のボディにはやさしいですよね。
今度はまた、MINIできてみなくては。

こうして、一月の近江を堪能してきました。
ですが、次回こそ、石山寺にまで足を運んでみたいものです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/603-bea039a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)