ダリ展看板

24日の日曜は、名古屋に行ってきました。
この日は、名古屋市内で、「中京AFVの会」なるものが開かれ、
まずはその会に参加するために、そぼ降る雨のなか、名古屋まで行ったというわけです。
(しかも、エアコンのないMINIで…)

AFVとは、Armored Fighting Vehicleの略で、
日本語に訳すと「装甲戦闘車輛」という意味になります。
つまり、AFVの会とは、軍用車輛の模型愛好会とでもいうべきものなのです。
(まあ、はっきりいって、戦車オタクの会ですネ)

この会の最大の呼び物は、集まったみなさんの模型作品コンテストです。

以前は、私も、この会のために、
積極的にジオラマなどを作っては持ち込んでいたのですが、
いまは、そんなことをする時間もなく、もっぱら、見る側に回っています。

さて、午前十時の開会に遅れること二十分、どうにか会場に到着しました。
そして今年も、みなさんの力作をつぶさに拝見することができました。
(なのに、会場の写真を撮るのを忘れてしまいました。すみません)

ちなみに、私がかつて作っていた戦車ジオラマとは、
こんな↓モノです。
Kentaro Nobayashi Art Works

会は午後四時までみっちりとあるのですが、私は、午前中のみで切り上げ、
午後からは、名古屋の町中へと向かうこととしました。
名古屋市美術館で、「ダリ展」が開かれていたからです。

先日、岡崎市美術博物館で開かれた「シュルレアリスム展」で、
いくつか、ダリの作品を見ましたが、今回の催しでは、さらに多くのダリ作品を、
間近で見ることができるはずです。
そんなわけで、期待に胸膨らみます。

というわけで、名古屋市伏見のタワーパーキングにMINIを止め、
名古屋市美術館に向かったのですが…。

外は本降りの雨。もう、シャツの袖も、靴の中も、ビショビショです。
足下の悪いなか、ようやく会場にたどり着くと…。
なんと、美術館の前には、大行列ができているではないですか。

名古屋市美術館

写真で見ると、たいした行列にはみえないんですが、実際には、
けっこう長い列でした。

晴れていれば、並ぶのも苦ではないのでしょうが、さすがに、
この雨の中、列に並ぶ忍耐力がありませんでした。
(いっしょにいったヨメも、私と同じ思いでした)

というわけで、ダリ展は、平日に見に来ようということになり、
断腸の思いで、会場をあとにしました。
(根性のない私たちです)

その後は、名古屋の中心地「栄」に行き、
地下街や百貨店でショッピング。
雨はますますひどくなり、行楽にはまったく不向きの日曜でしたが、
なんとか、楽しく過ごせました。

ただ、ダリが見られなかったことが、心残りです。
なんとか、近いうちに、万難を排して行かなくては…。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント

KENさん、中京AFVの会でお会いしたほにゃにゃわらです。会場でのお話はとても楽しく、なるほど、エアブラシのプロの方だなー。と関心いたしました。
当日の雨はジオラマを持って、公共交通機関で移動するのには、まったく困ったものでした。来年はよい天気でありますように。
ちなみに私は小学生の頃に少年マガジンでエッシャー、マグリット、ダリを知りました。高校生の時ダリ展がありましたがテスト期間中で行かなかった記憶があります。テスト勉強もたいしてしないのに...
ほにゃにゃわら│URL│07/01 21:45│編集

ほにゃにゃわらさん、こんばんは~~!!。
コメント、ありがとうございました。
なのに、レスが遅くなっちゃって、ホントにスミマセン!!。

AFVの会の時は、ほにゃにゃわらさんと、
いろいろとお話しできて、楽しかったです。

あっ、ところで、ジオラマを持って、
公共交通機関で移動するのは、たいへんですよネ。
僕も、その昔、梱包したジオラマを持って、
名鉄や地下鉄に乗ったことがありますが、
そのときは、かなり神経を使いました。
模型の搬入は天候がよくてもたいへんなコトなのに、
雨が降ったりしたら、その苦労は倍増しますよネ。

来年のAFVの会は、ぜひ、晴れて欲しいと思います。

それから、ほにゃにゃわらさんは、
小学生の頃に、すでに、ダリ、エッシャー、マグリット、を
知っていたんですか!?。
すごい!。
僕は、学生時代に、ようやく、マグリットを知った次第です。
(はずかしいですネ)

ちなみに、僕も、テスト勉強は、ぜんぜんしませんでした。
(テスト期間中も、タミヤの戦車、作っていました。トホホです)
KEN│URL│07/03 22:01│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/62-17b6f87d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)