合成イラスト

池田書店さまより、今年6月に発売された、
『新しい腸の教科書 健康なカラダは、すべて腸から始まる』の、
表紙装丁イラスト、および中面のメディカルイラストレーション全10点を、
担当させていただきました。
この書籍の著者は、カリスマ胃腸専門医として知られる、江田証先生という方で、
昨日、TBS系列で放送された『この差って何ですか?』にも、出演されていました。
(番組内でも、先生のお書きになった他の書籍も含め、本書も映っていました)

また、本書籍『新しい腸の教科書』も、売り上げがたいへん好調で、
発売から4カ月余りにもかかわらず、すでに7刷、50,000部に達したとのことです。
(好評を博している書籍として、業界紙文化通信にも掲載されました)
短期間のうちに50,000部も売り上げるというのは、まさに大ヒットで、
イラストを担当させていただいた私としても、たいへんうれしく、
また、光栄に思う次第です。

○ 池田書店さま 新しい腸の教科書 健康なカラダは、すべて腸からはじまる ~

今回、江田先生が番組に出演され、書影が放送されたことで、
さらに飛躍的に、本書の売り上げが、伸びるのではと思っています。
腸の状態を気にかけていらっしゃる方、また、腸に限らず、日々の健康に、
関心をお持ちの方には、ぜひ、手に取っていただきたいと思っています。

小腸の図

さて、本書では、まずはじめに、
中面に掲載のメディカルイラストレーションから製作をはじめました。
今回は、腸の教科書、と銘打たれた書物ですので、いうまでもなく、
腸をはじめとした、各臓器のイラストレーションを描くこととなりました。
が、私個人としては、腸のイラストというのは、さまざまなメディカルイラストレーションのなかでも、
ちょっと苦手な部類に入るかもしれません。
というのも、腸は、いうまでもなく、グネグネと複雑にのたくっていますし、
また、色的にも単調で、美しく仕上げるのが、なかなか難しい部位でもあります。

また、製作に関しても、表紙想定イラストを含め、
腸を斜めから見た状態のものがあり、非常に難儀しました。
というのも、医学書などの書籍には、腸を正面から見た図しかなく、
斜めアングルの資料というのは、極めて乏しいのです。
仕方なく、海外のサイトなどを参考に、また、腸の側面図などを見て、
状態を想像しつつ、作画しました。

腸側面図

もちろん、正確を期す意味で、下書きの鉛筆スケッチを起こし、
監修を受けつつの作業となりました。
(下書きを作らず、いきなり作画ししまうことも多々あります)

腸管カットモデル図

また、腸内を切断してみせる構造図や、
絨毛の構造図などは、Shade3Dを使って、基本の立体物を作り、
その後、ペイントソフトで仕上げるという方法をとりました。
うえのイラストでは、基本的な構造部分はShade3Dを使って製作されています。
細部の表現やハイライト表現などは、ペンタブレットで描かれています。
Shade3Dのマルチパスレンダリングを使うと、各部の選択範囲をとることが容易で、
重宝します。

腸の内壁拡大図

絨毛構造図

こちらのふたつも、Shade3Dによるモデリング、レンダリング、
その後の加筆、という方法で作画しています。
この方法を用いることで、正確なパースと、陰影を正確に知ることができ、
後の仕上がりにおいても、差が出るかと思います。
(ただ、後に加筆にすることを前提にしていますので、
モデリング自体は、かなり粗い状態で作っています)

新しい腸の教科書表紙

表紙のイラストは、モデルさんの写真との合成というかたちになりました。
モデルさんの写真はあらかじめ用意されていましたので、そのアングルに合うよう、
イラストを合わせるというかたちになります。
というのも、同じアングルの資料などなく、こちらも、最初の鉛筆スケッチの段階で、
いろいろと苦労しました。

また、このイラストは、中面仕様の各メディカルイラストレーションよりも、
もう少し明るく、さわやかに仕上げたいという意向もいただきました。
ですので、かなりトーンを上げ、グロテスクな印象を持たれないよう配慮しました。
(実物らしい色にこだわるよりも、イメージ優先という感じです)
かといって、リアル感も失われないようにしたつもりです。

モデルさんに薄く輪郭線を入れることで、写真とイラストとのあいだに、
一種の統一性のようのものが生まれ、違和感がなくなったと思っています。

胃の内面

今回は、ちょっとひさしぶりのメディカルイラストレーション製作となり、
ちょっと感覚が鈍ったかも、と思う場面も多々ありましたが、こうして無事書籍となり、
また、好評を博していることに、気持ちも高ぶっています。

腸の全景図

今後もまた、同様のお仕事をする機会も、多数あるかと思いますので、
ひきつづき、精進を続けていきたいと思っています。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/622-1ea89818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)