バルクアームa

収まる気配どころか、いまや爆発的感染の兆候を示しているコロナウイルスの蔓延ですが、
日々ニュースを見ていると、なんだかSF映画を見ているような……、
そんな気持ちになってしまいます。

実際、ウイルスによる人類の危機を描いた作品って、とても多いのではないかと思います。
私が子供のころ夢中になって読んだ漫画に『ブルーシティ』という作品がありましたが、
これは、地球に飛来した隕石に付着していたウイルスにより、人類が絶滅し、
海底都市にいた人たちだけが生き残る、という設定がなされていました。
そのほかにも、角川映画の『復活の日』や『地球最後の男オメガマン』、
最近の作品だと『アウトブレイク』や『感染列島』などがありますし、
また、ゾンビ映画の『アイアムヒーロー』『バイオハザード』も、
同様の系統の作品といっていいかもしれません。

エンターテインメントのなかでは、ウイルス蔓延という設定は、
ごくごくありふれたものだったわけですが、実際の世界では、
いまひとつリアリティがないものだったのでしょうか……。
多くの先進国が、適切な封じ込めもできないまま、
いまや、未曾有の事態を迎えつつあるようです。
このままでは、第二次世界大戦に匹敵するような事態になるのではないかと……、
もしかすると、それを上回るカタストロフになるのではないか、などと考えて、
日々、戦々恐々としています。
(大げさに考えすぎでしょうか)

いずれにしても、これ以上感染拡大が広がらないことを祈るばかりです。
高血圧という既往症がある私にとって、
コロナウイルスの罹患は、死活問題となりそうですから……。

MINIの話題も少し……

さて、そんな話をしていても、もうどうしようもないので、本題に。
まず、先日、MINIのオイル交換をしました。
もっとも、昨年九月にオイル交換をしてから、ほとんど長距離を乗っていないのですが、
交換後半年が経過したということで、グリスアップやエレメント交換を含め、
一気呵成にやってしまいました。

オイルはいつものようにバルボリンの鉱物油20w-50です。
ホームセンターのビバホームでは、この硬いオイルを常にまとまった数で在庫していて、
旧車乗りには、たいへん重宝します。

写真を掲載しても、いつも同じになってしまいますので、今回は割愛しますが、
いつもように、タイヤを外し、グリスアップして、タイヤハウスの内側などに、
ノックスドールを塗布し、ブレーキクリーナーでローターやパッドを洗浄しました。
エレメントはマーレのOC21を使用しています。

というわけで、オイル交換完了となりましたので、もし天候に恵まれたら、
出かけたいと思っています。
ですが、そのさいは、このご時世ですので、
可能な限り下車することなく、しかも、人口密集地を避け、
人と接触しないようにしなくてはならないわけですが……。
なんとも窮屈なことですね。

グリー系の色に塗装

しかも、これからは、なにかとヒキコモリ生活をしなくてはならいということで、
(我が県でも、将来、外出を控えるよう要請される事態に陥るかもしれませんから)
遠ざかっていたプラモデル製作にも、ちょっこっと手を出したりしています。

正面の姿

こちらは、以前に当ブログでも少し触れた、バルクアームαです。
濃いブルーのプラだったものをグリーンに塗装し、
デカール貼りも済んで、いよいよ、ロボットのフォルムが見えてきました。
もともと、ボトムズが好きな私は、スマートで足の長いロボットが苦手で、
こうした、無骨なフォルムが好きです。

後ろ姿

腕に付属する大きな大砲は、まだつけていません。
というか、あの大砲、長砲身のため、けっこう取り回しがたいへんそうです。
モデリングサポートなどの別の武装を取り付けるか、武器だけスクラッチしたほうが、
いいかもしれないと思っています。

胸部と頭部

細部のデカールは、Vertexというメーカーのコンビネーションデカール02を使いました。
デカールのうえからけっこう派手にフラットクリアーをかけたのですが、
ヒビ割れを起こすこともなく、また、シルバリングを発生させることもなく、
きれいに仕上げることができました。
(貼り付けるときには、マークセッター、マークソフターを使っています)

それにしても、この無骨なデザインは、いかにも兵器らしいイメージで、かっこいいですね。
ボトムズ的な世界観、フォルムといったところでしょうか。
このバルクアームは、コトブキヤというメーカーが展開するオリジナルのもののようで、
原作のアニメや映画、漫画があるわけではないみたいですが、そのぶん、
模型メーカーが自由にデザインしたようで、関節の可動方法などについては、
独特の仕様になっています。
大きさも値段も手頃で、パーツの合いも確かで、接着剤を使用しなくても、
嵌め合わせのみでも、パーツの固定が充分できます。
ただ、それゆえに、塗装してしまうと、各部の合せがきつくなってしまうので、
注意が必要です。

バンダイのスコープドッグ

でもってこちらは、本家ボトムスに登場するスコープドッグです。
バンダイ製の1/20のキットなのですが、なんとこのキット、
買ったまま、十年以上も放置していました。
(昔買ったものに手をつけるのは、お金がかかりませんしいいですネ)

しかし、十年以上も昔のキットとはいえ、完成度は極めて高いものになっています。
操縦席部分はスライド金型を用いて一発で整形してあり、
また、各パーツとの合いも、極めて良好で、
接着剤を使用しない、スナップフィットキットといってもいいくらいです。
パーツを嵌め込み、押し込むだけでしっかり固定されます。

ガンダムのプラモデル開発で培われたノウハウが、遺憾無く発揮されている、
という感じですね。すごいです。

コクピットのパーツ

というわけで、胸部コクピット部分の製作も進めています。
胸部ハッチには、微妙にヒケがあったりしましたので、
しっかり丁寧にペーパーをかけて、ならしています。
内部は明灰白色にし、側面のフレームも同じ色にしましたので、その部分はマスキングして、
このあと、外装色であるグリーンをエアブラシで吹き付ける予定です。
塗料はその昔クレオスから発売されていた、ボトムズカラーを使用するつもりですが、
瓶の状態のものより、もう少し明度を上げて使用しようかなと思っています。

また、パテを使ってパーツの合わせ目の隙間を埋めて消すといった作業も、
ほとんど必要ありません。
まさにストレスフリーですね。
かつてのタカラのキットは、繊細なモールドがすごくよかったのですが、
さすがに古いキットですので、パテのお世話になる箇所が多々ありましたが。

胸部コクピット部分

バルクアームもスコープドッグも、クレオスのMrカラーを使って塗装しています。
最近、タミヤからもラッカー系塗料が発売され、当然ながら、そちらにも興味がありますが、
すでにMrカラーに馴染んでしまい、しかも、一定の数も揃えてしまっていますので、
これからも、クレオスベースの傾向が続きそうです。

頭部

こちらは頭の部分です。スライド金型を使って一発で整形しています。すごい。
スコープドッグの頭部は、ドーム状の頭部にバイザーとカメラがつくという、
ごくごく単純な形状をしていますが、そのぶん、各模型メーカーによって、
フォルムの捉え方に、違いがでやすいかと思います。
バンダイのキットの頭部は、私の私的な印象ですが、とてもいい形状だと思っています。

でも、本命の戦車については、手をつけていなくて……。
タミヤのシェリダン、作りたいんですけどネ。

というわけで、ただいま、外出しなくても楽しめる方法を模索中です。
(プラモだけではなく、本も揃えたいところです)

でも、どれだけインドアの趣味を充実させても、やっぱり、外に出かけたいですよね。
気兼ねなく出かけられる日が早く訪れることを、願ってやみません。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/632-aaa84493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)