フェザーミュージアム

11月最後の日曜、岐阜県関市にあるフェザーミュージアムに行ってきました。
フェザーというのは、正式名称を『フェザー安全剃刀株式会社』といい、
社名の通り安全剃刀替刃を含む、メス、ハサミなどの刃物を製造するメーカーです。
フェザーは、現在、本社は大阪に置いているそうですが、
もともとは、刀工の街でもあるこの関の地において創業されたといいます。

品質の高い刃物の生産地として、全国に名を馳せる関市にとって、
フェザーは、まさにランドマーク的な企業ではないかと思います。
市内の各所にはフェザーのロゴがついた工場もあり、
地域産業の一角をなしているように思います。
そういえば、大河ドラマ『麒麟がくる』の劇中でも、
関の刀工が登場する場面があったかと思います。
いわばフェザー社は、刃物の町関だからこそ生まれた企業と言えるでしょう。

そんな関市のフェザー工場の一角に、自社の歴史や各種の生産品を展示した、
フェザーミュージアムがあります。
今回、そのフェザーミュージアムまで、見学に行ってみました。

○ 岐阜県関市 フェザーミュージアム ~ 世界初の刃物総合博物館 ~

前日の土曜は好天だったものの、この日はあまりお天気がよくなく、
ちょっと雲の多い空模様でした。
なので、屋内施設の見学には、ちょうどいい感じだったかもしれません。
(晴れているのに屋内施設を見学するのは、ちょっともったいないですもんね)

今回の出動車

今回の出動車はヨメのプジョーです。
比較的短時間のドライブで、現地到着になりました。
駐車場も、充分に余裕があります。

お昼過ぎに到着

こちらがフェザーミュージアムの外観です。
刃物を思わせる金属的な質感のエクステリアで、未来的な雰囲気です。
しかもまだ真新しい感じでした。
無料で見学できますが、コロナ渦のこの時期ですから、
まず、プリント用紙に連絡先を記入してからの入場となります。

館内に入ると、最初に受付の女性が出迎えてくれます。
その方の説明によると、フェザー社は、かつてはカミソリの替刃の生産を、
主に行なっていたそうですが、現在では、カミソリそのものの需要がさほどなくなったため、
医療用器具にシフトしているそうです。
たしかに、カミソリって使わないですよね。
私も、ずっと電気シェーバーを使っていますし……。

展示室内

こちらが館内の展示風景です。
写真で見るとまったくお客さんがいないように見えますが、
見学客の方はちらほらといました。
どうやら、小さなお子さんを連れた家族連れが多いようです。
いまのご時世、密にもならないですし、休日を過ごすには、
ちょうどいいスポットかもしれません。

レトロなカミソリ

こちらは、昔のカミソリセットです。
組み立て式になっていて、携帯に便利な状態になっています。
旅行用のものなのか、かなり小さなものもありました。

金属の質感、デザイン、パッケージ、ともに味わいがあってかっこいいです。
なんだかちょっと欲しくなってしまいますね。

レトロなパッケージ

こちらはカミソリ替刃のパッケージです。
レトロな味わいのあるものです。
私はカミソリ派ではないのですが、デザイン専門学校時代、カミソリをよく使いました。
というのも、髭を剃るためでなく、ポスターカラーで仕上げたレタリングの修正のさいに、
多用していたのです。

この当時は、水張りといって、ケント紙に刷毛で水を塗り、
その濡れたケント紙を木製パネルにホチキスで固定する、という方法をよく行っていました。
ケント紙が乾いて縮むと、パネルによってシワが引き伸ばされ、そのあと、
絵の具を載せても、紙が伸びたりしないというわけです。

こうして、水張りされたケント紙の上に、レタリングをしていたのですが、
どうしても、絵の具がはみ出てしまうことがあります。
そういうときには、白い絵の具を使って修正するのですが、この方法を使うと、
いかにも『修正しました』という具合になってしまって、みっともないことになります。

ですが、紙にカミソリを入れて、はみ出た絵の具を、薄く紙ごと削り取る、
という修正方法をとると、かなりのテクニックは必要ですが、
修正したことがとてもわかりづらく、
美しく仕上げることができます。

なので私は、このカミソリ修正法をよく使いました。
いまでは絵の具を使うこともレタリングをすることもないので、
カミソリを必要とすることもないのですが、学生時代は頻繁に、
カミソリのお世話になっていたものです。

医療用メス

ちょっと話が脱線してしまいましたが、こちらは医療用の機材です。
時代の移り変わりとともに、会社の生産品も大きく変わったということですね。

広告資料

また、展示物の中には、引き出し式の展示方法をとっているものがあり、
実際に開けてみると、昔の少年誌の広告などの資料が入っていました。
そのほかにも、広告のさいにアイドルグループNMB48が着用した衣装なども、
収められていました。

展示室ふたたび

一階の部分の展示はこんな感じですが、この施設は二階にも展示室があります。
というわけで、次は二階へと向かってみました。

昔の工具

二階展示室でまず最初に目にするのは、昔のカミソリ製造工具です。
プレスして型を作り、あとは切除加工して刃先を作るという感じでした。
作業の多くが手作業ということみたいです。

二階展示室

二階展示室は、フェザー社の製品にとどまらず、
刃物全体の歴史を順に紹介するかたちになっています。
古今東西の刃物が、さまざまに展示されていました。

医療用等の天日

こちらは、医療用、工業用の刃物を展示するコーナーです。
宇宙船の内部のような清潔感あふれる展示室です。
医療用のメスの展示は、眼科で使用されるものを主に展示していましたが、
その繊細さには驚きました。
これほどの器具を使うとなると、お医者さんももはや職人ですね。

資料の展示

こちらは、フェザー社が持っているコレクション資料を展示するスペースです。
ガラスの向こうには入れませんが、昔の床屋さんの器具や、床屋さんのフィギュア、など、
刃物とは直接関係のない資料などもあって、非常に興味深かったです。

解剖用の器具

そのなかには、解剖用の器具などもありました。
かなりグロテスクな感じですね……。

というわけで、たっぷりとフェザーミュージアムを堪能してきました。
刃物に興味がなくても、とても楽しめる施設だと思います。
岐阜県、愛知県など、近隣にお住いの方は、ぜひ一度、見学してみてはいかがでしょうか。

すっかり晴れて

入館した時には曇り空だったのに、見学を終えて建物の外に出ると快晴でした。
ええっ、こんなに天気よかったの、と、ちょっとびっくりしました。
というわけで、このあと、ちょこっとドライブしてみました。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/648-306d189b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)