電子辞書液晶画面

緊急事態宣言もまだ発出されている最中で、
人のいないところに出かけようにも、もはや近場ではネタも出し尽くした感があって、
ブログのネタにもホントに困っています。
しかも、模型製作の類も最近はまったく行なっておらず、
インドア系のネタにも事欠く有様です。
そんなわけで今回は、先日、実家から持ってきた、電子辞書のことでも、
ちょっと書こうかなって思っています。
(なにしろ、あまりにネタがないので)

この電子辞書、カシオのEX-wordというもので、亡くなった父の持ち物でした。
母親は使わないというので、先日、実家からこちらに持ってきました。
なので、いつ、生産されたものなのか、また、価格がどの程度のものであったのか、
よくわかりません。
ネットで調べても、生産年などがいまひとつよくわかりませんでしたが、
おそらく、4〜5年くらい前の製品なのでしょうか。
もっとも、さらに根気よく調べれば、判明したかもしれませんが、そこまで、
忍耐が持ちませんでした。

しかも、どうやら、この液晶画面に、付属のタッチペンを使わず、
ボールペンを当てて使っていたようで、
画面にはボールペンの粘性インクがあちこちについていて、
汚いことこのうえない……。
しかも、このボールペンのインクって、落とすのがたいへんです。
こちらもまた、ネットで調べたところ、
なんでも、消毒用アルコールで拭き取れるのだそうです。
消毒用アルコールといったら、いま、どこの家庭にもあるものですよね。
というわけで、さっそく、アルコールを使って液晶画面を拭いたら……。
すごい!。きれいに落ちました。
ボールペンのインクって、アルコールで落とせるんですね。

閉じた状態

電源は単三乾電池です。
最近の製品でも乾電池電源なのでしょうか。
それとも、このモデルがちょっと古いのでしょうか。
いずれにしても、使用については乾電池でもなにも問題はありません。
日々使っても、パネルの色にはなんの変化もありません。

検索画面

電子辞書というと、単に辞書として使えるだけなのかなと思っていたのですが、
古い機種と思われるにもかかわらず、思いのほか多機能です。
まず、国語系の辞書だけで、7つくらい入っていました。
もっとも、頻繁に使うのは、広辞苑ばかりですが。
古語辞典や、ことわざ辞典、などが入っています。
なのですが、いまひとつ、調べている言葉がうまく出せません。
使い方がよくわっていないということもありますが。

辞書表示画面

英語辞書、英会話などについても、さまざまな辞書、辞典が入っていますが、
こちらも、ぜんぜん使うことはない感じです。

百貨辞典なども入っています。
ただ、ネットで調べたほうが、情報としてはたくさん出るかもしれません。
ほかにも、里山の昆虫とか、里山の野鳥とか、歴史大辞典、家庭の医学、
日本の名城百選、なんてものまで入っています。

いずれも、ネットが普及している今、電子辞書がどれくらい価値があるか、
なんともいえないところはあるのですが、
(ただ、新モデルが、各メーカーから、いまも、さまざまに発売されているところを見ると、
意外と、電子辞書の需要はあるものなのだと改めて感じました)
私の場合、なにかをメモしていて、漢字が思い出せない時、書けない時に、
この電子辞書をとても重宝しています。

ペン収納部

ネットなどで見ると、高校生など、学生さんに需要があるようですね。
まあ、私が高校生の頃など、紙の辞書しかなく、重くて重くて、
引くのが大変でした。
そういう意味では、電子辞書って、引くのも簡単ですし、軽いですから、
ほんとうに便利ですね。

タッチペン

ちなみに、この電子辞書、いまだに使い方がよくわかっていないので、
正しい使用法をマスターしたら、もっと、いろいろな使い道が出てくるかもしれません。
写真のタッチペンもいまだ一度も使ったことがありません。

取説もなんとか発見できましたので、今後は、もう少し、
勉強してみようかと思っています。

それにしても、来月は、どこかに出かけたいです。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/652-78d2ee79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)