五老タワー

さて、前回の続きです。
なにしろ、コロナ渦の影響で、ブログにするネタが極端に少なくなっているため、
ひとつのネタを、ふたつに分けてご紹介したいと思います。
当ブログは、最低月に二回はアップしたいと考えていますので、
これで一応、自らに課した規定をクリアしたことになりますね。
(そのぶん、内容が薄くなってなければいいんですが……)
でも、来月三月からは、もう少し、ネタが増やせるんじゃないかと思います。

さて、とりあえず、西舞鶴に戻ってきて、まず行ってみたのが細川藤孝の城です。
もっとも私は、ここ西舞鶴に細川藤孝の居城があったことを知りませんでした。

しかもこの城は、関ヶ原の戦いの前夜、西国にあって東軍についた細川藤孝は、
ここ田辺城で、数のうえではるかに上回る石田三成の軍勢と退治したいいいます。
(この話を、私は詳しく知らず、今回、はじめて学びました)

が、城はなかなか陥ちず、事態は膠着状態になり、ついには、
朝廷の仲介によって、石田方は城の包囲を解いたとのことです。
(息子の忠興は関ヶ原合戦に布陣しましたしね)

田辺城

前回の大河ドラマ『麒麟がくる』でも、細川藤孝については比較的詳細な描写がありました。
ですが、当然のことながら、ドラマは本能寺の変までで終わってしまいますので、
天正十年以後の細川藤孝の動静については、語られません。
司馬遼太郎の『国盗り物語』も、本能寺の変がラストとなるため、
以後、登場人物がどうなったのか、詳しく知ることはできませんでした。
こうして、西舞鶴に来ることで、わずかですが、細川藤孝のその後を知ることができ、
また、籠城戦の現場も見学ができて、感無量です。

城跡は公園に

もっとも、城跡は公園になっていて、平和そのものです。
かつての戦いを偲ばせるものは石垣くらいでしょうか。
園内には資料館もあったのですが、今回はパスしてしまいました。
次回、もし舞鶴に来ることがあったら、見学したいです。

ひゅうが

そのあとは、東舞鶴に行き、赤れんがパークにやってきました。
駐車場がちょっとわかりにくくて、周辺をグルグルしてしまいましたが、
よくよく見れば、ちゃんと道路のうえに看板が出ています。

その駐車場からは、海上自衛隊の艦船を見ることができました。
いまは見学できませんが、通常であれば、自衛隊桟橋と呼ばれる場所から、
間近に、船を見ることができるそうです。

ただ、赤れんがパークの駐車場でも、けっこう近くに船が見られました。
向こうの空母みたいな船は、ひゅうがでしょうか……。
すみません、戦車などの車両なら、すぐ判別できるのですが、
どうにも艦船系はよくわかりません。

明治期の海軍施設

そしてこちらが、赤れんがパークにある、明治期の煉瓦造りの倉庫です。
通常の建物だと、経年劣化すると見栄えが悪くなるかと思いますが、煉瓦造りの建物は、
逆に風合いが出て、独特の美しさが生まれるような気がします。
あたりには、こうした倉庫が林立しており、一部は、
立ち入りができない自衛隊施設内にも及んでいます。

レンガ通り

とはいえ、立ち入りが許されている箇所だけでも、複数の赤煉瓦倉庫があります。
しかも、そのうちの多くが、建物内に入ることができます。
写真の建物は、立ち入りができないものになりますが、こうした建物のほうが、
昔ながらの状態を保っています。
こちらの建物は電柱まで明治期を彷彿とさせるもので、とても風情があります。

このあたりでは、映画の撮影もよく行われているそうです。

明治期のトンネル

ちなみにこちらは、赤れんがパークから十分ほどいったところにある、
明治期のトンネルです。
かつては鉄道のトンネルだったようですが、
いまでは、遊歩道のトンネルとして使われています。
こちらも、赤煉瓦がふんだんに使われた建築で、独特の風情があります。

トンネル内の照明

トンネル内の照明も当時の雰囲気を伝えています。
このオレンジがかった照明の色が、いいですね。
赤煉瓦の壁面に現れる光と陰が、ドラマチックです。

絶好の眺め

そのあとは、東舞鶴と西舞鶴の中間的な場所にある、五老スカイタワーに、
ちょっとだけ行ってみました。
とにかく、もう、すごくお天気がいいので、眺めは最高です。
(もっとも、ちょっとガスがかかっていたような感じでしたが)
眼下にはリアス式海岸が見え、海と空の青が目に痛いほどでした。
行楽客も、多数、訪れていました。

というわけで、舞鶴の名所を見て回りましたが、
目当てにしていた、自衛隊施設、旧海軍の資料館などは、
新型コロナの影響で、のきなみ、見学不可となっていました。
これはとっても残念です。

コロナが完全に収束したら、また、行ってみたいと思っています。
(というわけで、ギリギリになってしまいましたが、この二月も、
なんとか、ふたつ、ネタをアップできました。やれやれ)


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/654-63cc6d04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)