ダリ展チケット

先日、あまりの混雑ぶりに見学を断念したダリ展を、
ようやく、見に行ってきました。

今回は、前回の反省をふまえ、平日に美術館まで行ってみました。
(ちょうど名古屋に行く用もありましたし…)

ダリ展看板

なにしろ、平日ですから、会場はさぞかしすいているだろうと思ったら…。

これまた大間違い。会期があとわずかとあってか、
平日にもかかわらず、チケット購入窓口には、長蛇の列ができています。

前回は、この列を見て、見学を諦めたのですが、今回は、辛抱強く列に並び、
いざ名古屋市美術館のなかへ。
美術館のなかは、窓口ほど、混んではいないように見受けられました。

が、展示会場のなかに入って唖然!。なんだか、ものすごい人だかりです。
この時点で、もう、ちょっと、ぐったりするものがありました。

まあ、ダリといえば、シュルレアリスムの作家の中では、
いちばんといっていいほど、知名度がありますから…。

でも、こんなに、人気があるなんて。ちょっと意外です。

最初は、遅々として進まない見物客の列にそって、
並べられた作品を、順番通り、じっくり鑑賞していったのですが、
そんなことをすれば、壁を眺めている時間のほうが、遥かに長くなります。
(というわけで、比較的、人だかりの少ない作品から見ていくことにしました)

しかも、肝心の展示内容ですが、思いのほか、絵画作品が少ないように感じました。
なにしろ、「記憶の固執」のような、いかにも「ダリ!」という雰囲気の作品が、
あまりありません。
加えて、大判の作品「ヴィーナスの夢」に至っては、
印刷による複製品が展示されていたりと、
少し、がっかりさせられることもありました。

もっとも、絵画作品が少ないぶん、
ダリが手掛けたニューヨーク万博のパビリオンを映したスナップや、
ペン画の書籍挿絵、オブジェ、などの展示が、思いのほか多くありました。

ただ、いかんせん、入場者の数が多く、作品鑑賞には、
かなり骨が折れました。
しかも、時を経るに従って、混雑の度合いがどんどん増してくるのです。

会場を出る頃には、とてもぐったりしていました。

やはり、このような企画展は、
会期が終わりに近づくにつれ、混雑するものなのかもしれません。

次回、美術館に足を運ぶ時には、注意しなければ…。

と、グチめいたことをいってしまいましたが、
なんだかんだいっても、美術館に行くのは、やっぱり楽しいですネ。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/66-278d3c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)