曹洞宗大本山永平寺

梅雨まだ開けない先週の日曜、
福井県にある「永平寺」に行ってきました。

この永平寺は、禅宗である「曹洞宗」の総本山で、
およそ八百年近く前、道元禅師によって開かれたといいます。

私は、このような宗派については、はなはだ知識がなく、
なんともお恥ずかしい限りなのですが、
なぜか、神社仏閣を見物するのが、大好きです。
永平寺を訪れるのも、これで、四回目になります。

当日は、鈍色の雲が低く垂れ込めていましたが、
永平寺の静かなたたずまいは、そんな天候も、またよく似合います。
ひとたび、正門をくぐると、外界とは違う「凛」とした空気を感じます。

そして、拝観料を払って永平寺の中へ。
まずは畳敷きの間に正座して、若い雲水さんの解説を聞きます。

永平寺の回廊

解説を聞き終えたあとは、いよいよ、七堂伽藍へ。
板張りの長い回廊を登り、仏殿、法堂(はっとう)に向かいます。

法堂

こちらが、法堂(はっとう)です。
七堂伽藍のいちばん奥に位置し、広い畳敷きの間がある建物です。

永平寺には、きらびやかな印象はまるでありません。
質素で、ストイックです。
七堂伽藍のなかで、最も古い建物である「山門」に至っては、
この地の自然の厳しさが、深く刻み込まれています。
そのために、なおさら、木々の緑が、鮮やかに目にしみます。

この光景に、心静まる思いがします。
落ち着きいた時間の中で、世俗の垢が浄化されるような気さえします。
(などというと、大袈裟かもしれませんが…)

そして、この地に、またしても魅了されてしまいました。

さて、このあと、福井市中心部へと向かったのですが…。
その模様は次回に…。

永平寺町のミニ



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/68-a092e2bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)