小倉山の北側へ

今回もまた、前回と同じような記事の投稿となってしまいますが、
先週末、今度は美濃市の街中と公園に、ウォーキングに行ってきました。
美濃市の街を歩くのは、2017年に行われた旧車イベントの時以来ですから、
じつに7年ぶりとなります。

もっとも、この7年のあいだ、美濃市に行くことは何度もあったかと思うのですが、
いつも通り過ぎるだけで、スルーしてしまっていました。
というのも、美濃市は、車で30分ほどと、出かけるにはあまりに近いため、
いつも、その先の目的地に向かうための、単なる経由地になっていました。

そんな微妙な近場ですので、今回は、お昼ご飯を食べてからの、
とてもゆっくりとした出発となりました。
現地に着いたのは、2時前くらい……、だったでしょうか。

駐車場は市のあちこちに点在しているようですが、
市街地の北にある『小倉公園』という公園には、無料の大きな駐車場があります。

小倉山の無料駐車場

実際にこの駐車場に入ってみると、日曜でもけっこう空いていました。
古い町並みからは少し離れているのですが、ウォーキングには、そのほうが好都合です。
(離れているといっても、たいした距離ではないですが……)
なので、この駐車場にプジョーを駐め、古い町並みへと行ってみました。

ここ美濃市は『うだつの上がる町並み』として、広く知られています。
うだつとは、防火のために、隣家との境に設けられた小屋根のことを指す言葉だそうです。
よく『うだつのあがらない』などといわれますが、そのうだつが、
この小屋根のことを指すようです。
美濃市の街の中心部には、このうだつを持つ家が、いまも数多く残されているそうです。

うだつの町並み

こちらがその古い町並みです。
たしかに、うだつと呼ばれる小屋根のある家々が散見されます。
観光客もちらほらと歩いていましたが、その数はさほど多くはなく、
私の実家がある飛騨高山のほうが、はるかに賑わっているのでは、と思います。
ただ、この美濃市の町並みは、電柱などがなく、とても美しいのですが……。

町並みの中の工房

美濃は、美濃和紙という特産物があり、街中にも紙を扱う土産物店などが数多くあります。
こちらの工房では、過去に、美濃に招いた作家による作品の展示がなされていました。
案内の方のお話によると、世界の各地から作家を招き、ホームステイというかたちで、
街に数ヶ月滞在してもらい、作品を仕上げてもらったとのことです。
そうした作品のいくつかが無料で展示さていました。
展示場所が古民家ですので、とても風情があります。

版画作品1

撮影が自由に許されていたので、作品のいくつかをカメラに収めてきました。
こちらは版画作品です。
たしか、東欧出身の作家の方の作品だったかと思います。

版画作品2

壁面にも展示がありました。
たぶん、同じ作家さんの作品だと思います。
そのほか、美濃市が招いた作家さんのプロフィールなどがパネル展示されていました。

和紙のオブジェ

また、街中には、和紙を使ったオブジェ展示などもされていました。
これらは内部に明かりが仕込んであるようで、
夜になると、幻想的な雰囲気を醸し出すのかもしれません。

街中の招き猫

街角には、変わった招き猫もあったりします。
独特の顔つきと、質感が興味深いですね。
今回は二体見かけただけですが、辻々にあったらもっと楽しいかもしれません。

いずれにしても、ウォーキングというには、これでは歩き足りません。
そんなわけで、車を止めた北の小倉山という公園方面に向かってみます。
そこからさらに、住宅街を通り抜け、灯台を目指して歩いてみます。

この日は、朝のうち曇天だったのですが、午後になると緩やかに天候が回復し、
お昼2時をすぎるころには、晴れ間も見えるようになりました。
空が晴れると、やはり気持ちいいですね。

川面の灯台

そして目指す灯台を見つけたのですが……。
どうも案内にあった灯台とは違うようです。
でも、まあ、灯台が見つかったので、これでよしとしましょう。
また、岩陰遺跡、という遺跡も見に行きましたが、
この遺跡には、残念ながら、近づくことができませんでした。
(崖の下の、洞窟ようなところだったのですが)

歴史的な吊橋

さらに、長良川にかかる吊り橋にも行ってみました。
この橋は、現存する近代吊り橋の中では、最古のものだと言われているそうです。
大正5年の竣工と言われているそうですが、修復を重ねているのか、
印象としては、もっと新しく感じます。
ただ、橋の両端にある吊り橋を支える構造物は、たしかに年代を感じさせるものでした。

小倉山城址へ

そしてふたたび小倉山公園に戻り、城址公園へと行ってみます。
目指すはこの公園の頂上にある展望台です。

この坂道がけっこうきつい。
距離は短くても、ウォーキングとしては、負荷がかかって効果的なのかもしれません。

頂上展望台

というわけで、展望台到着です。ヨメも私も息が切れていました。
もっとも、それほど時間をかけずとも、この場所までくることができました。
展望台はお城を模したような形状で、三階建てになっていました。

この小倉城址には、かつて金森長近公の居城 (隠居城) があったといいます。
金森長近は、初代飛騨高山藩主で、私の出身地である飛騨高山では、
金森長近の名を知らない人はいません。
それほどまでに、長親公は高山でその名を轟かせています。

ただ、その長親公が、この美濃に隠居城を築いていたということは知りませんでした。

展望台からの眺め

こちらがその展望台からの眺めです。晴れて本当によかった。

超急勾配

帰りは別のルートで下山しましたが、写真ではよくわからないと思うのですが、
かなりの急勾配です。

というわけで、当初はさほどの歩行距離数にはならないように思えたのですが、
実際には、けっこう長い時間、歩くことになりました。
今後もまた、健康のため、あちこちを歩いてみたいと思います。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/725-0b447f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)