人体の不思議展チラシ

実物の人体標本を展示した「人体の不思議展」という展示会に、
先日の日曜、行ってきました。

この展示会は、公衆の面前に、人間の遺体を展示するため、
人権上、問題があるのではないか、という声も、一部でささやかれているようですが、
メディカルイラストレーションを継続して手掛けている私にとっては、
とても意義のある、貴重な展示会でもありました。

今回、会場に選ばれた場所は、富山市の市民プラザというところでした。

現地についたのは、お昼少し前だったのですが…。
なんと、予想以上の人出。
チケット売り場では、わずかながらではありましたが、行列ができていました。

で、会場に入ると、さらに人だかりが…。

私は、このような展示に、多数の来場者があるとは想定していなかったので、
ちょっと驚いてしまいました。
しかも、小さな子供を連れた家族、カップルなど、客層はバラエティーでした。
(あきらかに、恐いもの見たさ、という感覚で来場している人も、見受けられました)

まず最初に、筋肉が露出した状態の人体標本が、
居並ぶ来場者を、出迎えてくれました。
(残念ながら、場内は撮影禁止だったので、写真はありませんが…)

これら、会場に展示されている標本は、プラストミック標本と呼ばれるもので、
エポキシ樹脂などを使って、遺体に加工を行い、
常温のまま、長期保存できるといいます。

ホルマリン漬けにかわる、画期的な生体標本の保存法だそうです。

とはいえ、さすがに、実際の人体のリアルさは、損なわれていました。
しかも、この標本から、人体の重層的な筋肉構造を読み取ろうとするのは、
いささか、無理があります。
ネッターやヴォルフの人体解剖図のほうが、はるかに、明瞭でわかりやすい…。

つまり、たとえ、どんなにリアルな人体標本があろうとも、
メディカルイラストというものは、やはり、必要なんだなあ、と、改めて実感しまいました。

次いで、人間の筋肉をバラバラにした標本、四肢を切断した標本、
頭部を切開した標本などを見学しましたが、とりたてて、感慨はありませんでした。
(その間も、会場内の来客数は増えるばかり…)

ひとしきりして、少し離れた第二会場に向かうと、
こちらには、人体を数センチ間隔で輪切りに切断した標本がありました。

私は、人体を輪切りにした(横断面)の状態のイラストを、
過去に、数点、手掛けたことがあるため、
この標本には、それまでにない、強い興味を覚えました。

心臓内の肉柱、肺の内部を通る動脈や静脈、腸内のひだ、などなど、
イラストですでに何度も描いていたものが、こうして、現実として、
目の前にあることに、なんだか、いいようのない、不思議な感覚を覚えたのです。

この第二会場の展示物は、どれも興味深く、
時間を忘れて、見入るばかりでした。

それにしても、人間の身体は、じつにうまく作られています。
しかも、すべてが、とてもコンパクトに、ムダなく、納められています。

このようなは人体標本は、ときに、人に嫌悪感を抱かせるかもしれませんが、
神の造形とさえいえる人体の構造の精緻さを知れば、そんな感情は吹き飛んでしまい、
ただただ、驚嘆を覚えるばかりです。

こうして、じっくり、各標本を心ゆくまで観察してきました。

海

そして、そのあとは、ふらりと海にいってみたりして。

なんだか、気持も切り替わりますネ。

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/78-73c79a63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)