高根のミニ

またしても、久しぶりブログ更新となってしまいました。
思えば、今月は、かなり、記事投稿が少なめですネ。
とはいえ、ネタはいろいろあるので、可能な限り、がんばって書きます。

さてさて、先週の日曜、
またしても、紅葉を求めて、クルマで出かけてみました。
今回の出動は、私のミニです。

まず、行ってみたのは、飛騨高山の東南のはずれにある、
高根町というところです。

高根からの眺め

なにしろ、この日は絶好の好天。
標高の高い高根町からは、周囲の山々が美しく見えます。
しかも、まだ、色付きはいまひとつなものの、紅葉も始まっており、
行楽には、最適の日和でした。

寒冷な高根

ただ、この場所は寒さも厳しく、日陰には、
溶け残ったわずかな雪も垣間見えました。
アスファルトの路面にできていた小さな水たまりは、なんと、凍っていました。

その後、信州の木曽福島へと向かい、そこから、王滝村方面へ。
御岳湖の脇を掠めて、おんたけスキー場方面に向かってみることにしました。

このおんたけスキー場への道は初めて通ったのですが、
ドライブには最適の道でした。
とにかく、景色がすばらしいのです。

おんたけスキー場

しかも、さらに進むと、
道は、スキー場のあいだを、ジグザグに上へと伸びるようになり、
さらに、見晴しがきくようになります。

御岳山

道の終点に至ると、御岳の姿が、間近に見えました。

この御岳に至る道の脇には、
各所に、石碑らしきものが林立していました。
古来より、御岳山は、山岳信仰の対象として、崇められてきたのでしょう。

間近で見る御岳は、荒々しくも荘厳で、
人々がこの山にたいして抱いた、畏怖と畏敬の念が、わかるような気がしました。

雄大な山の姿を見て、しばし、現実を忘れてきました。


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/90-550cb76e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)