馬籠の石畳

18日の日曜、愛車ミニで、南木曽の名所として知られる「馬籠宿」に、いってきました。

もっとも、ここ馬籠は、
2005年から、木曽(長野県)ではなく、岐阜県に属しています。
(平成の大合併により、長野県木曽郡山口村から岐阜県中津川市に編入となりました)

長野県側から見れば、この越境編入は、
信州の観光資源を、みすみす岐阜県に渡してしまうことにも等しく、
当時の長野県知事であった田中康夫知事も、馬籠を中津川市と合併させることに、
反対の意を唱えていました。

が、地元住民の意向などもあり、
紆余曲折の末、馬籠は、岐阜県側に編入されることになりました。

作家である田中康夫氏にとって、島崎藤村ゆかりの地である馬籠を、
岐阜県に編入させることは、愉快な事態ではなかったと思います。
ですが、岐阜県民である私にとっては、やはり、歓迎すべきことかもしれません。

馬籠の坂道

さて、その馬籠の風景ですが…。

石畳の美しい坂道にそって、風情のある家々が、軒を連ねています。
この日は、かなり冷え込みが厳しく、あいにくの空模様でしたが、
曇り空が、町並みをしっとりとした色合いに見せてくれました。

馬籠のにぎわい

それにしても、かなりのにぎわい。
以前、私は、一度だけ、この馬籠を訪れたことがありますが、
当時より、観光客の数は、かなり多くなったように見受けられます。

古い家々


私が住む飛騨高山にも、上一之町という、とても有名な古い町並みがあります。
でも、ここ馬籠は、わが町とは、家の作りなども、微妙に違っていて、
興味深いです。
それに、高山の古い町並みには、坂道がありません。
ここ馬籠の古い町並みは、すべて坂道に面していて、この高低差が、
ビジュアル的におもしろいです。

坂道を上る

坂道をおりきった後は、今来た道を引き返すために登っていきました。
かなりの急坂で、けっこう息が切れました。

このあと、豆の専門店に立ち寄り、いくつかの豆をゲット。
(まだ、食べていませんが)

また、いつか、この地を訪れたいものです。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/97-00142102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)