10周年ア<br />スキー表紙

コンピューターの総合週刊誌として、広く愛読されているアスキーが、
このたび、創刊10周年を迎えることとなりました。

その記念すべき特大号のイラストを、いくつか、描かせていただきました。

アスキーイラスト-1

私が今回担当したのは、2045年版アスキーの「PSP購入完全ガイド」のイラストです。
このイラストは、2045年に発売されているであろう、各種ITデバイスを、
3DCGにてビジュアル化したものです。

そのアイテムは、
腕時計、ブレスレット、眼鏡、携帯、サンダル、ネックレスなどで、
どれも、現在では実現不可能な高度な機能がつけられたものです。

たとえば、腕時計は、文字盤面がELスクリーンとなっていて、
時刻の他、さまざまな情報を表示します。
また、ブレスレットは、電子ペーパーが内蔵され、こちらも、
高度に多機能化されている、という設定です。

アスキーイラスト-2

これらは、2045年を舞台にした小説「ギートステイト」の世界で、
使われているものという設定です。
もちろん、未来の製品ですから、先鋭的なものでなくてはならないのですが、
小説の世界観に見合うよう、現在の技術の延長線上にある、
リアリティのあるものでなくてはなりませんでした。

ですが、このような製品を、いろいろな想像をしながら作り上げるのは、
とても楽しい作業でした。

ただ、この仕事をしている最中に、メインのマシンであるG5が壊れてしまい、
作業を古いG3でせねばならず、いろいろと、苦労がありました。

Macが壊れた時の日記はコチラ。

今回のモデリングは、Shadeではなく、STRATAで行いました。
古いMacのOS環境では、新しいShadeは使えず、やむを得ず、
その昔使いまくっていたSTRATAを、ふたたび、使ったという次第です。

腕時計デバイス

さすがに、このSTRATAは、モデリング機能が乏しく、
意図するかたちにしずらいということが、何度もありました。
ただ、レンダリングも美しく、また、レンダリングするさいのサスペンドファイルを、
モデリングデータとは別に保存できるなど、いまだに、優秀な機能ももっています。

このG5(OS-X)環境で、STRATAを使ってみたいな、なんて、思ったりもするほどでした。
ただ、OS-X版のSTRATAにバージョンアップしようと思うと、
料金が高すぎるので、そんなことをすることは、この先、ないとは思うのですが…。

ですが、STRATAは、この先も、
3DCGのアプリケーションとして、末永く、生き残ってほしいなあ、などと、
思ってしまいました。

最後になりましたが、
編集部のみなさまには、今回も、たいへんお世話になりました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/98-dcfba0a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)