街とその不確かな壁 表紙

この「街とその不確かな壁」を購入したのは、今年の五月……。
たしか、ゴールデンウイークの最中だったように思います。
そのときは、この本のことがなにかと話題になっていましたから、
書店には、手書きポップを配した専用のコーナーが設けられ、
それこそ山のように、うずたかく積み上げられていました。
こういう演出をされると、買うこちらの気持ちも、
なんだか、盛り上がってきますよね。

そんなわけで、すぐにでも読みたかったのですが、いろいろとバタバタしていて……。
それになんだかすぐ読んでしまうのがもったいないというか、
そんな気もしてしまい、そのまま、机のうえに「積ん読」状態にしていました。
が、晩秋というか、今年もあと一ヶ月ほどしかないいまになって、
ようやく、その頁を開いてみた、という次第です。
(なにをいまさらって感じなのかもしれませんが……)

本作は、騎士団長殺しから六年を経て出版された村上春樹の最新長編小説です。
装丁は、黒を基調としたいて、版画風のイラストが、
小説の世界観とうまくマッチしていて、とてもかっこいいですね。
厚みがあるため、重量感もあるのですが、お値段もそのぶん張ります。
(三千円近いですね……)

さて、で、肝心の物語ですが……。

扉部分

17歳の『僕』は、一つ年下の16歳の『きみ』と恋に落ちます。
高校のエッセイコンテストの表彰式で知り合ったふたりは、
文通を続けるうち、互いの街を訪ね合うようになります。

ふたりきりでいるとき、彼女は、彼にある『街』の話をします。
彼女によれば、いまここにいる自分は、本当の自分の影に過ぎないのだというのです。
そして、本当の自分は、その壁に囲まれた街にある図書館で働いているのだと……。
ふたりは、一夏のあいだ、この街について深く語り合い、
そのディティールを詳細に作り上げていきます。
が、そのあと、彼が手紙を書いても、彼女からの返事はこなくなってしまいます。
思い余って彼女の家を訪ねると、玄関には違う名前の表札が出ています。
彼女は、忽然と消えてしまったのです。

そして、もう一方の物語の語り部である『私』は、
高い壁に囲まれた街に住んでいます。
彼は、針のない時計台がある広場そばの図書館で
たったひとり「夢読み」という仕事に就いています。
夢読みは、毎夜、図書館の書庫に保管された『古い夢』を読むのです。
そして、その図書館には、ひとりの少女が働いています。
ずっと昔、恋に落ちた、あの16歳の、あの「きみ」です。
が、彼女は、彼のことをまったく覚えていませんでした。
しかし彼女は、薪ストーブで湯を沸かして薬草茶を作るなど、
彼の夢読みの仕事をサポートします。

深夜、夢読みの仕事が終わると、彼は、いつも決まって、彼女を家まで送っていきます。
こうしてふたりで川沿いの道を歩くことが、
彼にとって、長い間求めていた、至福の時間でした。

が、彼は、この街を出て行く決心をします。
街に入るさい、彼は自分の影と引き剥がされたのですが、
その影が、街を出ることを、彼に強く勧めたのです。
彼と影は、ともに街を出るため、川の水がたまった場所に潜り、
外の世界に出ようと試みます。
ところが、いざ脱出となったその時、彼は、街を出ることを拒絶します。
ところが、気がつくと、彼は街の外に出てしまうのです。

ページ面

……と、このように、物語は、過去と現在、現実と非現実が、入り乱れています。
さらにこのあとは、生者と死者とが入り乱れるようになります。
これぞまさしく村上ワールド、という感じです。

17歳の『僕』のパートでは、瑞々しい描写に心を奪われます。
川を歩く僕ときみのシーンは、その光景がありありと目に浮かんできます。
ふたりが、ひと夏をかけて、街のディティールを詳細に作り上げていくあたりは、
若いがゆえのういういしさのようなものが感じられて、読み手側も、強く没入していきます。

また、45歳になった『私』のパートでは、私を取り巻くさまざまな人物が登場し、
それらのキャラクター造形が読み手を引き込んでいきます。
なかでも、前図書館長の「子易さん」には、読み手側も、深い愛情を感じるかと思います。

さらに、コーヒーショップの女主人、イエローサブマリンの少年といった人々が加わり、
物語をさらにあらぬ方向へと導いていきます。
最終章では、このイエローサブマリンの少年が、重要な役割を果たすこととなります。

街は、実在するのか、人の心の中だけに存在するのか……。
私は、実体なのか、影なのか……。
そして、過去を遡る私は、いったいどこに行ったのか、
あるいは取り戻した過去にとどまってしまったのか……。
壁に囲まれた街に住むもう一方の私は、最後、こちらの世界に帰ってきたのか……。
そのどちらの私が実体なのか、影なのか……。
物語はさまざまな謎に満ち、しかもそこに明快な回答は与えられません。
これらがなにを暗示しているのかもよくわかりません。

それらの解明は、読み手がそれぞれ行うのでしょうが、
もしかすると、そうした意味づけ的な試みは、無意味なのかもしれません。
本作は、この現実と非現実が入り乱れ、生者と死者が交錯する、
曖昧で美しい世界を、そのままただ流れるように味わうということで、
いいのではないでしょうか。

街とその不確かな壁 背

次回作が出るのはまた数年先になるでしょうが、
今後の作品にも、また、期待してしまいます。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

俺ロボ、レトロポップ、告知画像

今年2023年の11月に、東京上野のエキュート上野で開催が予定されていました、
『レトロポップモンスター展 Vol.2』と、そのあと同会場で開催予定だった、
『行け!! 俺のロボ展 - 変形・合体 編』の、両企画展の開催日程が、
急遽、変更となってしまいました。
告知がたいへん遅れてしまい、
(……というか、ほんとにギリギリでのお知らせとなってしまって)
ほんとうに申し訳ありません。

新しい日程は、以下の通りになります。
今年2023年の年内の開催ではなく、来年2024年の4月の開催となる予定です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------------------

『ARTイベント RETRO POP MONSTERS (レトロポップモンスターズ) Vol.2』
会場:東京 上野駅3階 エキュート上野 イベントC区画 & F区画
会期:2024年4月1日(月)~4月7日(日)

『ゆけ!! 俺のロボ展 変形・合体編』
こちらの開催日時も、2024年に変更となります!
会場:東京 上野駅3階 エキュート上野 イベントC区画 & F区画
会期:2024年4月8日(月)~4月14日(日)

会場のエキュート上野イベントC区画 & F区画変わりません。
入谷改札から入って、すぐ目の前だそうです。

--------------------------------------------------------------------------------

というわけで、日程が五ヶ月間ほど、後ろ倒しというかたちになりました。
ご興味をお持ちの方、また、関東圏にお住いの方は、
ぜひ、来年の春、足を運んでいただければと思っております。
(もちろん、遠方の方のご来場も、心よりお待ちしております)

間際になっての延期告知となってしまい、たいへん申し訳ありません。
私も、一参加者として、レトロポップモンスターズ展2、行け!! 俺のロボ展、の開催を、
とても楽しみにしております。

このふたつの企画展について、また、新たな情報がありましたら、
当ブログで、ご紹介していきたいと思っています。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

車検から戻ったMINI


さて、けっこう時間が空いてしまいましたが、前回の続きである、
MINIの車検整備について、今回はいろいろとご紹介したいと思います。
富山のMINI専門店さんにMINIをお預けすること、二週間。
その間、じつは問題となるところがいくつか見つかったとのことで、
ご連絡をいただきました。
ここのところMINIにはほとんど乗っていなかったので、たいして悪いところなど、
ないのではないかと思っていましたが、この考えは、どうやらかなり甘かったようです。

まずそのひとつ目が、サブフレームマウントだそうです。
そのうちのひとつか(あるいは複数かも)が、切れてしまっているそうで、
しかも、切れていないものについても、劣化により状態が悪いそうで、
まとめて全部交換したほうがいいとのことでした。
そんなことを言われてしまったら、まあ、交換しない手はないので、勧められる通り、
サブフレームマウントはすべて交換してもらうことにしました。
さらにまたよくないのが、クラッチレリーズだそうで、
ここから若干の油漏れがあるとのことです。
現時点では、クラッチの操作に何も問題は発生していませんが、
このまま放置すると、今後、クラッチが切れなくなる恐れがあるそうです。
クラッチが切れなくなるなんて……、もう考えただけでも恐ろしいですね。
こちらについては、専門店さんのほうで、内部の部品を国産に替えるなど、
過去の経験から、いろいろと手を打ってくださるとのことでしたので、
それに従って、すべてお任せで修理していただくことにしました。
まあ、なんだかんだとありましたが、なにしろ車がMINIですから、こうしたことは、
ある意味、想定内と言えるのかもしれません。

それにしても、前回も書きましたが、やっぱり、ゴム系パーツって、
動かさないでいると、それなりに劣化が進むようです。
今後は、もう少し、MINIに乗ってやらねば、との思いを新たにしました。
というよりも、本当はすごーく乗りたいんですけどね。
料金も、当初の予定よりはかかってしまいましたが、それほど高額になることもなく、
ちょっとホッとしました。

というわけで、代車のムーブ号に乗って、いざ富山まで、MINI引き取りの旅に出かけました。
とてもよく走るこのムーブ号ともおさらばかと思うと、ちょっと寂しかったりして……。

前回は一発で岐阜市から富山市まで行きましたが、引き取りの旅のさいには、
いったん岐阜から高山の実家まで行き、翌日、MINIを引き取りに行きました。

今回もまた、キャブの調整についても、いろいろと行ってもらいました。
このお店でキャブを調整してもらうと、ほんとうに調子が良くなります。

が、MINIを引き取って帰るときに、運転席側のウインドウを下ろしたら、
ガラスが前後で斜めになってしまいました。
(前側が大きく下がってしまう感じになってしまいました)
どうやら、ドアの内張のなかにある、ウインドウを上下させる部分が、
サビによって、ダメになっているとのことです。

まあ、走行には支障がないということで、この部分については、
次回、修理してもらうことになりました。
といっても、もうすぐ雪の降る季節に入ってしまいますので、
年内はもう、富山まで行くのはもうちょっと無理かもしれません。
来年の春くらいには、なんとかしたいなあ、という感じです。
窓を下げた状態の写真をアップしたかったんですが、
ちょっと窓を下ろすのもためらわれる状態なので、すみません、写真はありません。

いざ岐阜へ

で、運転してみると、もう、別物っていう感じになっていました。
おそらく、サブフレームマウントを交換したせいなんでしょうが、
ものすごく車体が安定したというか、ピシッとしたフィールになりました。
パワーも上がり、運転が楽しいです。
そんなわけで、富山市内をあちこち走り、その後、立山方面に向かってみました。

軽快に走るので、ルンルン気分で運転していたのですが、
まっすぐな道を走っている最中、車体の後ろから、大きなゴトっという音がしました。
とはいえ、なにかを踏んだわけでもないし、道に大きな段差があったわけでもありません。
この音には、同情していたヨメもびっくりしていました。
つまり、ちょっと放置できない感じの音というわけです。

というわけで、近場にあった道の駅のような場所にMINIを駐め、
車体の後方の下側を覗いてみたのですが、とくに以上はありません。
運転した感覚にも、変化はありません。
なので、まあ大丈夫なのかな、とも思えるのですが、なんとなく心配なので、
もう一度、専門店に電話して状況を説明することとなりました。
結果、ジャッキアップしたさいに、後ろのラバーコーンが少しずれたかもしれない。
それが適正な位置に戻るときに、音がしたのでは、とのことでした。
ラバーコーンとは、MINI独特のサスペンションパーツで、ゴムの饅頭のようなものです。
通常の車であれば、コイルスプリングを使ったりするのでしょうが、
MINIの場合、このラバーコーンがその役目を担っています。

原因がわかったことでとりあえず安心したのですが、なにしろ、
いったん岐阜に帰ってしまうと、そのあとおいそれとは富山にはやってこれません。
ですので、帰る前に、一度またお店のほうに寄らせていただいて、
車体の下を診てもらうことにしました。

2023_10_19f.jpg

で、立山行きは急遽中止して、また富山市内に戻ることに。
結果、やはりラバーコーンが適正位置に戻っただけだとのことで、その後は、
安心して、長距離運転して帰ってきました。

二台まとめて洗車

岐阜に帰ってきた後は、ヨメのご実家で、ヨメ車ともども、洗車させていただきました。
これで、車検の間についた汚れも、きれいになりました。
(なにしろ、今回の車検の旅で、雨に当ててしまいましたから)

ヨメ車もピカピカです。

というわけで、今回の車検も、無事終えることができました。

百年公園にて


年内はどれだけ乗れるかわかりませんが、来年の春からは、ちょっと遠出したいなあ、
などと、いまからあれこれ思っています。
(でも、来春なんて、ガソリンが死ぬほど高いかも)


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
MINICM0. TB0 TOP▲
車検の旅へ

今月10月で、MINIはまたも二年に一度の車検を迎えます。
時の経つのは早いもの……、もう車検の時期が来てしまうなんて……。
というわけで、今回もまた、かねてからお付き合いがある富山市にあるMINI専門店さんに、
車検整備をお願いすることにしました。

もっともここ岐阜や周辺地域にも、MINIに関する専門業者さんはいくつもあるのですが、
富山のお店は、飛騨高山にいるときからの長いお付き合いあるため、
隣県といっても富山はけっこう遠いのですが、
いつもどおり、大事なMINIをお預けすることにしました。

とはいっても、コロナ禍になってからというもの、
ほんとうに、MINIに乗る機会が、ガクッと減ってしまいました。
しかも、昨今のガソリン価格のびっくりするような暴騰で、
なおのことドライブやお出かけから遠ざかってしまっています。
出番が少なくなってしまって、ちょっとかわいそうな状態のMINIですが、
コロナも落ち着いてきたいま、今後は昔のように乗るようになるかもしれません。
いや、ぜひ乗りたいです!。

ところが、我がMINI、今年で製造から38年が経過し、私が乗り始めてから、
まもなくちょうど20年になろうとしています。
(今年の12月がきたら、完全に丸20年になります)
節目でもあるで、きちんと整備しておいてもらったほうが良いようにも思います。

そんなわけで、九月の末日の土曜日、岐阜から富山まで遠征することとなりました。
おりしもこの日はまあまあのお天気で、しかも、MINIはなんの問題もなく、
およそ200キロ強の道のりを、なんなく、しかも快調に走破してくれました。
高速などはまったく使わなかったので、およそ五時間弱のドライブとなりました。
まあ、運転していれば、五時間なんて、それほど長い時間じゃないんですけどね。
(バスや電車に五時間乗るのは、けっこうきつく感じるんですが)
ただ、北に行くに従って、だんだん雲行きが怪しくなってきて、
ついには、ぽつぽつと雨が降り出しちゃったりしたんですが……。
MINIに雨を当てたくないとは思っていたのですが、まあ、長い道のりですし、
日時については事前にお約束をしているので、仕方ないですね。

富山に到着した後は、気になるところなどをお店のかたに伝えたりしたのですが、
そのような箇所も、今回はほとんどありません。
なにしろ、前回の車検以後、あまり乗ってないですから、気になるところも、
出てこないのかもしれません。

台車のムーブ

こうして、大事なMINIをお預けし、代車として、黒のムーブを借りてきました。
このムーブがとても快調で、かなり楽に走りました。
しかも、なんとオートマです。
マニュアル車しか運転したことがない私にとって、
オートマの車というのは、とても怖いものなのですが、
(飛び出し発進事故とかしてしまいそうで、運転する時にはかなりビビります)
それでも、オートマって、やっぱりラクなものなんだなあ、と実感しました。

なにしろMINIの場合は、やさしいシフトはもちろんですが、
ダブルクラッチをしてミッションを労ったり、シフトダウンの時は中ふかしして、
回転数を合わせたりとか、もう、いろいろとかなり神経を使います。
それを考えたら、オートマの楽なこと……。
ああ、世の中のみなさんは、こんな楽チンなものに乗っているんだなあ、と、
いまさらながら、感心したりします。

私が若い頃は、オートマ車自体を「女の子が乗る車」だといって、
そのイージードライブさを、半ばバカにしていたものですが、
(そもそも、このようないいかたは、いまでは女性蔑視な発言ということで、
許されないかと思いますが……)
ここ最近はそんな風潮もなくなってしまい、
全世代的に、オートマが完全に主流になってしまいました。
マニュアル車は、もはや一部の車好きしか乗らない、特殊なもの、というか、
そんな感じになってしまったかと思います。

でも、やっぱり、車の本当のおもしろさは、マニュアル車にあるかと思います。
オートマはたしかにとても楽ですが、運転の楽しさということを考えたら、
操作感を楽しめるマニュアルのほうが、数段上かとも思いました。
今後も、マニュアル車が長く作られることを願うばかりです。

軽快なオートマ車

そんなわけで、このあと、およそ二週間、MINIをお預けすることになったのですが、
車検から帰ってきたMINIの様子は、また、次回、
当ブログに、詳しくアップしたいと思います。

ちなみに、今回はかなり写真が少なめになってしまいました。
気がつけば、ずっと運転していて、道中、あんまり写真とか、撮ってないんですね。
ビジュアル的になんだか寂しくなっちゃって、すみません。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

MINICM0. TB0 TOP▲
インクを外して

今回は、前回の記事で取り上げた、キヤノンプリンター自力修理のその後について、
ちょっとご紹介したいと思います。
プリンター内部にあるブリンタヘッドを外し、YouTube動画などを参考に、
このヘッドを丸ごと水洗いし、さらにシリンジを使って、インク受給部にお湯を注入、
その後はエタノールを同じインク受給部に垂らすなどして、
ヘッド内部を、強制的に洗浄しました。
最終的には、ヘッドの下面のスリットから、
お湯が細かなシャワー状になって出るところまで、作業を行いました。
YouTube動画によると、こうして水がシャワー状に出れば、
作業としては、おおむね完了のようです。

その後、正常にプリントされるようになったのですが、
何日か経つと、またしても黒だけがプリントされなくなってしまいました。
プリンタ本体のインク情報を見ると、BKのインクがなくなっていることになっています。
ですが、BKのインクは新品がついています。
インクを外して目視で確認しても、なくなってはいません。
ちゃんとインクは入っています。

どうやら、BKのインクそのものを認識していないようです。
プリンタの不具合としては、黒が出ない、という感じですので、このBKを認識しないことが、
そもそもの不調の原因だと思われます。
う〜ん、でも、かなり丁寧に洗浄したつもりなんですけどね。
それとも、何日も使わずにいたのがよくなかったのでしょうか。
ヘッド洗浄をしてから、その後、連続してプリンターを使用すれば、
あるいは、そのまま正常な状態を維持できたのかも知れません。
(まあ、そのへんはなんともいえませんが……)

プリンタヘッドを外したところ

そんなわけで、またしてもヘッド洗浄をやってみることにしました。
とはいっても、ヘッドを丸洗いすることはやめて、問題が起きているBKだけを中心に、
作業してみることにしました。

まず、インクを取り出し、プラ製のコの字型のバーを跳ね上げ、
プリンタヘッドを取り出します。
このあたりの作業は、前回とまったく同じです。

そうして取り出したヘッドに、今度は、
前回も使ったシリンジで、エタノールを強制注入することにしました。
前回はお湯を注入し、エタノールはスポイトで染み込ませただけです。
ですが、エタノールを使えば、インクを強制的に溶かす力があるかと思います。
前回も説明しましたが、我が家にはコロナ禍が始まった当初に買った、
エタノールがあり、ちょうど消費期限がすぎたばかりです。
このエタノールを処分するためにも、
今回、プリンタヘッドの洗浄に使ってみることにしました。

前回同様、シリンジを用意。
このシリンジにピニールパイプを装着し、エタノールの入った容器から、
直接、吸い上げをしてみます。

そしてプリンタヘッドのBKのゴムパッキンを外し、インク受給部に、パイプを装着。
圧力をかけて、エタノールを内部に送り込みます。
そうすると、ヘッド下端のスリットから、
エタノールがきれいなシャワー状になって、噴きでてきます。
お湯の時よりも、シャワーの状態が細かく、見た目の雰囲気では、
前回よりもいい感じかもしれません。

この作業を行うのはBKだけ。
プリンタヘッド丸ごと水洗いもしないので、作業はごくごく短時間で済んでしまいます。
ほんとうはほかの色の受給部についても、洗浄すべきかも知れませんが、
なにしろ、この作業をすると、インクがとても無駄になるんですよね。
ですから、とくに異常の出ていない箇所は、作業をオミットします。

プリンタヘッド

こうしてまた、パッキンを元に戻し、ヘッドを組み付け、
すべてのインクを元に戻します。
BKを装着しても、ランプの点滅は起こらないので、うまく認識されたのかも知れません。

で、テストプリントしてみると、いままでまったく印字されなかった黒が、
プリントされるようになりました。
細いラインもバッチリ印刷されています。
ところが、きちんとプリントされてないところも散見されてます。
うーん、いったいどうしたものでしょう。

どうやら、プリンタヘッドが往復する際に、
正常にプリントされる箇所と、プリントされない箇所がでてきてしまうようです。

BKインク、認識せず

で、インク情報を確認すると、認識されていません。
インクを装着しても、点滅はしなくなったんですが、やっぱりダメなようです。
というわけで、今度はプリンタ側から、ヘッドクリーニングを行ってみます。
すると、プリントされる箇所が、ぐっと増えました。
とはいっても、正常な状態とはとても言えない状態です。困ったなあ。
YouTube動画によると、最初は不調でも、使い続けるうち、
だんだんと機能回復してくる例も紹介されていましたので、
もう少し、様子を見てみましょう。

というわけで、その二日後の今日、ふたたびテストプリントしてみたのですが、
症状は改善するどころか、まったく黒が印字されなくなりました。
もうこうなると処置なしです。

とはいっても、ヘッドをエタノールとシリンジでクリーニングすると、
不完全とは、黒部分は印字されるようになります。
ということは、ヘッドの強制クリーニング自体は、効果があるといえます。

もう復活の見込みは薄そうですが、今後も、なにかアイデアや新たな情報があれば、
自力修理に日間挑戦してみたいと思います。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking