オイル交換開始

三月も半ばを過ぎ、時折寒さが戻ってくることはあるものの、
いよいよ春めいた気候になってきました。
あたたかな季節になることは、ほんとうにありがたく、
同時に、気持ちも明るくなるというものです。

そんな最中、MINIのオイル交換を済ませました。
(交換したのは17日のことなので、すでに一週間以上前のことなのですが)
もっとも、我がMINIは、オイル交換の交換目安としている3,000キロを、
まだ走りきってはいないのですが、前回のオイル交換が昨年の九月であり、
ちょうどいま半年が経過したということで、
この三月に交換してしまうことにしました。
これから先、本格的な春になったら、
ロングドライブもするという機会も、増えると思いますからね。

というわけで、まずはオイルの購入から。
隣町にある『プラント6』という大型ホームセンターで、
いつも使っている、バルボリンVR-1レーシング20W-50を入手します。
以前、飛騨高山に住んでいたころは、このオイルを店頭で手に入れることができず、
ネットで買い求めていましたが、ここ岐阜市に拠点を移してからは、
比較的、簡単に入手することができるようになりました。
(プラント6だけではなく、ビバホームというホームセンターにも、
在庫があるようでした)

バルボリンの鉱物油

MINIにはやはり鉱物系の硬いオイルを入れたいということで、
ここ五年ほどは、ずっとこのバルボリンを使っています。
とりたてて問題はなく、そのため、おそらくは今後も、
このブラントを使い続けるかと思います。

もっともこの日、オイル交換する予定はなかったのですが、
いろいろ事情があって、急遽、作業に取り掛かることにしました。

グリルを外して

というわけで、まず、オイルエレメント交換のために、ラジエーターグリルを外します。
通常、オイルエレメントの交換は、オイル交換2回のうち一回、などといわれれいますが、
ここ最近、私は、オイル交換のインターバルが六ヶ月に一回と、
比較的長期になっていることもあって、毎回エレメント交換をしています。

私のMINIにはワンタッチグリルボタンがないので、作業は面倒です。
しかも、両脇のモールの固定や、グリル本体の固定には、
木ネジが使用されていて、このあたりは、
けっこうアバウトな止め方がなされています。

ドレンボルト位置

次は、ドレンボルトを外す作業に移行するのですが、
そのまえに、もし廃油が床に垂れてしまうと困るので、
車体のしたの床に、古新聞を敷き詰めます。
そして、次に重要なのが、オイルパンとアンダーガードとのあいだに、
キッチンペーパーを突っ込んでおくことです。

このキッチンペーパーを突っ込むのを忘れてしまうと、ドレンボルトを外した後、
オイルがアンダーガードの上面 (オイルパン側に向いた面) へと落ち、
それが思わぬところから床へと落ちていきます。
ですので、これは必須です。

写真ではまだ突っ込む前ですが、ドレンボルトのすぐ下の、
アンダーガードとの隙間に、キッチンペーパーを突っ込む感じです。

というわけで、ドレンボルトを外します。
いつも、それほど強くは締め付けていないつもりなのですが、
(強い締め付けはご法度ですから)
それでも、外すのはたいへん力がいります。

そして、オイルエレメントを、フィルターレンチを使って外します。
いつもユニパーツのエレメントを使っていましたが、
生産が終了したとのことで、前回からマーレというメーカーのオイルエレメントを、
使い始めました。
85年式の私のMINI (マニュアル車) の場合は、OC-21という品番のものが、
適合するとのことです。

オイルエレメント

で、いつものように、外そうと思ったのですが、
これがぜんぜん外れません。
エレメントが固く締め付けてあるのがその主たる原因かと思いますが、
それよりもなによりも、フィルターレンチがうまくかからないのです。
かかったかなと思うと、滑ってしまって、なんとも、
力が入りません。

また、ディストリビューターを雨から守るプラ製の板があり、
これが邪魔になって、レンチを回転させるだけのスペースが取りづらい、
ということもあるかと思います。

ですが、いつものユニパーツのエレメントだったら、
ここまで苦労することはなく、外れるのですが…。
今回のマーレのエレメントは、もう、まったく外れる気配がありません。
とにかく外れません。

もちろん、エレメントを取り付けるさいは、
フィルターレンチといった工具の類はいっさい使わず、手の力だけで締めています。

というわけで、悪戦苦闘すること30分、やっとで外すことができました。
いや~、ホッとしました。
というわけで、あまりのたいへんさに、写真を撮るといったことを、
すっかり失念してしまいました。
なので、ご紹介できるような画像がなく、すみません。

とにかくまあ、外れたのならあとはこっちものもの。
新品のオイルエレメントのパッキン部分に指でエンジンオイルをつけ、
また、手で締めこんでいきます。

ただ、このとき、手はオイルで汚れていますので、
ゴム手袋を嵌めて、作業します。
これなら、滑ることなくエレメントを手で締め込められます。
もっとも、今回、エレメントがまったく外れなかったことを考えると、
たとえ手とはいえ、強く締め付けるのはためらわれます。
かといって、締め付けがゆるいのも、あとあと心配ですし、
このあたりは、どうしたものか、迷うところです。
ですが、やはり、ある程度強く締めこんでおくことにしました。

MINI1000のエンジン

そのあと、ドレンボルトを締めこみ、ラジエーターグリルを取り付けて、
用意していたオイルを注入にしていきます。
バルボリンのオイルは、一本のボトルに1クォートという単位のオイルが入っています。
これはおよそ946ミリリットルとのことで、1リットルに若干足りません。

このボトルを、五本入れると、4.47リットルとなり、
MINIには、ほぼちょうど良いオイル量になるかと思います。
ただ、エレメント交換もすると、あともう少し、オイルが必要になりますので、
(5~5.2リットルくらいでしょうか)
その分を、慎重に足していきます。

こうして、オイル交換が終了したら、一度エンジンをかけて切り、
10分ほど待ってから、オイルレベルゲージでオイルチェックします。
今回は、レベルゲージのHとLのちょうど真ん中に来ていました。

いつもは、ちょうどHのところまで、ギリギリ入れるのですが、
今回は、これでよしとし、以後、こまめにチェックすることにしました。

というわけで、無事、オイル交換終了です。
オイル交換をするまえとしたあとで、エンジンの調子はまったく変わらないのですが、
交換後は、走り出しにおいて、若干ギアの硬さを感じます。
ただ、これは、走るにつれて感じなくなるのですが…。

オイル交換終了

というわけで、春の準備が整いました。

といっても、まだグリスアップが終わっていないのですが、
足回りに付着しているかもしれない融雪剤を高圧洗浄機で落とした後に、
グリスアップしようと思っています。

このあと、テストドライブをしてみましたが、その模様は、
また、当ブログでご紹介をしたいと思います。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

MINICM0. TB0 TOP▲
司馬遼太郎『城塞』

ここのところ、外に出かけても近場ばかりで、
ドライブなどの遠出ネタのない当ブログですが、
今回もご多分に洩れず、またしても、インドアネタとなってしまいます。
いずれにしても、早いもので二月も終わりに近づき、もうすぐ三月になりますが、
春になって、路面に融雪剤を撒くことがなくなったら、また、
MINIでのお出かけネタなども、こちらに書いていきたいなと思っています。

というわけで、今回は本の話題について、少し触れたいと思います。
お題は、つい最近読み終えた、司馬遼太郎の『城塞』です。
この小説は、大坂冬の陣、夏の陣を扱ったもので、
戦いの詳細や、そこに至る経緯やいきさつ、人間関係の機微についても、
詳しく書かれています。
そのため、一昨年に放送された大河ドラマ『真田丸』の後半とも、
かなり重なるところがでてきます。
ですので、読みながら、大河ドラマのシーンなどを、
あらためて、思い起こしたりしていました。

じつはこの本、昨年の終わりぐらいから読み始めていたのですが、
同時に、図書館から借りた複数の本と並行して読んだり、
また、途中、時間が取れずやむなく中断したりと、
思いのほか、読了までに時間がかかってしまいました。
私にとって、読書というのは、けっこう『ノリでする』という感じなので、
このような読み方をすると、継続するのが難しくなってしまいます。
そのせいもあって、全3巻の長い小説とはいえ、すべてを読み終えるまでに、
思いのほか時間がかかってしまいました。

城塞 全3巻

さて、物語は、関ヶ原合戦後で勝利を収めた徳川家康が、
征夷大将軍になったあたり (慶長八年) から、はじまります。
ですので、同じ司馬作品である『関ヶ原』の、ちょうど続編的な意味合いも、
あるかと思います。

司馬遼太郎という作家は、自らが抱いている、登場人物に対する愛情や好感を、
素直に書き表してしまうように思います。
書き手側の愛情が読み手側にも伝わり、ゆえに、それらの人物への感情移入も、
またひとしおになる…。と、そんな感じがします。
坂の上の雲の秋山兄弟や正岡子規、関ヶ原の石田三成や島左近、もそうでした。
この『城塞』でも、小幡勘兵衛という人物が、
物語前半において、生き生きと活写されています。

その一方で、本作の主人公のひとりである徳川家康には、
全3巻すべてにわたって、まったく愛情が感じられません。
読者は、家康に対して、畏怖と嫌悪感を持つことはあっても、
好感や憧憬の念を抱くことは、ほぼないかと思います。
これもまた、司馬遼太郎本人の心象が、そのまま反映されているのかもしれません。
とはいえ、描写は極めて丹念で、家康の『政治的妖怪ぶり』が、
いやというほど味わえるようになっています。
まあ、ヒールが際立つほうが、物語は面白くなるのかもしれませんが…。

また、司馬氏は、大坂方を実質的に仕切っている、
もう一方の主人公『淀殿』にも、とりたてて思い入れはないようです。
ただ、家康については、徹底したディティールの書き込みがされているのに、
淀殿には、それさえもありません。
家康に追い詰められる淀の心理描写をもっと行えば、
物語に厚みが出るのでは、などと思うのですが、
それがなされていないのは、おそらく、司馬氏自身が、
淀殿にさほどの興味を感じていないかもしれない、と、私の勝手な判断ですが、
思ったりもしてしまいました。

…などと、いろいろ書きましたが、本作も、やっぱり『おもしろい』です。

文面

天下人であった豊臣秀吉が死ぬと、ほぼ時を同じくして、
豊臣政権のなかで、武断派と文治派の内部分裂が生じます。
秀吉に臣従して豊臣政権の大老職についていた徳川家康は、
この分裂に巧みにつけ込み、豊臣家から政権を奪う画策をしていきます。

やがて家康は、関ヶ原で、自らに敵対した勢力を一掃してしまうと、
その後、朝廷から征夷大将軍の座を拝領して、天下を手中に収めることに成功します。
ですが、豊臣家も、そのまま大坂城に存続し、幼かった秀吉の遺児「豊臣秀頼」が、
日々、たくましく成長していきます。
徳川家康は、立場的には、豊臣家の家臣であり、
順当に行けば、成人した秀頼こそが、次の天下人になるはずです。

ゆえに、徳川家康にとって、大坂に残る秀頼と、その母親である淀殿は、
徳川幕府の将来を脅かす危険因子であり、自らの存命中に、なんとしてでも、
滅亡に追い込みたい存在でした。
そのため、家康は、あらゆる策謀をめぐらし、大坂方を追い詰めていきます。

この家康の策謀が、じつに狡猾で、強引で、いやらしい…。
こうした家康の挑発を受けながら、大阪の淀殿は、感情的な対応に終始していきます。
感情の振幅が大きければ大きいほど、その対応は一時しのぎの場当たり的なものになり、
しかも、そもそもにおいて、その感情こそが、
家康に操られたものだということにも気づきません。

問題や課題の解決は、論理的な判断によってのみ可能で、
そこに感情を挟ませることは、事態をより危険な方向に向かわせてしまう…。
これが、本作における、最大の教訓ではないかと思います。

物語のなかで、徳川方の間者として大阪城内に送られた小幡勘兵衛が、
こともあろうに、敵であるはずの豊臣方にシンパシーを覚え、
そこに自分の野望を乗せていくあたりは、読み手も大いに共感できるところです。
しかし、淀殿を頂きとする豊臣政権に、やがて勘兵衛は失望していきますが、
それは読者にとっても、失望感をもって受け止められるでしょう。

城塞 裏表紙

また、徳川方の『虎の威を借る狐』のような謀臣、
本多正純、金地院崇伝、の傲慢な態度や、それらの輩に、
いたしかたなく組み伏せられていく豊臣方の家臣『片桐且元』の様子は、
さまざまな意味で、胸を痛くさせます。
ですが、この且元という人物の『弱さ』や『保身上の計算』は、
身にしみてよく理解できるものでもあったりもします。

こうして、すべては、徳川方の思い描いた通りに進み、
大阪の淀殿は、戦 (いくさ) へと引きずり込まれていきます。
関ヶ原の時と違い、豊臣方に味方する大名は、ただの一人もおらず、
集まったのは、関ヶ原で西軍に与した者や、仕官先を失った牢人ばかりでした。

が、しがらみの薄い存在である彼らは、断末魔の豊臣の最後の輝きであるかのように、
強烈な存在感を発し、数のうえでは圧倒的な攻城軍を苦しめていきます。
ところが、またしても、淀殿は家康の謀略にはまり、結果として、
東洋随一の防御力を誇る大坂城の堀は埋められ、裸同然にされてしまいます。

真田信繁(真田幸村)像

もはや、城に籠る豊臣方に、万に一つの勝ち目もなくなるのですが、
それでもなお、真田幸村、後藤又兵衛、毛利勝永、木村重成らの士気は、
まったく衰えず、迫る攻城軍をわずかな手勢で迎え撃ち、深傷を追わせます。
さらに、真田幸村は、家康の本陣にまで迫り、徳川方を潰走させてしまいます。
このあたりは痛快で、妖怪『家康』が慌てふためいて逃げ、
一時は自刃を決意するなど、これこそまさに、溜飲が下がる展開です。

しかし、どうあがいても、大軍には勝てるはずはなく、
『日ノ本一の兵』という美名と引き換えに、幸村も果て、
ついには、大坂城も炎に包まれることとなります。

秀頼自刃の地

息子である秀頼を守ることをなによりも優先したはずの淀殿は、
結局、その秀頼とともに、自ら命を絶つこととなってしまいます。
秀頼を守りたかったはずの淀の思いは、その感情が激しすぎるがために、
とどのつまり、最悪の結末となってしまいました。
こうして、徳川の権力基盤はここに固まり、戦国の世は終焉するのです。

それにしても、権力とは恐ろしいものです。
誰もが、権力者を恐れ、その意思や考えを忖度し、過度におもねっていきます。
それは美しい姿とはいえませんが、理解できるところでもあります。
その一方で、筋を通して豊臣に与し、
数百年の風雪に耐えるだけの武勇を残して死んでいった兵たちには、
潔さ、すがすがしさを感じるとともに、畏敬の念も持ってしまいます。

ただ、こうした感情が、ずっと後の昭和の時代に、
玉砕といった、討ち死に的な戦死を美徳する風潮や、
生きて虜囚の辱めを受けず、といった、
生に執着することを恥とする不条理な教育に繋がっていく、
その遠因になったのかもしれない、などとも、思ってしまいました。
もしそうであったのなら、極めて残念な限りです。
武勇を誇って散るのはたしかに格好がいいのですが、
恥を忍んででも『したたかに生きる者』にも、温かな眼差しを向けたい、と、
本作『城塞』を読んで、最後に、そのようなことを思ってしまいました。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

青空と岐阜公園

今年 (2018年) に入ってからというもの、あまりお出かけすることもなく、
また、MINIに乗る機会もすっかり少なくなってしまいました。
というのも、ここ岐阜市は、それほど降雪はないものの、
橋や坂の途中などには、車のボディに有害な融雪剤を撒くことが多々あり、
そのため、旧車であるMINIを出すのは、ちょっと気が引けてしまいます。
春になって、オイル交換をすませたら、また、MINIで、
どこかにドライブに出掛けたいと思っていますが、
いましばらくは、それもお預けかな、という感じです。

というわけで、ここ最近は、日曜も家にいて、
読書したり、はたまた模型製作をするなど、引きこもることが多かったのですが、
先週の日曜、好天に誘われて、近場の岐阜公園に行ってみました。
といっても、この公園までは、クルマ (出動車はヨメのプジョーです) で、
ほんの15分ほどで、まさに街中のちょっとしたお出かけといったものとなりました。
ただ、せっかくの機会なので、年末に買った「Nikon 1 J5」も連れ出してみました。

この岐阜公園については、以前にも当ブログでとりあげたことがありますが、
今回は、公園だけではなく、その周辺の地域にまで、
お散歩がてら、足を伸ばしてみることにしました。

公園の無料駐車場は、ほんの少し前までは、砂利と土がむき出しの状態でしたが、
いまではきれいに舗装され、白線のラインもきちんと引かれていました。
日曜には満杯になるこの駐車場ですが、奥側に進めば、余裕を持って駐車できます。
もっとも、春になって桜が咲く頃になると、もっと空きは少なくなるかもしれません。

というわけで、駐車場にクルマを止め、
まずは、長良川沿いに歩いてみることにしました。

川端康成歌碑

こちらは、その長良川沿いにある、川端康成の歌碑です。
なんでも川端康成は、ここ岐阜を舞台にした短編小説を、
いくつか書いているようで、それらにちなんで、この碑が建てられたそうです。
また、すぐそばには、北原白秋の歌碑もありました。

斎藤道三碑

同様に、ここには斎藤道三の名を記した碑も立っていましたが、
この場所は、道三と何か関係があるのでしょうか。
道三といえば、嫡男の義龍との戦いである『長良川の戦い』で、
命を落としたかと思いますが、その合戦地は、この近辺ということなのでしょうか…。
が、この道三の碑にまつわる説明文などは、付近にもいっさいなく、
私も、道三についてはほとんど知識をもたないため、現時点では不明なままです。
せっかく岐阜に住んでいるのですから、道三について、もう少し勉強して、
(とりあえず、司馬遼太郎の国盗り物語は読んでおこうと思っているのですが…)
彼にまつわる史跡などを、今度、ゆっくりと回ってみたいものです。

さて、そのあと、近くに地図看板が見つけたので、それをたよりに、
河原町という古い街並みへと足を踏み入れてみました。

川原町の街並み

こちらがその街並みです。
岐阜市に拠点を移して、すでに二年と半年ほどになりますが、
市内にこんな場所があったなんて、まったく知りませんでした。
なかなか風情のある街並みです。

ただ、晴天の日曜なのに、ほとんど人通りがなく、さみしい限りです。
私の出身地である飛騨高山の古い町並みは、いつもかなりの人出ですが、
それに倣って、岐阜市も、もう少し観光ピーアールする必要があるのかもしれないですね。

その後、ナガラガワ・フレーバーという、
おしゃれなショッピングモールのようなところに立ち寄ってみました。
ここにある『ギャラリー元浜』というお店で、木工作家さんの企画展を見物したりしました。
以前からこの場所には来てみたかったのですが、なかなか、
その機会がなく、今回ようやく念願がかなったという次第です。
ここには、カフェ、お花屋さん、陶芸教室などがあり、
休日には、多くの人で賑わっています。

そしていよいよ、今回のお目当てだった岐阜公園に。
お天気もいいため、園内にはたくさんの人が来ていました。
また、この公園には、無料のボランティアガイドさんがおり、
誰でもガイドをお願いできるそうです。

というわけで、さっそく、ガイドをお願いすることにしました。
とはいえ、すでに時間を使ってしまっていたため、今回は、
岐阜城や周辺の町の案内をオミットした、いわばショートバージョンで、
ガイドをお願いすることにしました。

まず最初に訪れたのは、山内一豊と、その妻千代の、婚礼の碑です。
山内一豊といえば、大河ドラマにもなった司馬遼太郎の小説『功名が辻』で、
主人公となっている人物です。
私は、功名が辻については、ドラマも本も、どちらも目を通していないのですが、
山内一豊といえば、同じ司馬遼太郎の『関ヶ原』のなかで、
他の大名のアイデアを目ざとく盗み、自分の手柄のようにしてしまう、
老獪な人物として描写されていたかと思います。

まあ、そんなこともあって、関ヶ原後、一豊は、
この合戦で武功をたてたわけではないのですが、
土佐一国を賜るわけで、いずれにしても、大出世を遂げた人物であることは、
間違いないかと思います。

また、一豊の妻の千代について、私は岐阜県の郡上の人だと思っていたのですが、
ガイドさんによると、滋賀県の木之本の出身という説もあるとのことで、
そのあたりの真相は、判然としていないそうです。
一豊と千代の婚儀があった場所も、実際にここなのかどうか、そのあたりも、
実際にははっきりはしていないと、そんなことを、おっしゃっていたように思います。

ちなみに、このとき、ガイドさんといろいろお話ししていて、
肝心の碑の写真を撮り忘れてしまいました。すみません。

信長公居館跡冠木門

そして次に行ったのは、織田信長公居館への入り口となる冠木門です。
こちらは、岐阜市制100周年の記念事業として再建されたもの、らしいです。
いまから、10年から20年くらいまえのことらしいので、
門も、それなりに経年劣化しています。
また、門の位置も、もっと西にあったそうです。

居館跡

こちらが、居館のあった場所です。
石垣などはのちの時代に積んだものもありますが、当時の石垣も一部残っているそうです。
また、そのさらに下層には、斎藤道三時代の石垣、遺構などがあるそうです。
ただそれらは、信長時代の遺構のしたになっているので、
いまとなっては、ほんの一部を見ることができるだけだそうです。
(まるで大阪城の豊臣期の石垣のようなものです)

ちなみにこの場所は、写真をよく見ていたただければおわかりかと思いますが、
いたるところに土嚢やシートが積まれていて、いささか殺風景でした。
発掘中なのか、それとも、整備の途中なのか、そのあたりはよくわかりませんが、
少なくともこの状態は、ここ数年続いているのではないかと思います。
信長公居館跡は、せっかくの岐阜の観光資源なのですから、
今後は、美しく整備されることを願うばかりです。

信長公居館跡看板

こちらは、信長公の居館を再現した3DCGを載せた看板です。
これら建築物の図面などは残されていないため、ビジュアル的な資料は、
何もないそうなのですが、宣教師であったルイス・フロイスが、
建物に関する極めて詳細な文章を残しており、
そのため、こうした再現CGを作ることができたそうです。
それほどまでに、フロイスが詳細な記録をしたということは、
やはり、信長公の居館は、すばらしい建物だったということなのでしょう。

当時の姿をとどめる滝

こちらは、信長時代からある滝だそうで、見栄えをよくするため、
手が加えられている可能性もあるとのことです。
これら居館跡は、岐阜城をいただく金華山という山の麓に位置していますが、
金華山はそれほど大きな山ではないため、滝を流すほどの水量はないそうです。
なので、信長はこの山のうえにため池をつくり、そこから水を流して、
滝をつくったといいます。

チャート

こちらは池があった場所だそうです。
背景の岩は、チャートと呼ばれるそうで、
このあたりは見事にV字状に縞模様が入っています。
かつてはここにも滝があり、おそらくは、見事な景観を誇ったかと思います。
ちなみに、この場所は、NHKのブラタモリでも放映されました。

板垣退助像

さて、そのあとは、板垣退助の銅像がある場所へとやってきました。
ここは、自由民権運動を行なっていた板垣退助が、岐阜で暴漢に襲われた場所であり、
それを後の時代に伝えるため、こうして銅像が建立されたそうです。
ただ、正確には、この場所で襲われたというわけはないそうです。

板垣退助は暴漢に襲われはしましたが、死は免れ、その後も政治活動を続けました。
そして、この銅像のお披露目の際には、本人自らも参加したといいます。

また、この銅像は三代目だそうで、一代目の銅像は、戦時中の供出のため撤去され、
戦後、二代目が作られたそうですが、そのさいは、胸像だけだったそうです。
というわけで、後に、当初のような全身像として再建され、現在に至っているそうです。
ただ、現在の三代目の像は、初代の像をそのまま模倣しているわけではなく、
ポーズがいくらか違うようです。

2018_2_18k.jpg

また、岐阜公園内には、名和昆虫博物館という施設と、昆虫の研究所があります。
こちらは初代の研究所の建物ですが、明治時代の建築だそうで、
とてもモダンで重厚な雰囲気をもっています。
現在は倉庫として使われているそうです。

2018_2_18l.jpg

こちらは昆虫博物館の建物ですが、こちらは大正時代に建てられたものだそうです。
内部にはヘラクレスオオカブト虫が展示されているとこのとですが、
虫が苦手な私は、展示されている昆虫の写真をみただけで、怖気付いてしまいました。

武将隊

おりしもこのとき、園内の広場では、武将隊の人たちがなにかの練習をしていました。
そんなわけで、ガイドさんの勧めもあって、武将隊のみなさんと、
そろって記念撮影をさせていただきました。
武将隊のみなさま、おいそがしいところ、ありがとうございました。

ちなみに、武将隊は、
岐阜城近辺に斎藤道三隊、公園内に、織田信長隊、松永久秀隊が、
陣を張っているそうです。

2018_2_18p.jpg

最後に行ったのは、日中友好公園です。
こちらは、岐阜市と中国の杭州市の姉妹都市提携を記念して作られたものだそうで、
杭州市から職人を招いて、作られたといいます。

すぐそばには、満州開拓団、満蒙開拓青少年義勇軍の記念碑などがありました。
ここ岐阜市周辺からも、満州に渡り、敗戦時においては、
多大の苦難を強いられた人たちも多数いたのでしょう。
今回はおおまかに見学しただけですが、今度、各碑や、碑文を、
じっくりと読んでみたいものです。

こうして、ガイドさんと一緒に、一時間強、各地を案内してもらいました。
やはり、説明を聞きながら各所を見学するのは、たいへん興味深く、
また、時間があるときに、周辺の町も含め、じっくりと解説していただきたいなと、
思ってしまいました。

また、ガイドの方には、長時間、おつきあいをいただき、
とてもていねいでわかりやすい解説をしていただきました。
ありがとうございました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

チンニング

昨年の年末に、成美堂出版さまから発売された、
『筋トレのための人体解剖図』のイラストを担当させていただきました。
じつは、この書籍のためのイラストを手掛け始めたのは、2013年の2月からです。
そんなわけで、出版まで、いわばほぼ5年に近い時間がかかったわけで、
その間には、長い中断があったりと、さまざまなことがありました。
一時期は、もう出版されないのではないか、と心配することもありましたが、
いまようやく、ひとつのかたちになり、とてもほっとしています。

とはいえ、制作が長期に渡ったがゆえ、
イラストを描き始めた当初のものと、最後に納品したものとでは、
技術的な面や、制作上の手順などが、否応なく大きく変わってきたりしており、
そのため、初期の作品については、いま見ると、いっそのこと、
すべて描き直してしまいたいと思うものも、少なからずあります。

加えて、私は、筋トレについては、まったく知識がなく、
また、こうした動的表現のあるイラストについても、経験がありませんでした。
もちろん、いままで多数のメディカルイラストレーションを手掛けてきましたが、
それらのポーズは、おしなべて直立状態で、また、アングルについても、
正面図、背面図、側面図などと、あらかじめほぼ決まっているため、
今回のイラストは、未経験の部分がとても多かったです。

デッドリフト

筋の表現については、体表が透けて、内部が見えているような、
それでいて、強調する筋は濃く、関連しつつも無関係な筋は薄く、と、
描き分けています。

また、いつものことですが、グロテスクな印象や、気持ち悪いといった、
不快な状態に見えないように、色などについても気配りをしたつもりです。

作画にさいしての資料は、豊富とはいえず、特定のポーズをとったさいに、
各部の筋肉が、どのように、動作、連動するのかについても、まるでわかりませんでした。
というわけで、多くの部分が、手探りでの作業となったわけですが、
先にも述べたように、長期の中断を余儀なくされたり、と、
とにかく、制作についても、また、それ以外の面でも、難儀した案件でした。

筋肉の資料として、ご用意をいただいたものが、
フレデリック・ドラヴィエ、というイラストレーターが、
解説用の挿絵を描いている、二冊の書籍のPDF資料です。
ですが、ドラヴィエのイラストは、とても巧みに描かれているものの、
男性は極めてマッチョな体型となっており、
また、この方独特の『濃い目のタッチ』もあって、
そのまま資料とするには、少し不安も感じることもありました。
(しかも、今回のイラストは、マッチョにはせず、比較的細身の雰囲気で、
作画するよう、ご指示をいただいておりました)

そんななか、筋の動きとポーズについて、とてもよい資料を発見しました。

スカルプターのための美術解剖学

それがこちらです。
以前、当ブログでも紹介をさせていただいた、
『スカルプターノための美術解剖学』という書籍です。

腕を上げた時の脇の下の筋肉の状態など、どうなっているのか、
さっぱりわからなかったのですが、この本のおかげで、
なんとか、知ることができました。
amazonでも極めて高い評価を得ているようですが、まさに、
そのとおりの本だと私も思います。
決して安価な書籍ではないのですが、私にとっては、
それでも、安い買い物だったと思います。

内腹斜筋

ちなみに、今回の『筋トレのための人体解剖図』では、
筋トレ状態の図のほか、筋肉の解説図も、
部位によって多数描かせていただきました。
こうしたイラストは、以前から幾度となく手掛けており、
なれているといえるかもしれませんが…。

挙上下制

こうした、線画についても、今回は手掛けさせていただきました。
ですので、総イラスト点数は、かなり膨大なものとなります。
もちろん今回も、複数のイラストレーターで、点数を分担していますが、
私のイラストが、大部分を占めているかと思います。

本書の現物が、まだ手元に届いていないため、断言はできませんが、
(じつは私も、本書を書店の店頭で立ち読みしているだけなのです)
本書籍には、写真の掲載はなく、すべてイラストで解説されています。
筋トレに関する書籍では、多くのものが、
トレーニング中の写真などを掲載しているかと思いますので、
こうした、イラストのみの筋トレ書籍というのは、かなり珍しいかもしれません。

バレーボール状態

このような、スポーツ状態図も複数点、手掛けました。
当初は、簡素な線画になる予定でしたが、トレーニング図とタッチやテイストを
合わせるということになりました。
このほかに、野球、サッカー、ゴルフなどの図を制作しましたが、
筋の状態を推察しつつ描くのは、とても難しいことでした。

筋トレのための人体解剖図

それにしても、今回は、案件の完遂までに、途中の中断などで、
とても時間がかかってしまったことや、また、私自身の技術不足、力不足もあって、
いろいろと課題も感じるものとなりました。
まだまだ、発展途上かと思いますし、知識も技術も、足りないと痛感しています。

○ 筋トレのための人体解剖図 / amazon はコチラへ

これを糧に、もういちど、自らの技術を見直し、もっとよりわかりやすく、
品質の良いものが描けるようにならないとと、思うばかりです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

Nikon 1 J5 (その1)

年が明けてすでに半月…。お正月気分もすっかりなくなってしまい、
なにをいまさらという感もありますが、当ブログにお越しくださった方々、
あけまして、おめでとうございます。
今年も、この『K’s BAR』をどうぞよろしくお願いいたします。
年末、我が家は、29日に仕事納めとなり、その夜は名古屋での忘年会に参加。
翌日の30日には実家のある飛騨高山に帰り、そのまま年越しました。
元旦はとりたててすることもなく、初詣に行くぐらいで終わってしまいました。

昔は、元旦というと、どこもお店がやっておらず、それがまた、
正月らしい気持ちにさせてもくれたように思いますが、
いまは元旦からお店を開けるところも多く、
そのために、ふだんと同じ光景があるだけで、
なんだか、正月らしくないようにも思えます。

翌2日は、ヨメの実家に行くため出掛けたりと、いつもの年と同じように、
平穏に、何事もなく、過ごしました。

というわけで、3日から仕事始めとなりましたが、年明け後は、
急ぎの仕事については、いまのところはないため、
気持ち的には、けっこうのんびりとしています。
(ところが、もしかすると、このあと、タイトな案件、入るかもしれないのですが…)

というわけで、今回は、とりたててブログで紹介する出来事もないのですが、
年末に買った、カメラについて、ちょっと取り上げたいと思います。

Nikon 1 J5 (その5)

それがこちら、ニコンのNikon 1 J5というカメラです。

もともと、私は、オリンパス党で、いまもオリンパスXZ-1をもっぱら使っています。
カメラは大好きなのですが、それほどカメラマニアでもなく、また、
持ち運びのことも考えると、あまり大きなカメラは必要ないかな、と思い、
このXZ-1を選びました。

というわけで、どこに行くにも、このXZ-1を持っていき、本ブログで紹介されている、
2012年以後の記事の写真は、ほぼすべて、このXZ-1にて、撮影したものです。
このカメラは、ほんとうにいいカメラで、すでに5年以上も使っているのですが、
不満を感じたことはまったくありません。

しかし、さすがに5年もたつと、レンズをカバーするキャップが緩くなってしまったりと、
いろいろと不都合なところもでてきたりしますし、電器店の店頭で、
新しいカメラを見たりすると、ちょっと触手が動いたりしてしましました。

そんなカメラ物欲が決定的に盛り上がったのは、
昨年の11月、仕事の打ち合わせにでかけたさい、名古屋のゲートモールタワーに立ち寄り、
そこで各社のカメラを見物した時でした。
昔は、小さくて安価なデジカメがたくさんあったかと思いますが、
いまでは、スマホのカメラの性能があがったためか、そうした廉価版デジカメは、
少なくなったようで、かわりに、比較的高額なデジカメ(コンデジ)や、
ミラーレス一眼と呼ばれるようなカメラが、多くなったかのように思いました。
このとき、Nikonのカメラも見物しましたが、
もともと衝動買いはしない質なので、この場ではなにも買わず引き上げました。
が、その気持ちは抑えきれず、その後もいろいろとネットなどで、
カメラを物色していました。

なにしろカメラは、資料を撮影するという仕事上の重要な役目もあり、
一時の気持ちの盛り上がりだけで、なかなかターゲットとなる品を選定できません。
こうして、じっくりと…、いろいろと考えるうちに、
オリンパス PENと、Nikon 1 J5の、ふたつの候補に絞られるようになりました。
なにしろ、XZ-1は現在もお気に入りのカメラですし、いまだ現役。
このうえさらにカメラを買うのであれば、コンデジは必要ではなく、
レンズが交換できるタイプを買うべきと考えました。

Nikon 1 J5 カタログ

というわけで、またカメラ屋に出向き、実際に手に取ったり、また、
パンフレットをもらってきたりしました。

もともとオリンパス党なので、PENにしたいという気持ちはかなり強くあったのですが、
PENのパンフレットは、宮崎あおいをキャクターにした、
女子カメラ的なビジュアルづくりがなされており、
そこがちょっと、気になるところではありました。
しかも、レトロな外観がとてもかっこいいPEN Fボディとなると、
もう、完全に予算オーバーで、もう少し安価なE-PL8でも、
実際に手に持ってみると、ちょっと重いかな、という思いもしました。

一方のNikon 1 J5は、ダブルレンズキットを選んでも、値段的にも予算内。
しかも、カメラ本体がとても小さい。
あちこち持ち歩くことを考えると、これはとても重要な要素です。
そしてなにより、デザインがかっこいい(かわいい)です。
とくにシルバーは、外観がとても気に入りました。

○ Nikon 1 J5 の情報はコチラ。メーカーサイト

カメラは写真を撮るものですので、
筐体のデザインは、本来、関係はないのかもしれませんが、
持って歩くもののデザインというは、私にとって、非常に気になるところです。
その点、このJ5は、お値段の割に、満足度が高いのではと思いました。

というわけで、ターゲットはNikon 1 J5に決定しました。
というわけで、オリンパスXZ-1を購入したお店である、
岐阜の三星カメラに行ってみたのですが、すでに在庫切れで、
結局、大阪にあるネットショップを使って購入しました。

Nikon 1 J5 (その4)

現物が届いたのは年末、ちょっとおもちゃっぽい感じもありますが、
(PEN Fボディに比べたら、価格は半額くらいなので、そこは、
贅沢はいえないと思いますが…)
やっぱりかわいい感じで、いいですネ。
レトロ感もあるカメラらしいデザインで、愛着が湧きます。

それでいて、適度なメカニカル感もあり、手にした時の満足度は高いかと思います。
しかも、重くはなく、かといって、軽すぎずで、持ち歩くのには、
ちょうどいいのかな、と思います。

Nikon 1 J5 (その2)

その後、お正月になってしまったりといろいろとバタバタしていて、
なかなか、カメラを触ったり、お出かけする時間がなく、
そのため、まだ機能面をしっかりと把握していないのですが、
ちょこっとだけ、外で撮影してみました。

Nikon 1 J5 (撮影1)

こちらは、ヨメのプジョーの助手席に乗っている時、撮影したものです。
なんということはない、ただの街の風景で、どうせ撮影するなら、もっと、
違う場所がよかったのですが、とりあえず、テストということで、撮影してみました。

まだまだ使い方がよくわからないので、撮影モードは、
オート、もしくはプログラムオート、で撮影していますが、
くっきりとクリアな雰囲気で撮れているかと思います。

Nikon 1 J5 (撮影2)

そして、ガレージのMINIも撮ってみました。
今度は、MINIに乗って、撮影ドライブに行ってみたいものです。

ちなみにこの日、お昼くらいまでは青空も覗く好天でしたが、その後、
急速に雲が広がり、
お天気がいまいちで、とても撮影日和とはいえないのですが…。

オリンパスXZ-1と比べて、
びっくりするほど性能があがっている…、ということはないように思いますが、
画面をタッチすることでシャッターが切れたり、また、液晶画面がチルトしたりと、
XZ-1にはなかった機能が、いろいろと備わっています。

逆に、XZ-1のほうがよかった、と思う点は、まず、パソコンとカメラを接続すると、
XZ-1は自動的に充電するのですが、このJ5にはそのような機構はなく、
しかも、カメラとパソコン (Mac) を繋いでも、デスクトップにはなにも出てこず、
カメラがマウントしていないのでは、と、思ってしまいました。

MacOS付属の『写真』を立ち上げると、J5の写真はちゃんと読み取れます。
ああ~、びっくりした~。
ですが、デスクトップに外部接続機器として、表示されてほしいものです。

また、撮影した画像をWifiで送信できる機能があるとのことですが、
送信できるのはスマホなどのデバイスで、Macなどのパソコンには送信できないようです。
これも、ちょっと残念かも。

…と、まだまだ、使いこなせていませんので、今後、さらに、
この機種のすぐれたところなど、いろいろ発見できるかもしれません。

XZ-1

ちなみに、オリンパスXZ-1も、まだまだこの先も現役です。
こちらもとてもいいカメラなので、これからも、お出かけ時の友として、
持ち出したいと思っています。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking