トトロ岩

2019年も、いよいよ残すところあとわずかとなりました。
なんだかあっという間の一年でしたが、振り返ってみると、
ああ、いろいろあったなあ、などと思うものです。
とはいえ、今年は、すでに何度か述べているように、父親が突然亡くなるなど、
前年の2018年に引き続き、私にとっては、とてもよい年とはいえないものでした。
しかも、お仕事についても、今年はとても景気が悪く、まったくヒマでした。
以前は、このブログで、忙しい、忙しい、と書いていたのが、まるで嘘のようです。
まあ、そんな愚痴っぽいことばかりいっていても仕方ないので、
気持ちを切り替えて、当ブログ恒例の、一年の振り返りを、今回もやってみることにします。

今年の初旬は、岐阜県の山城巡りにあちこち出かけてみました。
まず行ってみたのが、岐阜県東濃地方にある苗木城です。
この日は抜群の晴天で、行楽客も多く、
しかも、現地では具足に身を固めたコスプレの人たちがいたりと、
たいへん盛り上がっていました。

苗木城

それにしても、このお城、まさに山城という感じで、
ただ登るだけでも、ちょっとワクワク感があります。

記念撮影

武将の方達といっしょに写真を撮ってもらったりもしました。
ちなみに、これは今年の二月の出来事だったんですね。
なんだかちょっと懐かしいような気もします。
(短いといえども、やはり一年というものは、それなりの長さのある時間ですね)

森蘭丸具足

また、同じ二月に、今度は美濃金山城に行ったりもしました。
こちらは、あの森長可の城ということで、城の近隣にある資料館には、
森長可をはじめ、森蘭丸の具足の展示などもありました。

このとき、城に登るさい、うらじろの径というルートを通ったのですが、
これがまあ城跡まで遠い、遠い。
山の中を延々と歩くので、ヨメはブチ切れそうでした。
でも、とてもいい運動になったのではないかと思います。

美濃金山城

うらじろの径を通らない別のルートもあり、こちらは、駐車場からすぐ、
本丸跡まで行けるようです。
こんなことなら、うらじろの径を通るんじゃなかったと、あとで思いました。

MINIで旅行

そして五月には、MINIで甲府、富士五湖まで旅行に行ってきました。
とはいっても、思うように天気に恵まれず、遠路はるばる行ったのに、
終日、富士山の姿を見ることもできないまま、終わってしまいました。
(ときおり小雨もバラついたりして、ほんとうに残念でした)
これもまた、今年におけるツキのなさを表らしているようにも思います。

六角堂へ

ただ、このとき、河口湖の水位が非常に下がっており、
湖のなかほどにある『六角堂』というお堂まで、歩いて行くことができました。
これはちょっと、貴重な体験だったかもしれません。
また、武田信玄の居館『躑躅ヶ崎館』の跡地に建立された武田神社にも、
ふたたび行ってみました。
ただ、残念ながら、歴史ボランティアの人が出払っていて、
ガイドをお願いすることが叶いませんでした。
う〜ん、ざんねん。

東京駅

七月には『ゆけ 俺のロボ展2019』の顔合わせ会出席のため、東京へ。
上京するのはほんとうにすごく久しぶり。
ここ岐阜市に移ってきてから、はじめてかもしれません。
ひさしぶりの東京に、ワクワクしてしまいました。

実物大ガンダム

東京では、お台場の実物大ユニコーンガンダムを見に行ったり、
ただ、ファーストガンダムはともかく、
ユニコーンガンダムにまったく思い入れがない私は、感動もそれなり、という感じでした。
とはいえ、巨大なガンダムの姿には、感慨深いものがありました。

2019_7_17s.jpg

また、国立新美術館で、クリスチャンボルタンスキー展を見にいきました。
これはもう、ほんとうにとても刺激的な体験で、はるばる東京までやってきてよかったと、
しみじみと思ったものです。
この体験は今後の作品作りにも反映されると思いますし、可能な限り、
こうした企画展は見ておくものだと、改めて感じました。

ちなみにこのとき、同じ国立新美術館では、
『ウイーンモダン クリムト、シーレ世紀末への道』という企画展も行わていましたが、
時間の関係上、見ることができませんでした。
エゴン・シーレは好きな画家なので、残念ですが、一日にふたつの企画展を見るのは、
ちょっと精神的にきついかなという感じもします。

センチネル 額装版

さて、その東京行きの話題とリンクしますが、今年は、
渋谷東急ハンズで『ゆけ¡¡ 俺のロボ展2019 レトロフューチャー編』に、
初参加をさせていただきました。
なにしろ、渋谷東急ハンズでの企画展参加など、いままで経験したことがないので、
それはもう、めっちゃテンションが上がりました。
でも、いま思うと、ああすればよかったかも、こうすればよかったかも、と、
いろいろと反省点も浮かんできます。

いずれにしも、メカ好きの私としては、ロボ作品を渋谷に展示してもらえただけでも、
ほんとうにありがたいことだったと思っています。

そんなわけで、2019年ももう終わりますが、
来年こそ、いい年にしたいものです。
(と、去年の12月のブログでも、同じことをいってました)

それでは、みなさま、よいお年を!。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

俺のロボ展2019ガイドブック

気がつけば12月。しかもクリスマスも過ぎてしまいました。
2019年ももう終わりですね。
毎年、いつも思うことですが、時が過ぎるのはほんとうに早いものです。
今年は、11月に父が亡くなったりと、年の後半はほんとうにたいへんで、
そのために、ブログに書くネタについても、ほとんどなくなってしまい、
以後は更新もあまりできませんでした。
ですが、今月の21日に、ようやく四十九日法要も無事終えることができ、
いまは、一段落がついたというか、気持ちのうえでも、少し落ち着きがでてきました。
(もっとも、これから先もいろいろとたいへんだとは思うのですが)

そんな事情なので、土日は飛騨高山の実家に帰っていることが多く、
お出かけなどもほとんどできませんでしたが、年が明けたら、折を見て、
MINIでどこかに行ってみたいと思っています。

というわけで、今回は、去る11月に行われた、
ゆけ¡¡ 俺のロボ展 レトロフューチャー編の作品を掲載したガイドブックについて、
ご紹介したいと思います。

ガイドブック表面

なんだかんだで結局見に行くことができなかた本企画展ですが、
このガイドブックのおかげで、参加されたみなさんの作品を拝見することができました。
ほんとうに力作ぞろいで、しかも、立体作家さんがとても多いので、
私のような平面作品を手掛ける作家は、少しインパクトが薄くなってしまうように思います。

もっとも、私も、模型好き、プラモ好き、ですので、立体作品には心惹かれますし、
プラ板工作やパテ盛りなどは大いに経験していますので、いつかは、
立体作品に挑戦したいなあ、などとも、思っています。

立体作品

それにしても、みなさんの作品にかける熱量というのは、ほんとうにすごいもので、
このガイドブックをはじめて見たときは、たいへんな衝撃を受けました。

これだけのオブジェクトを作るのに、いったいどれだけの時間と手間がかかるのでしょうか……。
こうして緻密に作られているからこそ、じっくり見ているうちにも新たな発見が次々とあり、
作品世界に引き込まれていきます。
やっぱり、立体は楽しいですね。

平面作品

こちらは、私と同じ平面作品を手がけていらっしゃる方の作品です。
夕焼けの色や逆光状態の陰影のつけ方、また構図も素晴らしく、思わず見入ってしまいます。

立体作品

こちらも立体作品です。
作者の方は著名な作家さんで、クオリティもものすごく高いです。
しかも細部のきめ細かな仕上がりなど、メカ好きにはたまらないものがあります。
実物をぜひ、拝見したかったです。

私の作品

ちなみにこちらは私の作品ですが、ちょっと色が浅めというか、明るく印刷されていました。
(濃くダークなほうが、私の好みなのですが)

バリエーション

ガイドブック用に製作した補助作品についても、掲載していただきました。
3Dだと、アングルを変更したり一部のパーツを外したりすることが容易にできるので、
こうしたバリエーション作品を作るときには、極めて都合がいいです。

とにかく作品点数が多いので、このブログではすべて紹介しきれないのですが、
ほんとうに、とても見ごたえのあるガイドブックに仕上がっています。
こうしたガイドブックは、過去二回の『俺のロボ展』でも発行されていますが、
今回のものが、ボリューム的には、段違いに増えている印象です。

さて、話は変わりますが、
先月の終わりの好天の日に、少しだけですが、
久しぶりにMINIを走らせてみました。
(なにしろ、ここのところ、ぜんぜんMINIに乗れてないですから……)

MINIで走ってみた

この日は美濃加茂アピタに買い物に行き、そのあとで、
清流里山公園にちょっと寄ってみました。
この公園は、かつては有料でしたが、現在では無料で入園できます。
ポカポカ陽気で家族連れなどでたいへん賑わっていました。
MINIも快調で楽しいドラブでしたが、遠乗りには程遠く、
ちょっと物足りない気持ちもありました。

年が明けたら、今度こそ、遠乗りしたいですね。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

俺のロボ展フライヤー表面

気がつけば11月ももう終わりです。今年もあと一ヶ月を残すのみとなりました。
いつも思うことですが、月日が経つのはほんとうに早いものです。
ついこのまえ、2019年になったばかりのように思ったんですけどネ。

というわけで、渋谷東急ハンズB2Cフロアで開催されていた、
『ゆけ!! 俺のロボ展2019 レトロフューチャー編』が、昨日11月29日をもって、
無事、好評のうちに終了となりました。
本来であれば、私も会場に行って、現場の雰囲気や、来場者の様子、
また、差し支えがなければ、みなさんの力作などを、
このブログにアップしたいところでしたが、
前回も申しましたように、今月は、父が突然、亡くなったために、
もはや、上京するなど、夢のまた夢といった状態になってしまいました。
(一時は、展示作品の納品も、危ぶまれたほどです)
なにしろ父は、高齢になったとはいえ、
健康面においては、血圧が少し高いほかは、とくに問題をかかえていなかったですから、
突然の事態に、もう驚くやら戸惑うやらで、ほんとうに、たいへんでした。
もっとも、このあともなにかとやっかいで面倒な事柄がずいぶんありそうですので、
先が思いやられる感じです。
(とりあえず、いまは、無事四十九日法要を済ませなければと思っています)

まあとにかく、こんな状況の11月でしたので、お出かけやドライブも、
当然のことですが、まったくできるはずもなく、ゆえに、ブログに書くようなネタも、
まったくない状態です。
しいていえば、先月の末に、MINIの車検があったことが、
俺ロボ展の話題を除く、ここ最近の唯一の話題だといえるかもしれません。
ただ、これも先月のことなんで、いまさらアップにするのはさすがに気が引けますよね。

いずれにしましても、今回は、予期しない突発的な緊急事態の余波により、
ブログ記事も、ごくごく短い、しかも、
ほとんど内容のない、いささかさみしい記事投稿となってしまいましたが、
いまはしだいに日常を取り戻していますので、
来月からは、また、今までと変わりなく、写真を交えて、
記事をアップできるかなと思っています。

ちなみに、今回の『ゆけ!! 俺のロボ展 レトロフューチャー展』は、
渋谷東急ハンズでの展示は終了しましたが、来年2020年に、巡回展が予定されています。
そちらについても、また本ブログにて、詳細をお伝えしていきたいと思いますので、
今回、会場に足を運ぶことができなかった方は、
ぜひ、次の機会に、ご高覧いただければと思っております。

今後も当ブログ『K'sBAR』をよろしくお願いいたします。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

センチネル 額装版

本ブログの8月の投稿記事で告知をさせていただいた
『ゆけ!!、俺のロボ展 2019:レトロフューチャー編』が、
いよいよ今日11月15日から、渋谷東急ハンズ B2Cフロアにて、開催されます!。

8月の告知記事でも申し上げたかとは思いますが、
この企画展は、総勢30名あまりのクリエイターが一同に集い、
オリジナルのロボット作品を創造するというもので、開催は今回で3回目となります。
(平面作品の作家さんを含め、立体作品の作家さんも多数参加されています)
今回のテーマは『レトロフューチャー』――懐古的モダン――で、
私としても、好きな分野、得意な分野であり、そのため、製作にも大いに熱が入りました。
しかも、開催される場所は、東京の渋谷東急ハンズですから、
集客については、もう、申し分ないものと考えています。
このような華々しい場所での作品展に、地方在住のイラストレーターである私も、
参加をさせていただけることに、たいへんな喜びも感じています。

○ ゆけ!!俺のロボ展 レトロフューチャー編の情報はコチラ! ~

というわけで今回は、私が出品した作品について、いよいよ解禁したいと思います。
その作品が、トップ画像のロボット『SENTINEL』です。

当初は、私は、バッタ型ロボットの製作を考えていて、
実際、地道に製作もしていたのですが、今年7月に行われた、
参加作家さんたちとの顔合わせ会のさい、主催者さまの意向などを聞き、
急遽、人型ロボットへと変更することになりました。

まずは、どのようなロボットのデザインがいいのか……、
そのあたりの模索から、製作をはじめていきました。

スケッチ作品

というわけで、ビンテージバイクが人型になったような、
そんなイメージで、最初のエンピツスケッチを起こしてみたのですが、
レトロ感は、まあ、ある程度出たかなとは思えるものの、なんとなく、
インパクトが足りないような、ちょっと印象の薄いものになってしまいました。
できれば、もっと不気味感が欲しいというか、
人の印象に強く残るような、そんなロボットにしたいのですが。

というわけで、このデザインをベースとして残しつつ、
目指すイメージに近いメカニックの資料をさらに集めてみることにしました。
不気味感、不思議感があり、なおかつ、
レトロな印象のマシンにはどのようなものがあるか……。
そんな思いを抱きながら、ネットなどで資料を調べるうちに、
八月の告知記事でも少し触れていますが、
深海作業艇や潜水服、プラネタリウム投影装置などに行き当たりました。
このみっつは、今回のロボットのデザインを構築するうえで、
とても大きなインスピレーションを与えてくれました。
そのうえで、まず、頭部を大きくすることを考えてみました。

均整のとれた人型から逸脱させ、頭部を大きくすると、
不気味な印象が備わるように思います。
この印象は、ともすれば、強いインパクトにもなるかと思います。

胸部アップ

その大きな頭部に、深海作業艇のような丸窓を、角度を変えていくつもつけることで、
丸窓が、まるで複眼の目のようにも見え、人型なのに昆虫のような、
メカなのにクリーチャーのような、そんな印象を加えることができるかと思います。
しかも、この頭部は、前方側に大きく張り出していて、
より人型を逸脱するようなかたちにもしています。

肩関節アップ

それでいて、潜水服だと誤解されないよう、
あえて、肩まわりの可動機構が、剥き出しになるようなかたちにしています。
これで、このロボットが『着る』ものではなく、
独自の動力源を持って駆動していることが、
ビジュアル的に示せたのではないかと思っています。

センチネル シート売り版

今回、ロボットのカラーリングにとても悩みましたが、
メイン作品は黄色とし、シート版の販売作品はシルバーとしました。
(つまり、色変えによって、二種が存在するかたちとなりました)

また、エンピツ描きした最初のスケッチ案も、商品として販売することとなりました。
3D作品もカッコいいとは思いますが、こうした手描きエンピツ画も、
ハンドメイドらしい味わいがあるのではと、思っています。

というわけで、今回は、額装作品、シート売り作品、エンピツスケッチ画作品の、
三種類が販売物として出展されることになりました。
とはいえ、はたしてほんとうに売れるものなのか……、と、製作した本人自身は、
ちょっと眉を潜めています。
まあ、私としては、売れる売れないかはまったくの二の次で、
とにかく、ひとりでも多くの人に作品を見ていただければ、と思っています。

頭部&胸部アップ1

また、前二回の『俺のロボ展』同様、今回も、ガイドブックが刊行 / 発売されます。
このガイドブックには、販売作品にはない、ロボットの別アングルショットや、
各部位の解説図が掲載されることとなっています。

別アングルのショットが比較的簡単に製作できるのが、
3DCGのよいところではないかと思います。
(そのぶん、各部をきちんと作っておかなければならないのですが)

斜め前からショット

斜め前から見たショットだと、一体となった頭部と胸部の形状が、
どうなっているのか、よくわかっていただけると思います。
やはり、頭部が大きいと、人型でありながら、ちょっと不気味な感じ、
不思議な雰囲気がでるように思います。

斜め後からショット

ゆけ!! 俺のロボ展は、今日から29日までと、会期が丸二週間もありますから、
足を運ぶ日程を決めるのにも、かなり余裕があるかと思います。
また、万一、今回、この企画展を見逃したとしても、
来年早々に、都内で巡回展も行われますので、
そちらにお出かけいただくということも、できるかと思います。

いずれにしましても、ぜひ、会場に出かけてみてください。
……という私は、じつはこの企画展の直前に、父が突然他界してしまったため、
実家と事務所を行き来することとなってしまい、会場には行けないかもしれません。

いささか残念ではありますが、そのぶん、
私の作品が、たくさんの人の目に触れればいいなと願っています。
Copyright©2002-2019 Kentaro Nobayashi. All Rights Reserved.


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

合成イラスト

池田書店さまより、今年6月に発売された、
『新しい腸の教科書 健康なカラダは、すべて腸から始まる』の、
表紙装丁イラスト、および中面のメディカルイラストレーション全10点を、
担当させていただきました。
この書籍の著者は、カリスマ胃腸専門医として知られる、江田証先生という方で、
昨日、TBS系列で放送された『この差って何ですか?』にも、出演されていました。
(番組内でも、先生のお書きになった他の書籍も含め、本書も映っていました)

また、本書籍『新しい腸の教科書』も、売り上げがたいへん好調で、
発売から4カ月余りにもかかわらず、すでに7刷、50,000部に達したとのことです。
(好評を博している書籍として、業界紙文化通信にも掲載されました)
短期間のうちに50,000部も売り上げるというのは、まさに大ヒットで、
イラストを担当させていただいた私としても、たいへんうれしく、
また、光栄に思う次第です。

○ 池田書店さま 新しい腸の教科書 健康なカラダは、すべて腸からはじまる ~

今回、江田先生が番組に出演され、書影が放送されたことで、
さらに飛躍的に、本書の売り上げが、伸びるのではと思っています。
腸の状態を気にかけていらっしゃる方、また、腸に限らず、日々の健康に、
関心をお持ちの方には、ぜひ、手に取っていただきたいと思っています。

小腸の図

さて、本書では、まずはじめに、
中面に掲載のメディカルイラストレーションから製作をはじめました。
今回は、腸の教科書、と銘打たれた書物ですので、いうまでもなく、
腸をはじめとした、各臓器のイラストレーションを描くこととなりました。
が、私個人としては、腸のイラストというのは、さまざまなメディカルイラストレーションのなかでも、
ちょっと苦手な部類に入るかもしれません。
というのも、腸は、いうまでもなく、グネグネと複雑にのたくっていますし、
また、色的にも単調で、美しく仕上げるのが、なかなか難しい部位でもあります。

また、製作に関しても、表紙想定イラストを含め、
腸を斜めから見た状態のものがあり、非常に難儀しました。
というのも、医学書などの書籍には、腸を正面から見た図しかなく、
斜めアングルの資料というのは、極めて乏しいのです。
仕方なく、海外のサイトなどを参考に、また、腸の側面図などを見て、
状態を想像しつつ、作画しました。

腸側面図

もちろん、正確を期す意味で、下書きの鉛筆スケッチを起こし、
監修を受けつつの作業となりました。
(下書きを作らず、いきなり作画ししまうことも多々あります)

腸管カットモデル図

また、腸内を切断してみせる構造図や、
絨毛の構造図などは、Shade3Dを使って、基本の立体物を作り、
その後、ペイントソフトで仕上げるという方法をとりました。
うえのイラストでは、基本的な構造部分はShade3Dを使って製作されています。
細部の表現やハイライト表現などは、ペンタブレットで描かれています。
Shade3Dのマルチパスレンダリングを使うと、各部の選択範囲をとることが容易で、
重宝します。

腸の内壁拡大図

絨毛構造図

こちらのふたつも、Shade3Dによるモデリング、レンダリング、
その後の加筆、という方法で作画しています。
この方法を用いることで、正確なパースと、陰影を正確に知ることができ、
後の仕上がりにおいても、差が出るかと思います。
(ただ、後に加筆にすることを前提にしていますので、
モデリング自体は、かなり粗い状態で作っています)

新しい腸の教科書表紙

表紙のイラストは、モデルさんの写真との合成というかたちになりました。
モデルさんの写真はあらかじめ用意されていましたので、そのアングルに合うよう、
イラストを合わせるというかたちになります。
というのも、同じアングルの資料などなく、こちらも、最初の鉛筆スケッチの段階で、
いろいろと苦労しました。

また、このイラストは、中面仕様の各メディカルイラストレーションよりも、
もう少し明るく、さわやかに仕上げたいという意向もいただきました。
ですので、かなりトーンを上げ、グロテスクな印象を持たれないよう配慮しました。
(実物らしい色にこだわるよりも、イメージ優先という感じです)
かといって、リアル感も失われないようにしたつもりです。

モデルさんに薄く輪郭線を入れることで、写真とイラストとのあいだに、
一種の統一性のようのものが生まれ、違和感がなくなったと思っています。

胃の内面

今回は、ちょっとひさしぶりのメディカルイラストレーション製作となり、
ちょっと感覚が鈍ったかも、と思う場面も多々ありましたが、こうして無事書籍となり、
また、好評を博していることに、気持ちも高ぶっています。

腸の全景図

今後もまた、同様のお仕事をする機会も、多数あるかと思いますので、
ひきつづき、精進を続けていきたいと思っています。


コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking